ページトップ

太陽光発電メーカーの比較

Looop(ループ)の太陽光発電システムの特徴

公開日:2015年4月1日
2011年に日本で設立されたLooop(ループ)社は、数ある産業用太陽光発電パネルメーカーの中でも「自作太陽光発電キット」の販売に強みを持ち、特異な存在感を示し続けています。保証面においても国内最長クラスの25年出力保証・10年間の製品保証がついていながらも、圧倒的な低コストを実現しており、国内第三者機関による検査を通過したソーラーパネルのみを提供しているなど、安心の面においても徹底したこだわりを見せています。

Looop(ループ)の太陽光発電の特徴

特徴1:施工費大胆カット!MY発電所キット

Looopといえば「自分で作れるMY発電所キット」の存在です。12kWもの規模になる太陽光発電所のキットを、購入者自身が組み立てることで人件費の大胆なコストカットを実現。「地上型発電所」、「空中型発電所」、「メガソーラー」の施工費用がネックとなっていた多くの人が太陽光発電事業を行えるようになりました。もちろん、施工代行や電話サポートによる手厚いバックアップも評判の一つ。

特徴2:国内最長レベル!最大25年の出力保証

太陽光発電事業は厳しい自然環境の中で20年もの間、安定して発電を続けることが求められます。そこで重要となるのがソーラーパネルの出力保証。Looopのソーラーパネルは、90%の出力保証を12年間、80%の出力保証を最大25年間行っています。この2段階の出力保証期間は、パネルの品質と共に、安心と信頼の保証でもあると言えます。

特徴3:空中型MY発電所キット「ソラシェア」で農業と太陽光発電のダブル収入

同じ敷地内で農業と太陽光発電を両立するための発電所キット、ソラシェア。高い足場の上に太陽電池モジュールを配置するタイプの自作太陽光発電所組み立てキットは、機能や設計面でソーラーシェアリングに適応する工夫がなされています。パネル傾斜角で作物への日照量を調整する機能や、大型トラクターが作業できるほどの余裕がある架台下スペース、そしてパネルに積もった雪を落とせる可動性。農地と太陽光発電にまつわる問題を解消しながら、農閑期や積雪シーズンを売電収入で支えます。

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

シャープ(SHARP)京セラ(KYOCERA)
パナソニック(PANASONIC)東芝(TOSHIBA)
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)ソーラーフロンティア(SOLAR FRONTIER)
フジプレアム(FUJI PREAM)ホンダソルテック(HONDA SOLTEC)
ソラキューブ(SOLA CUBE)ループ(Looop)

海外主要メーカー

サンテックパワー(SUNTECH POWER)カナディアン・ソーラー(CANADIAN SOLAR)
トリナソーラー(TRINA SOLAR)インリーソーラー(YINGLI SOLAR)
Qセルズ(Hanwha Q CELLS)ジンコソーラー(JINKO SOLAR)

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択