ページトップ

メリット・デメリット

太陽光発電用地募集!その訳は?

太陽光発電用地とは?

大きな空き地、遊休地などを持て余している方や、野立て太陽光発電を行いたい方々に向けて、事業者が用地を活用するために購入や、賃貸としての利用を募集しています。
現在放置している大きな土地を所有されている地主の方にも、収入を得るチャンスとも言えます。

ここでは、そんな太陽光発電の用地募集に関する条件やメリット、御自身で太陽光発電を行う事のススメなどを紹介します。

太陽光発電の用地活用の条件とは?

用地募集の場合、40坪以上の土地からメガソーラー用の2000坪以上の土地までと様々な募集がされています。業者によって募集条件は違いますが、共通して言えることは、当然ですが「太陽光発電に適した土地」であることです。
以下の土地が用地募集で探されている例です。

1.日当たりの良い土地である事
2.東・西・南側に障害物が無い土地である事
3.20年以上の土地の利用が可能な事
4.宅地・雑種地・山林・原野・牧場・駐車場跡地・ゴルフ場跡地などでできるだけ平坦な土地
5.転用可能の条件が伴う農地

基本的には平坦な土地で、障害物のない土地がベストだと言えます。
また方角なども南向きにパネルを並べられる場所が高額で取引されます。
樹木や凹凸の少ない土地である事で発電所設置のコストが下がる為人気があり、また高値での買取や賃貸が可能になります。

用地を賃貸で行なうメリット

「土地を売ってしまうのはちょっと・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合には賃貸も可能です。

賃貸の場合、地主の方は「土地を売らずに得ることのできるメリット」があります。まず、使っていない土地を有効活用することができます。固定資産税などだけを払っていたものが、有効的に利用出来ます。

また、長期に渡った安定した賃料収入を得ることもできます。20年間の買取保証がある為、その間は賃料収入が約束されていると言えます。

ご先祖からの土地を子々孫々に引き継ぎやすくなる事もあります。税金だけを取られるくらいならと売却される方もいらっしゃいますが、そういった意味でも引き継ぎやすい財産になるでしょう。

実際に太陽光発電の用地としてご自身で利用する事もオススメです!

上記の様に使い道のある土地で、高く買い取ってくれる場合もありますが、それならいっその事太陽光発電用地として利用されてみても良いかもしれません。

通常は土地と太陽光発電を購入しなければいけませんが、太陽光発電機器だけの費用で良いので、メリットを大きく受ける事が出来ます。

設置費用等の負担などを考えても、太陽光発電事業を展開する事で、売電収益が全て受けられるので土地を手放さずに利用する方がお得だと言えます。

導入費用はソーラーローンで用意する事も可能です。

太陽光発電システムの市場価格は低価格化しているもののその費用は決して安いものとは言えません。50kwの太陽光発電システムを設置するためにはおよそ1500万前後の費用が必要になるとされています。そのシステム規模が大きくなれば、導入費用はその分だけ大きくなります。

その場合、金融機関での融資を活用する事となりますが、大体の方が通るソーラーローンがあります。限度額の上限はありますが、無担保での借入が受けられる事から、大規模な太陽光発電事業者や、個人、企業などの法人なども多く利用しています。

売電収益と導入費用の採算も早く取れるので、ソーラーローンを利用し、導入費用を早く回収することで、使用していなかった用地を有効的に利用する事が可能になります。

実際に遊休地として、土地を持て余している地主の方も多いのではないでしょうか。
こういった太陽光発電事業への投資を考えた場合、賃貸での収入の確保や、自身での太陽光発電事業への取り組みなどでも収益を上げることが出来ます。

今一度、お持ちの遊休地などを太陽光発電の用地活用に利用してみてはいかがでしょうか。