ページトップ

設置費用・価格と収益性

太陽光発電って一体いくらするの?設置価格について

公開日:2015年4月9日
「太陽光発電のメリットはわかったけれども我が家につけるとしたらいくらぐらいかかるの?」
という疑問にお答えしていきます。

あなたのご自宅の設置価格は?

一番肝心なことは、実際に太陽光発電を我が家に取り付けた場合、いくらかかるのか?ということですね。 実際に太陽光発電の設置を考えるにあたっては、そもそも検討に値する程度の金額なのか大まかな概算と補助金総額から自己負担額を算出される方が多いようです。
一般的には設置容量が大きいほどKwあたりの単価が安くなり、小さいほど単価が高くなる傾向があります。また、屋根材(スレート・瓦・金属など)や屋根形状(勾配屋根・陸屋根など)によっても太陽光発電の設置金額が変わってきます。まずはご自宅の屋根に設置が可能な太陽光発電の設置容量と見積もり金額を取り寄せ、今なら補助金がどれくらい受けられるのかをみてみないと具体的なイメージが湧いてこないと思います。一括見積もりサイトで具体的なイメージをもっていただくことが検討の第一歩だと思うのですがいかがでしょうか?

見積もりチェックポイント

各会社の太陽光発電の設置見積もり額を比較する際には、補助金差引前の見積もり金額(実際にお支払いいただく総額)を表示する会社と補助金を差し引いた実質自己負担額を見積もり金額(補助金差引後)として提示する会社がありますので、同じ基準に戻して比較検討することが大切です。
その他にも見積もり提示を受ける時は、太陽光発電に関する様々な疑問を解消する場でもありますので、疑問に思っている点を何でも投げかけ各社の対応から今後永くお付き合いするであろう会社さんを選ぶ場所としてタイナビをご活用いただきたいと思います。

導入にかかわる具体的な費用内訳

機器費用

太陽電池モジュール屋根上に設置するいわゆる・太陽光パネルでメーカー毎に形状・大きさ・発電量の差があります。
屋根用架台太陽電池を屋根面に固定するための取付金具で各社独自の防水対策を行ったものがあります。
パワーコンディショナ太陽電池で発電した直流電気を、家庭で使用できる交流電気に効率よく変換する装置です。
モニターリモコン太陽光発電の発電状況(現在状況・累積データなど)を室内で確認できる室内モニター装置です。
専用ケーブル太陽電池で発電した電気をパワーコンディショナーからブレーカーに送るためのケーブルです。
売電メーター余った電気を電力会社に売るためのメーターです。


工事費用

上記機器を設置するために必要な工事は以下の2種になります。

屋根工事費太陽電池を屋根に設置するための工事費用(※別途足場工事が必要な場合もあります。)
電気工事費パワコン・モニター・ブレーカー取付など電気の流れるルートをつくる工事で電気工事士が行います。(※足場工事費・・・急勾配屋根などで安全対策を目的に足場を設置する場合がありますが補助金算定基準から除外されます。)


その他費用

補助金申請のために必要な各種提出書類申請費用

・その他各社によって必要な費用は異なりますので、契約時にご確認下さい。

何年で「もと」が取れるの?

一般的には10年~15年で回収が可能と言われていますが、7~8年でもとが取れることもあります。これだけ幅があるのは、設置費用や発電量、年間の電気代等が影響してくるからです。以下の計算式で何年で回収できるのかを算出することができます。

減価償却年数 = (設置費用―補助金) ÷ 年間の発電収入

減価償却年数:何年でもとが取れるのか?
設置費用: 太陽光発電機器+屋根工事+電気工事など工事費用一式(補助金申請手続き込み)
補助金 : 都道府県 + 市区町村 (各自治体ごとの独自基準で確認が必要)
年間の削減光熱費: 年間売電収入+自家消費分電気料金相当

(設置費用180万―補助金合計47.2万) ÷ 年間発電収入14.4万 ≒ 9.2年

これで見る限り、約9年でもとが取れるということになります。太陽光発電は30年以上もつと言われていますので約10年後からは20年以上電気代がほぼかからないとてもお得な生活ができることになりそうです。

※ 太陽光発電設置家庭毎の発電量差・売電状況・設置に要した自己負担額等により異なりますのでご注意下さい。

ソーラーローンのご利用

ソーラーローンとは?

ソーラーローンは、太陽光発電システム設置に要する初期費用をローン方式にすることによって、太陽光発電という環境にやさしい機器を普及拡大させることを目的に始まったローンで、オール電化も太陽光発電とセットでローン方式で設置することが可能です。
金利に関しては、現在は各社横並びに設定されていますが、他のローンに比べて金利面で優遇されていることと、持家を持たれている方が申し込む性質上、審査基準をクリアされている方がお申し込みされるケースが多いようです。

実際には、最長15年 180回ローンを組まれて月々のお支払いを10,000~15,000円程度に組むことによって、月々の電気ガス料金が10,000~15,000円程度節約できてしまい、月々の支出を同額程度に抑えながら、太陽光発電+オール電化の快適生活を享受できてしまうことも可能なとても都合の良いローンなのです。
また、太陽光発電の補助金が支給された段階でまとまった額の繰り上げ返済も可能なことから利用しない手はないですね。(もちろんローン支払い後は電気代のかからない、あるいは発電収入のある太陽光発電生活が待っています!)

現在お支払いの電気代・ガス代を太陽光発電(+オール電化の場合も)の見積もり依頼をされる時に、お知らせいただくことでソーラーローンを利用された場合の月々の収支シュミレーションを見積もり会社から見積もりと同時に受け取ることができますので、見積もり金額と同時にお支払いイメージを描かれるために活用されてみてはいかがでしょうか。

結局は設置前と負担額は変わらないということです。もちろんローンが終われば月々の支払いが15000円安くなるというわけです。

電気代ガス代削減額月間光熱費ローン支払い額年間光熱費+ローン
設置前光熱費15,000円6,000円-21,000円-252,000円
設置後光熱費3,000円0円18,000円3,000円16,000円228,000円
ローン終了後3,000円0円18,000円3,000円-36,000円

※あくまでシミュレーション例なので、ご自宅の場合のシミュレーションについては、各社の担当者に相談してみてください。

ソーラーローンはリフォーム資金にも利用できる

ソーラーローンは太陽光発電導入時にご自宅のリフォームを兼ねる方の場合、その資金として利用することもできます。こちらも詳しくは各社担当者に相談してみるのがいいでしょう。

<住宅金融支援機構の融資>
新築と同時に太陽光発電システムを導入・設置する場合にも住宅金融支援機構より増額融資が受けることができます。また、一部の太陽光発電の販売店や太陽電池メーカーが独自のローンを提供している場合もあるので、これらの情報もチェックしてみましょう。

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択