ページトップ

太陽光発電メーカーの比較

サンテックパワーの太陽光発電システムの特徴

公開日:2015年3月31日
世界を代表する太陽光発電メーカー。2001年の設立からわずか10年で太陽光発電モジュール生産量で世界1位になるなど、現在世界80ヵ国で展開しており、日本国内での実績も国内メーカーに引けを取らない。ローコストで設置出来ることから、近年は産業用としての需要も非常に高い。

サンテックパワーの太陽光発電システム

中国に本社を置くサンテックパワーは、日本市場にいち早く参入してきた海外メーカーの一つ。日本国内でも抜群の知名度を誇る。住宅用では最高クラス出力の住宅用単結晶太陽光発電モジュールを6モデル取り揃えるなど、ラインアップも豊富。施工においてもオリジナルの金具や手順で徹底した止水施工を行うなど、施工品質にもこだわっており、特に25年の長期出力保証は国内メーカーにはない魅力の一つです。

サンテックパワーの太陽光発電の特徴

特徴1:低価格、高い発電量

サンテックパワーの太陽光発電モジュールの最大の特徴は、なんといってもモジュールの安さ。本国(中国)で徹底したコストカットを行うことで実現したリーズナブルな価格設定に加え、業界最高レベルの変換効率を誇るサンテックパワーの太陽光は、面積が限られる日本の屋根には最適です。また、黒のフレームとバックシートのブラックレーベルを用意しているなど、デザイン性も重視。屋根との一体感を重視される方にもお勧めです。

特徴2:3つの世界No.1

創業以来、急激なスピードで成長を遂げてきたサンテックパワーは、2010年に年間生産量、年間出荷量、そして累積設置量の3つのカテゴリーで世界No.1に輝きました。その他、ドイツの市場調査、コンサルティングファームのEuPD Researchより「トップブランドPV」を受賞、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)のTechnology Review誌の「最も革新的な技術を持つ会社50社)に選出されるなど、その製品開発力は世界的に高く評価されています。

特徴3:国内最長の25年出力保証

多くの国内メーカーが10年出力保証の中、サンテックパワーは業界最長の25年。設置後25年まで最大出力の80%の出力を保証します。また、多くのメーカーがモジュールの公称最大出力値を「平均値」で出す中、サンテックパワーは出力許容公差が「マイナス」のものは出荷しないという徹底ぶり。積雪にも強く、長期耐久性・長期信頼を実現しています。
2013年にサンテックパワーが破産・法的整理を経て再スタートを切るまでの間も、日本法人サンテックパワージャパンは情報開示と保証の継続を行ってきました。この対応は海外メーカーにつきものの、倒産時の保証の行方に関するリスクを払拭し、顧客に「安心感」をもたらしています。

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

シャープ(SHARP)京セラ(KYOCERA)
パナソニック(PANASONIC)東芝(TOSHIBA)
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)ソーラーフロンティア(SOLAR FRONTIER)
フジプレアム(FUJI PREAM)ホンダソルテック(HONDA SOLTEC)
ソラキューブ(SOLA CUBE)ループ(Looop)

海外主要メーカー

サンテックパワー(SUNTECH POWER)カナディアン・ソーラー(CANADIAN SOLAR)
トリナソーラー(TRINA SOLAR)インリーソーラー(YINGLI SOLAR)
Qセルズ(Hanwha Q CELLS)ジンコソーラー(JINKO SOLAR)

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択