ページトップ

太陽光発電メーカーの比較

インリーソーラーの太陽光発電システムの特徴

公開日:2015年3月31日
『インリーソーラー』とは、中国に本社を構える太陽光発電システムの専門メーカー「インリーグリーンエナジーホールディングス」のブランド名。1987年に発足し、現在では世界に20ヶ所以上の拠点を構える世界最大規模のリーディングカンパニーだ。2011年の暮れに日本市場に参入して以来、大手家電量販店が取り扱うなどして日本国内での知名度も着実に上げてきている。

インリーソーラーの太陽光発電システム

インリーソーラーの太陽光モジュールの特徴は、なんといってもその発電効率と出力の高さでしょう。一般的に単結晶タイプでは14%台が標準的な中、インリーソーラーのYL255C-30bは国内最高レベルの15.6%。出力も255Wと、国内メーカーと比較しても群を抜いています。また、パネルの強度も高く、出力保証も25年が付くなど、品質・アフター面でも抜かりはない。

インリーソーラーの太陽光発電の特徴

特徴1:高い変換効率と品質

インリーソーラーのモジュールは平均変換効率18.9%を上回るN型太陽電池セルを採用。高伝導ガラスの高透過率ガラスの効果と相まって、モジュール変換効率は16.2%を実現。また、一般的なP型太陽電池セルを採用するモジュールと比較しても、インリンソーラーのモジュールは初期劣化が少なく、高温・低照度特性が大変優れている。住宅用のみならず、高い性能と品質が要求される産業用途にも最適だ。

特徴2:一貫した生産体制

インリーソーラーのモジュールは太陽電池モジュールを完全垂直統合型で原料から製品まで一貫生産しており、信頼性と安定したパフォーマンスに定評があります。2009年度の実績で世界5位の生産量を誇り、2012年暮れまでに年間生産能力は2,450MWまで達する見通し。また、生産設備はTÜV Rheinland社の標準に認定された最新鋭の全自動化ラインで生産されているため、品質も万全です。

特徴3:積雪に強く、長寿命

インリーソーラーのアルミフレームは丈夫で耐腐食性に優れており、2.4kPaの最大風圧荷重と5.4kPaの最大積雪荷重にも耐える仕様。第三者機関により評価も終えており、モジュールの安定した発電とメカニカル寿命を可能としています。モジュールの出力保証も25年と、安心して長くお使いいただける太陽光発電メーカーです。

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

シャープ(SHARP)京セラ(KYOCERA)
パナソニック(PANASONIC)東芝(TOSHIBA)
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)ソーラーフロンティア(SOLAR FRONTIER)
フジプレアム(FUJI PREAM)ホンダソルテック(HONDA SOLTEC)
ソラキューブ(SOLA CUBE)ループ(Looop)

海外主要メーカー

サンテックパワー(SUNTECH POWER)カナディアン・ソーラー(CANADIAN SOLAR)
トリナソーラー(TRINA SOLAR)インリーソーラー(YINGLI SOLAR)
Qセルズ(Hanwha Q CELLS)ジンコソーラー(JINKO SOLAR)

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択