モバイルソーラーパネルとは?

モバイルソーラーパネルとは、その名の通り、持ち運び可能な太陽光発電装置のことです。

ご家庭の屋根につけて発電する「ソーラーパネル」は一般的にも馴染みがありますが、最近はモバイルタイプのソーラーパネルが簡単、かつ天気さえ良ければどこでも充電可能という点で注目を集めています。

そこで今回は、モバイルソーラーパネル(モバイルソーラーチャージャー含む)のメリットとデメリット、大手通販サイトで人気のおすすめ機種をご紹介していきます。

モバイルソーラーパネルのメリット3つ

モバイルソーラーパネルのメリットは、次のものがあります。

災害時に電源がなくても充電できる

災害時には、電気屋水道、ガスなどのインフラがほとんど全てストップしてしまいます。

そんなとき、真っ先にしたくなるのは、家族の安否確認や現状を知ることです。このとき、連絡手段と情報収集になる携帯電話の充電を保つことが重要な問題になるのです。

大容量のモバイルバッテリーを持っていても、2回程度充電すれば使えなくなってしまいます。

モバイルソーラーパネルがあれば、太陽の光さえあれば充電ができるため、携帯電話やスマホの充電もきちんとできておすすめです。

充電を忘れても安心! 出先で充電できる

モバイルバッテリーを持っていても、大切な時に充電を忘れていて全く使えなかったという経験はないでしょうか。

モバイルソーラーパネルは場所を問わず、太陽光での発電を行うシステムですので、急な時にも出先できちんと発電・充電ができます。

普段使いであれは、もちろん大容量のモバイルバッテリーを持っていることが効率も良くすぐに使えますが、緊急時の予備としてモバイルソーラーパネルも持っていると、便利です。

登山やアウトドアにぴったり

屋外には、基本的に電源がありません。登山やアウトドアのときに、モバイルソーラーパネルがうってつけと言えるでしょう。

特に冬場の登山は、遭難する危険性がありますので、常に位置情報を知るためにGPS機能を利用したり、連絡手段として携帯電話が必要です。遭難の原因は道がわからなくなることがほとんど、とも言われます。

屋外なら場所を問わずに使えるモバイルソーラーパネルは、アウトドアの安全性を高めるための備えになります。

モバイルソーラーパネルのデメリット

モバイルソーラーパネルのデメリットは、2点あります。

発電効率が良くない

一般的に、モバイルソーラーパネルは発電効率があまり良くありません。

大容量のモバイルバッテリーなどはコンセントから直接電流を使って充電できるので、短時間で大量の充電ができます。

モバイルソーラーパネルは、発電量が天候に左右されます。夜間はもちろん、悪天候時には使えません。電灯など、室内の灯りでは発電できないため、利用できるシーンが限られてしまうのです。

太陽光の強さによって発電量が変わるので不安定で、電子機器を充電するのにも時間がかかりがちというデメリットがあります。普段から使いやすいとは言えません。

きちんとしたモバイルソーラーパネルはやや大きい

モバイルソーラーバッテリーは、太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変える仕組みです。電子機器を動かせるくらい発電しようとすれば、太陽光を受ける面積が大きくなるように作られます。

そのため、折り畳み式でも本と同じ程度の大きさになってしまうので、ポケットなど小さな収納スペースに収めることができないのが残念なポイントです。

モバイルソーラーパネルのおすすめ機種2選

モバイルソーラーパネルにはいくつか種類がありますが、今回は参考として大手通販サイトで人気の機種2つをご紹介します。

Anker ソーラーチャージャー 折りたたみ式 PowerIQ搭載

Anker ソーラーチャージャーは、PowerIQという独自のテクノロジーでスマートフォンなどの機器との互換性があり、最大出力2Aです。

変換効率は12~18%で、ポリエステルキャンバスの記事にPETプラスチックでカバーされたソーラーパネルが縫い付けられています。

折り畳みではA4サイズになり、パネルに縫いつけられた生地についている穴にフックを取り付けてリュックなどに取り付け可能。両手を空けておきたい、登山などの時にも役立ちます。

RAVPower 折りたたみ式 軽量 2ポート ソーラーパネル

こちらは、SUNPOWER® ソーラーパネルを採用しており、モバイル式のソーラーパネルとしては優秀な21.5~23.5%の発電効率を持っています。

こちらは、1ポートにつき最大2.4Aの出力が可能で、Ankerソーラーチャージャーと同様に本体に空いている穴にフックを取りつけ、テントやリュック、木などに取り付け可能です。

大きさはAnkerよりやや小さめです。

エコなモバイル発電機は災害時にも活躍

一般家庭の発電方式としても注目されているソーラーパネルですが、今ではモバイル式で実用化されるほど技術が進んでいます。

ソーラーパネルを使った発電方法の特徴は、「自然エネルギー」から充電できるという点です。コンセントや電池がなくても、天気さえ良ければ自由な場所で発電できるというメリットがあります。

デメリットは発電効率の悪さですが、その弱点を加味しても、いざという時には強い味方になってくれる「エコ」な発電方法です。登山やアウトドアの趣味がない方でも、災害時や緊急時に備えて1台持っていると安心ですね。