太陽光と蓄電池

太陽光発電をこれから設置するのであれば、蓄電池とのセットがおすすめです。

とはいえ、両方を同時に購入すれば、初期費用が高くなることは避けられません。価格が気になり、導入を迷っている人も多いでしょう。

ここでは、太陽光発電と蓄電池をセットで購入するといくらかかるのか、同時購入するほうがお得な理由についてご紹介します。さらに、初期費用はどうすれば抑えることができるのか、といった気になる情報も、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電と蓄電池をセットで導入するメリット

太陽光発電と蓄電池を組み合わせると、多くのメリットが得られるので確認していきましょう。

太陽光発電で発電した電力を貯めておけば、夜間や発電量が少ない日に使うことができ、電気代の節約になります。自家消費を増やすことで、売電価格よりも割高になりやすい電力会社からの電気の購入量を抑えることができます。

蓄電池があれば、自然災害などで停電になった場合に、貯めた電気を日中や夜間に使うことができるため、万が一の備えにもなります。さらに、固定価格買取制度の期間が終了し、売電による収入が少なくなっても、割高な買電量を減らすことで経済的なメリットが得られます。

このように、太陽光発電と蓄電池のセット購入にはたくさんのメリットがありますので、導入の際はじっくり検討してみてください。

 

太陽光発電と蓄電池を購入する場合の注意点

太陽光発電を先に設置してから蓄電池を設置すると、太陽光用と蓄電池用に別々のパワーコンディショナが必要になり、2つ分の広い設置スペースが必要になってしまいます。ハイブリッドパワーコンディショナに買い替えるときは、使っていたパワーコンディショナを廃棄しなければなりません。その際には、廃棄費用がかかる点にも注意しましょう。

また、太陽光発電と蓄電池を別々に購入すると、工事代やパワーコンディショナの設置・廃棄費用などがそれぞれにかかってしまいます。合計で見た時には、セットで購入するよりも高額になるでしょう。工事費で大きな割合を占める人件費も、同時購入したほうが抑えられます。

ハイブリットタイプの蓄電池を後から設置する場合は、保証期間にも注意が必要です。太陽光発電設備と直接連携するハイブリット蓄電池は、太陽光発電システムの残りの保証期間がなくなってしまうケースもあるのです。そのため、蓄電池を後から設置する場合は、保証内容を事前によく確認しておくことをおすすめします。

太陽光発電と蓄電池はセットで購入したほうがお得!

お得

太陽光発電と蓄電池は、導入する際にセットで購入したほうが、別々に購入するよりも安くなる可能性があります。その理由について解説するので、費用を抑えるために知っておきましょう。

セットで購入すれば、太陽光パネルと蓄電池の設置工事は1回で済むため、別々に工事を行うよりもトータルの費用が安くなるのです。また、太陽光発電と蓄電池、それぞれのパワーコンディショナをハイブリッドパワーコンディショナ1台にまとめられる点も見逃せません。2台のパワコンを購入して設置するよりは、1台にまとめたほうが安くなります。

さらに、蓄電池をセットで導入すれば、太陽光発電で発電した電力を無駄なく使えます。電気代節約という面でもお得になるでしょう。

太陽光発電と蓄電池をセットで購入した場合の価格目安は?

太陽光発電と蓄電池をセットで導入する場合に、いくらかかるのかが気になるところです。価格の目安として、太陽光発電と蓄電池、それぞれの価格相場や導入にかかる総費用を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

それぞれの価格相場とトータルの費用

太陽光発電と家庭用蓄電池は、普及が進んだことで、どちらも価格が抑えられて設置費用が下がってきました。それぞれの価格相場は以下の通りです。

  • 太陽光発電の設置費用相場:約100~250万円
  • 家庭用蓄電池の設置費用相場:約90~160万円
  • 工事費用:約20~30万円(同時に設置する場合のトータル費用)

以上の金額を合わせると、太陽光発電と蓄電池をセットで購入した場合のトータルの費用がわかります。メーカーや容量、性能などにもよりますが、安くても約200万円以上の費用がかかるでしょう。

セット購入価格の事例

太陽光発電と蓄電池を同時に設置した場合の価格目安を、3つのメーカーについて表にまとめました。

メーカー名太陽光発電の容量蓄電池の容量設置費用
パナソニック約6kW約5kWh約307万円
シャープ約5kW約6.5kWh約221万円
Qセルズ約5kW約6.5kWh約248万円

設置費用は、さまざまな要因で上下します。たとえば、足場設置にかかる費用や、工法による費用の違いなどにより変動するため一定ではありません。工事を依頼する業者によっても費用は変わるので、事例はあくまでも目安として参考にしてください。詳しい価格が知りたい場合は、タイナビの一括見積りを利用するといいでしょう。

初期費用を安く抑えるなら補助金を活用しよう!

助成金

太陽光発電と蓄電池の設置には、補助金を受けられる可能性があります。条件が合うようであれば、必ず使って初期費用を安く抑えましょう。ここでは、蓄電池について、環境共創イニシアチブや地方自治体で行っている、補助金の内容や条件を解説します。

最大60万円が受け取れる蓄電池の補助金

環境共創イニシアチブ(SII)の補助金について、金額や条件などをチェックしておきましょう。環境共創イニシアチブ(SII)の「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金(2019年度)」では、蓄電池の購入費用に対して最高で60万円の補助金を受けることができます。

蓄電池の種類や容量によって補助金の額は異なるので、事前に詳しく確認しておきましょう。

補助金を申請できるのは、10kW未満の太陽光発電をすでに設置している人、またはこれから設置する人です。太陽光発電と蓄電池を併用するなら、ぜひ活用したい補助金です。

地方自治体から受けられる補助金もチェック

各地方自治体が独自に行っている蓄電池の補助金制度もあります。都道府県ごと、市町村ごとに実施しているので、住んでいる地域のそれぞれに確認を取ってください。

補助金を受けるための申請期間や条件、金額などは地方自治体によって異なります。

また、すべての自治体に補助金制度があるとは限りません。自治体によっては補助金制度がない場合や、すでに申請期間が終了していることもあるので注意が必要です。

 

太陽光と蓄電池のセット購入は一括見積りでより安く!

太陽光発電と蓄電池は、設置工事費用を抑えるためにもセット購入がおすすめです。いろいろな補助金制度もあるので、活用できれば初期費用を抑えることができるでしょう。

セットで購入する場合はタイナビの一括見積りを利用すれば、トータルの価格を抑えられる可能性があります。業者ごとに工事費用などを比べて検討できるのでおすすめです。太陽光発電のみ、蓄電池のみの見積りも可能なので、ぜひ利用してみてください。