太陽光と蓄電池

太陽光発電をこれから設置するのであれば、蓄電池とのセットがおすすめです。

とはいえ、両方を同時に購入すれば、初期費用が高くなることは避けられません。価格が気になり、導入を迷っている人も多いでしょう。

ここでは、太陽光発電と蓄電池をセットで購入するといくらかかるのか、同時購入するほうがお得な理由についてご紹介します。さらに、初期費用はどうすれば抑えることができるのか、といった気になる情報も、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電と蓄電池それぞれの仕組みとは?セットで発揮する効果

太陽光と蓄電池をセットで購入すると、そもそもどんな使い方ができるのでしょうか。この項ではそれぞれの仕組みや使い方を紹介したうえで、セットで使うことで得られる相乗効果ついて解説します。

家庭用太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、ソーラーパネルを屋根に設置し、太陽光のエネルギーによって直流電流を発電する設備です。

ソーラーパネルで作った電気は、接続箱で集めてパワーコンディショナに送られます。パワーコンディショナに届いた直流電流は、家庭で使用できる交流電力に変換されます。変換し、調整された電気が家庭内の家電や照明などに使える、という仕組みです。

FITで余剰売電するときは、まず家庭で使って余った電力あるときに電力会社に売ることができます。全量売電する場合、発電から電流を変換するまでの仕組みは同じですが、家庭で使わずに売電メーターを使って電力会社に電気を全部買取ってもらう点が異なります。

蓄電池の仕組み

蓄電池は、運転モードに合わせて電気を貯め(充電)、必要なタイミングで使う(放電)ことができる装置です。

蓄電池は通常使う電化製品に電力網が接続されている「一般負荷分電盤」と、停電時も接続した電化製品が使える「重要負荷分電盤」の2つに接続されています。

停電時には、電力網につながっている一般負荷分電盤が使えなくなりますが、蓄電池から放電することで非常用の重要負荷分電盤に接続された電化製品が使えるようになります。

つまり、蓄電池の運転モードが切り替わることで、停電中も電化製品が使えるようになります。

運転モードの切り替えは手動で行う機種と、停電を感知して自動で行う機種があります。突然の停電に慌ててしまっても、自動で電気をつけてくれる蓄電池なら安心ですね。

さらに、一部の電化製品に電気を供給するタイプの蓄電池を「特定負荷型」、家全体に供給するのを「全負荷型」といいます。家全体のコンセントで電気を使えるようにするなら、全負荷型の蓄電システムを選びましょう

使う家電を絞れるなら、特定負荷型が安いのでおすすめです。あらゆる蓄電池メーカーから要望に合う機種を選ぶなら、特定メーカーに縛られない蓄電池販売会社の一括見積りがおすすめです。

太陽光発電・蓄電池セットの仕組み

太陽光発電と蓄電池は、太陽光パネルで発電した電気を家の中で使いながら、余った電気を蓄電池に貯めて活用するのが基本です。

日中しか発電できない太陽光発電と、いつでも電気を取り出して使える蓄電池を組み合わせることで、相乗効果を生み出すことができます。

蓄電池のパワーコンディショナで起こる電気のロスを防ぐには

太陽光パネルで発電した直流電力は、太陽光発電のパワーコンディショナで交流の電力に変換されて家庭内で使用されます。

しかし、蓄電池では直流電流しか貯められないので、蓄電池のパワーコンディショナで交流電流を直流電流に戻して蓄電池に貯めます。

電気は変換する度に少しずつ減ってしまうのですが、このロスを最小限にするにはハイブリッド型パワーコンディショナが搭載された蓄電システムがいいでしょう。

家庭用太陽光発電を蓄電システムとセットにすると、電力を自家発電して自給自足することが可能になるのです。

太陽光発電と蓄電池をセットで導入するメリット

太陽光発電と蓄電池は、セットで購入すると多くのメリットが得られます。節電効果や非常時に得られるメリットなど、具体的な内容について詳しく解説するので参考にしてください。

発電した電気を貯めて節電できる

日中に発電する太陽光発電システムは、夜間や雨などの太陽の光が当たらないときには発電できません。しかし、蓄電池があれば、昼間に発電して余った電力を蓄電池に貯めておくことが可能になります。

蓄電池に貯めた電気を夜間や発電量が少ない日などに使えば、電力会社から電気を買う必要がありません。電力会社から買う電気の単価は売電価格よりも割高であることが多いので、トータルの電気代がお得になります。

別の活用方法として、深夜の割安な電力を蓄電池に貯めて昼間に使い、余剰電力は電力会社に売電することも可能です。蓄電池で売電量を増やせるので、ぜひ太陽光発電システムとセットで導入して活用しましょう。

停電時も貯めた電気を使える

災害時に予期せぬ停電が起こると、テレビやスマートフォン、ノートパソコン、冷蔵庫、冷暖房なども使用できなくなります。そのような事態では情報収集すらままならず、災害の状況や家族の安否確認もできません。停電時の不安は大きいものです。

2019年9月、台風15号の影響で起きた、千葉の大規模停電は記憶に新しいことでしょう。家屋のダメージがなくても広い範囲で停電が起き、多くの世帯が電気を使えない生活に不便したのです。

蓄電池は停電時に放電して特定の家電や電源が使えるものです。特定の家電を指定する蓄電池は「特定負荷タイプ」といいます。家中のすべてのコンセントが使える「全負荷タイプ」もありますが、価格は高めのものが多くなります。

自宅避難をするとき、いつものように家電が使えることは大きな安心に繋がるでしょう。生活の変化を減らすことで、心身へのダメージを減らす効果が期待できます。

FIT終了後も買電量を減らしてお得になる

令和2年度(2020年度)に発表された10年間の固定買取価格は、10kW未満の場合は21円/kWhです。10年間はこの買取価格で余った電気を電力会社に買い取ってもらえます。

10年後にFITが終わると、これまでの電力会社や新電力の「卒FIT買取サービス」を使って余剰売電が続けられます。

このとき、買取価格は10円/kWh以下になるのが一般的で、FIT後の売電収入は大幅に減ってしまうのです。

一方で、電力会社から買う電気料金の平均は27円/kWhです。売電価格より電力会社から買う電気代の方が高くなりますので、FITの後は発電した電気を売らずに自家消費したほうが家計にとって得になるのです。

太陽光発電の将来は「自家消費が得」である理由

電気は、同じ量でも価格に差があります。例として、300kWhの電力量で考えてみましょう。

電力会社の電気を買うことと、太陽光発電で自家消費すること、卒FITの売電収入と電力会社への支払額を相殺した額を比べてみます。

  • 電力会社から27円で買えば8100円の支出
  • 卒FITサービスの10円で売電すれば3000円の収入
  • 卒FITの売電収入を電気料金と相殺したら5000円の支出
  • 太陽光発電で自家消費したら電気料金は0円

卒FITで売電すれば電気料金がかかります。一方、自家消費すれば0円です。FIT(固定価格買取制度)が終わった後は、自家消費で電気代を節約するのが主力になるということです。

蓄電池は太陽光の後に買うべきか?

蓄電池があれば、太陽光発電の電気を貯めて夜や荒天時に自家消費できます。割高な買電量を減らして、FIT終了後も節約ができます。太陽光発電と蓄電池をセットで導入していると、「節約」という経済的メリットが得られます。

太陽光発電を先に設置した家庭は、FITが切れる10年目に蓄電池を購入するケースが多いです。これから太陽光発電を設置する方は蓄電池を後回しにしても良いのですが、セット導入することで得する一面もあります。

太陽光と蓄電池は同時設置で「変換ロス」を抑えられる

太陽光発電で作った電気を家電に使い、蓄電池に貯めるまでには、電気を調整しなければなりません。このときにロスが生じてしまうのですが、せっかく発電した電気を使う前に減らしまうのはもったいないことです。

この電力のロスを防ぐために、ハイブリッド型のパワーコンディショナが効果的です。太陽光と蓄電池のパワーコンディショナを1台にまとめて、電力の変換回数を減らし、ロスを最小限に抑えられるのです。

太陽光の電気を無駄なく貯めるには「変換ロスを減らす」こと

「太陽光発電と蓄電池セットの仕組み」の段落で解説したように、太陽光発電の電気を蓄電池に貯めるには、電力を直流から交流へ、交流から直流へと変換します。

それには、2台のパワーコンディショナを経由するので、変換するときに電力のロスが出てしまいます。変換する回数が多いほど、電力の無駄も増えてしまうのです。

変換ロスを抑えるには、ハイブリッド型パワーコンディショナを搭載した「ハイブリッド蓄電システム」と呼ばれる機種が効果的です。

ここまで紹介したように、太陽光発電と蓄電池のセット購入には、たくさんのメリットがあります。導入の際には、豊富な製品のなかから家庭のニーズに合う最適なものはどれなのかをじっくり検討しましょう。

ハイブリッド蓄電システムを扱うメーカー

ハイブリッド蓄電システムを取り扱い、蓄電池の補助金条件であるSIIの登録機種があるメーカーはこちらです。

 

太陽光発電と蓄電池を購入する場合の注意点

太陽光発電を先に設置してから蓄電池を設置すると、太陽光用と蓄電池用に別々のパワーコンディショナが必要になり、2つ分の広い設置スペースが必要になってしまいます。

ハイブリッドパワーコンディショナに買い替えるときは、使っていたパワーコンディショナを廃棄しなければなりません。その際には、廃棄費用がかかる点にも注意しましょう。

また、太陽光発電と蓄電池を別々に購入すると、工事代やパワーコンディショナの設置・廃棄費用などがそれぞれにかかってしまいます。合計で見た時には、セットで購入するよりも高額になるでしょう。

工事費で大きな割合を占める人件費も、同時購入したほうが抑えられます。ハイブリットタイプの蓄電池を後から設置する場合は、保証期間にも注意が必要です。

太陽光発電設備と直接連携するハイブリット蓄電池は、太陽光発電システムの残りの保証期間がなくなってしまうケースもあるのです。そのため、蓄電池を後から設置する場合は、保証内容を事前によく確認しておくことをおすすめします。

太陽光発電と蓄電池はセットで購入したほうがお得!

お得

太陽光発電と蓄電池は、導入する際にセットで購入したほうが、別々に購入するよりも安くなる可能性があります。その理由について解説するので、費用を抑えるために知っておきましょう。

セットで購入すれば、太陽光パネルと蓄電池の設置工事は1回で済むため、別々に工事を行うよりもトータルの費用が安くなるのです。

また、太陽光発電と蓄電池、それぞれのパワーコンディショナをハイブリッドパワーコンディショナ1台にまとめられる点も見逃せません。2台のパワコンを購入して設置するよりは、1台にまとめたほうが安くなります。

さらに、蓄電池をセットで導入すれば、太陽光発電で発電した電力を無駄なく使えます。電気代節約という面でもお得になるでしょう。

太陽光発電と蓄電池をセットで購入した場合の価格目安は?

太陽光発電と蓄電池をセットで導入する場合に、いくらかかるのかが気になるところです。価格の目安として、太陽光発電と蓄電池、それぞれの価格相場や導入にかかる総費用を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

それぞれの価格相場とトータルの費用

太陽光発電と家庭用蓄電池は、普及が進んだことで、どちらも価格が抑えられて設置費用が下がってきました。それぞれの価格相場は以下の通りです。

  • 太陽光発電の設置費用相場:約100~250万円
  • 家庭用蓄電池の設置費用相場:約90~160万円
  • 工事費用:約20~30万円(同時に設置する場合のトータル費用)

以上の金額を合わせると、太陽光発電と蓄電池をセットで購入した場合のトータルの費用がわかります。メーカーや容量、性能などにもよりますが、安くても約200万円以上の費用がかかるでしょう。

セット購入価格の事例

太陽光発電と蓄電池を同時に設置した場合の価格目安を、3つのメーカーについて表にまとめました。

メーカー名太陽光発電の容量蓄電池の容量設置費用
パナソニック約6kW約5kWh約307万円
シャープ約5kW約6.5kWh約221万円
Qセルズ約5kW約6.5kWh約248万円

設置費用は、さまざまな要因で上下します。たとえば、足場設置にかかる費用や、工法による費用の違いなどにより変動するため一定ではありません。

工事を依頼する業者によっても費用は変わるので、事例はあくまでも目安として参考にしてください。詳しい価格が知りたい場合は、タイナビの一括見積りを利用するといいでしょう。

初期費用を安く抑えるなら補助金を活用しよう!

助成金

太陽光発電と蓄電池の設置には、補助金を受けられる可能性があります。条件が合うようであれば、必ず使って初期費用を安く抑えましょう。ここでは、蓄電池について、環境共創イニシアチブや地方自治体で行っている、補助金の内容や条件を解説します。

最大60万円が受け取れる蓄電池の補助金

環境共創イニシアチブ(SII)の補助金について、金額や条件などをチェックしておきましょう。

環境共創イニシアチブ(SII)の「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金(2019年度)」では、蓄電池の購入費用に対して最高で60万円の補助金を受けることができます。

蓄電池の種類や容量によって補助金の額は異なるので、事前に詳しく確認しておきましょう。補助金を申請できるのは、10kW未満の太陽光発電をすでに設置している人、またはこれから設置する人です。

太陽光発電と蓄電池を併用するなら、ぜひ活用したい補助金です。

地方自治体から受けられる補助金もチェック

各地方自治体が独自に行っている蓄電池の補助金制度もあります。都道府県ごと、市町村ごとに実施しているので、住んでいる地域のそれぞれに確認を取ってください。

補助金を受けるための申請期間や条件、金額などは地方自治体によって異なります。

また、すべての自治体に補助金制度があるとは限りません。自治体によっては補助金制度がない場合や、すでに申請期間が終了していることもあるので注意が必要です。

太陽光と蓄電池はいつまで使える?それぞれの寿命について

節約や災害時に活用できる太陽光発電と蓄電池は、いつまで使えるのでしょうか。それぞれの製品には、一般的な目安となる寿命があります。ここでは、太陽光発電と蓄電池の寿命について説明していきます。

太陽光発電の寿命

太陽光発電システムの寿命は、一般的には20〜30年といわれています。国税庁では17年という法定耐用年数を定めていますが、実際にはそれ以上使えるケースが多いのです。

太陽光発電システムの機器ごとに見ていくと、パワーコンディショナの寿命は10〜15年、ソーラーパネルの寿命は20〜30年とされています。

太陽光発電システムを長く使用するために、4年に1回以上の定期的メンテナンスをすることが推奨されています。メンテナンス費用の相場は1回2万円程度で、パネルの枚数などによって費用は異なります。さらに点検時に足場を組む場合は8万円程度が必要となります。

長く安全に使うためにも、メンテナンス費用は予算として計上しておきましょう。

蓄電システムの寿命

蓄電池の寿命は、リチウムイオン電池の場合には約10年と言われています。ただし、製造するメーカーや、機器を使用する環境などによって寿命は異なるので一概にはいえません。

メーカーからは、充放電を繰り返す「サイクル回数」や「使用期間」で寿命の目安が表示されているので確認しておきましょう。

蓄電池は寿命が来たからといって、全く使えなくなるわけではないこともポイントとして押さえておきたいところです。蓄電池は劣化すると蓄電容量が減っていき、寿命とされる頃にはおよそ70%にまで減少するといわれています。

蓄電池の保証には、容量に対する保証を設けているメーカーもあります。期間内に既定の容量を下回った場合に無償で修理などの対応をしてもらえるものです。保証期間や容量はメーカーによって異なりますので、検討段階で確認しておきましょう。

 

太陽光と蓄電池のセット購入は一括見積りでより安く!

太陽光発電と蓄電池は、設置工事費用を抑えるためにもセット購入がおすすめです。いろいろな補助金制度もあるので、活用できれば初期費用を抑えることができるでしょう。

セットで購入する場合はタイナビの一括見積りを利用すれば、トータルの価格を抑えられる可能性があります。業者ごとに工事費用などを比べて検討できるのでおすすめです。太陽光発電のみ、蓄電池のみの見積りも可能なので、ぜひ利用してみてください。