太陽光発電やめた方がいい

太陽光発電について調べていると、

「やめたほうがいい・・」
「設置して後悔している・・」

といった意見を耳にすることがあります。

実のところ、太陽光発電は今からでも十分購入する価値のある財産です。
しかし、メリットがあるにも関わらず、どうして「やめたほうがいい」という人が出てしまうのでしょうか。

この記事では、太陽光発電に対して否定的な意見が出る理由とこれからの太陽光発電のお得な活用方法について解説します。

電気代に悩んでいませんか?

「暖房シーズンは電気代が不安!」

「細かい節電テクより大きく節約したい!」

「節約効果がずっと続く方法は? 」

太陽光発電なら 0 円の電気で何十年も節約できます!
お得に買うなら一括見積り!

  • 一括見積り 10 年以上のプロが審査した優良企業を紹介!
  • 良い見積もり額がなければ契約しなくて OK !
  • 困ったときはいつでも電話相談できる!

「太陽光発電はやめたほうがいい」と言われる5つの理由

「太陽光発電はやめたほうがいい」と言われるのにはどのような理由があるのでしょうか。

そう言われるようになった主な理由を5つ紹介します。

理由①売電価格が安くなって元が取れない?

FIT制度による売電価格の低下
  • 1つ目の理由は、FIT制度による売電価格の低下です。

住宅用太陽光発電の売電価格は、制度開始直後の2012年は42円/kWhでしたが、2024年は16円/kWhにまで下落しています。

売電価格
2020年度21円/kWh
2021年度19円/kWh
2022年度17円/kWh
2023年度16円/kWh
2024年度16円/kWh

『設置後の売電価格は10年間保証されます!価格変更はありません!』

2024年度に設置した場合は、2034年度まで10年間は買取価格は16円/kWhとなり、買取価格が16円/kWh未満に下落する事はありません。

※表示価格は10%の消費税が含まれています。

しかし、今後も売電価格は下がり続ける可能性が高く、下落幅が1円~2円程度になるおそれもありますが、2023年から卸電力市場が高騰しているため、2024年以降は売電単価が維持させる可能性も否定できません。

したがって、売電価格だけに着目すると「売電によって得られる利益が少なくなる」と思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、売電価格は設置費用を回収できる範囲で毎年見直されるものであり、
売電価格が下がっているということは、設置費用も下がっていること
も意味します。

太陽光パネルの設置

例えば、容量5kWの設備の場合、2012年に233万円だった導入費用が、2024年には80万円まで下がってきています。

つまり、売電価格が下がった以上の割合で、導入費用も安くなっているのです。

しかも、技術の進歩により、発電効率など太陽光パネルの性能は上がっているため、昔と比べて収益性は向上しています。

たとえ売電価格が下がっていても、問題なく元が取れる仕組みになっているのです。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

https://www.tainavi.com/library/3210/

理由②未熟な業者の施工で雨漏りなどの不具合が起きるかも

業者の選び方
  • 2つ目の理由は、業者の選び方で失敗してしまったことです。

一般家庭では自宅の屋根に太陽光発電を設置するケースが多いのですが、安全に工事を行うためには業者側に専門知識と技術が求められます。

万が一粗悪な業者に当たってしまった場合、雨漏りなどの不具合が起きる可能性もゼロではありません。

雨漏れ

太陽光発電の失敗事例を知恵袋などでも拝見しますが、その多くが施工不良による雨漏れです。

もちろんすべての業者ではありませんが、訪問販売会社の「激安」「最安値」「補助金」などを売りにしている業者の中には、未熟な職人に施工させる業者や、仕事が雑な業者もいます。

それだけに、業者選びは価格以上に、実績や口コミなども重要になってくるのです。

太陽光発電の施工実績が豊富で、ベテランの職人が施工に任せる業者なら設置中・設置後のトラブルはほぼ起きません。

発電量だけではなく、現地調査、メンテナンス、定期点検などの説明も行なってくれるようなメリットデメリットを全て説明してくれる業者選びを行なうようにしましょう。

他にも、

「売電収益が予想と違った」
「補助金の締め切りに間に合わなかった」

・・などありますが、未然に業者やメーカーなどと綿密なシミュレーションを行なっておくことでリスク回避が可能な事でもあります。

太陽光発電を前向きに行なう為にも、必ず幾つかの業者などの見積もりを取るようにするのが、一番にして必須の方法と言えます。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

https://www.tainavi.com/library/2540/

理由③後からメンテナンス費用が必要だとわかった

メンテナンス費用
  • 3つ目の理由は、メンテナンスの有無についての誤解です。

太陽光発電システムは一度設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要になります。

したがって、

「設置費用だけでなくメンテナンス費用も必要」と聞くと、
「売電した利益が減って損」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、一定の発電効率を維持し、また事故を防ぐためにもメンテナンスは必須です。

金額だけ見ると高くなってしまうように思えますが、太陽光発電は10年以上使用するもの。施工業者が責任をもって定期点検を行うことは安心材料です。

太陽光発電システム設置

目の前の安さではなく、長期的な視点で契約内容の良し悪しを判断することが大切です。

良心的な業者の場合は、設置費用の見積もりの中に設置後のメンテナンス費用も含んでいたり、メンテナンスを無料で行っていたりします。

見積もりを依頼する際に、一度メンテナンスについて確認しておきましょう。

https://www.tainavi.com/library/4460/

理由④思ったことより初期費用が高い

太陽光発電設備の初期投資の高さ
  • 4つ目の理由は、高額な初期投資で元を取るまで時間がかかったことです。

太陽光発電設備を設置するには、太陽光パネル本体のほかにパワーコンディショナや取り付けるための工事費用なども必要です。

近年では太陽光発電の設置費用が年々安くなっていますが、それでも100万円を超えるなど、ある程度のまとまった額になることは避けられません。

初期費用の高さへの対策としては、複数の施工会社の見積もりを比較できる見積もりサービスの利用がおすすめです。

見積もりサービスでは、数ある太陽光発電の施工会社の中から複数の見積もりを比べることができます。

多くの施工会社から安い初期費用で設置できる1社に絞るのは大変なので、見積もりサービスを活用してできるだけ初期費用を抑えるようにしましょう。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

https://www.tainavi.com/library/4231/

理由⑤期待より発電量が少なかった

曇りの日太陽光発電
  • 5つ目の理由は、太陽光から電力を作る太陽光発電は、太陽の出ない夜間や曇天時には発電しません。

家庭用太陽光発電を設置した人の中で、発電量が思ったより少ないと感じる理由はいくつか考えられます。

長期的に曇りや雨が続いた場合、予想していた日照時間よりも少なくなり、それに伴って発電量が減少します。特に地域によっては季節による影響が大きいこともあります。

また、太陽光発電の効率は設置場所の日照条件に大きく依存します。建物の周囲に高い木や建物がある場合、影がパネルにかかり発電効率が低下します。

パネルの向きや角度も重要で、最適でない場合は発電量が減少します。

設置前の見積もりが現実の条件を考慮せずに過大にされていた場合、実際の発電量とのギャップに繋がることがあります。

業者による過剰なプロモーションや誤解を招く情報も原因の一つです。

そのため、太陽光発電システムを設置する際には、専門家の意見を参考にしながら、ご自宅の環境や地域の気候条件に最適な設計を選ぶことが大事です。

発電しない時間帯でも電気を使いたい場合は蓄電池の導入が必要です。

蓄電池は高格の導入費用が必要になりますが、電気代の節約効果が大きいことから初期費用の回収期間が早まるのが大きなメリットです。

タイナビ蓄電池では、蓄電池の導入コストが年々下がっていることや蓄電池のメリットなど多くの情報を提供しています。

蓄電池に関する疑問やお悩みがあればぜひご相談ください。利用料金は完全無料となります。

信頼できる太陽光発電の業者を選ぼう

信頼できる太陽光発電業者

国民生活センターに寄せられているユーザーの悩みには、業者による誇張された情報や過剰な勧誘方法に関するものが多くなっているのが現状です。

これは「業者が信用できるのか知りたい」「契約後に後悔し解約したい」といった相談が増えていることからも分かります。

このような悩みを抱えないためには、最初に信用できる施工業者を選定することが有効な解決策になります。「安い」「たくさん発電や売電ができる」など、上手いことばかり言う業者を信用してはいけません。

必ず複数の業者から見積りを取って、相場価格などを知ることが大切です。

数社の見積りを比べることで、より安く信頼できる業者が見つかるでしょう。

補助金を前提とした太陽光発電や蓄電池の相談や購入は、タイナビがご紹介する施工店で可能です。対象機種や自治体の補助金もあわせてチェックしてもらえますので、太陽光発電を購入したい方はタイナビの無料一括見積りへお申し込みください。

https://www.tainavi.com/library/4387/

太陽光発電で「得をした人」と「損をした人」が分かれるのは何故?

太陽光発電は得?損?

太陽光発電を購入して得をしたと感じる人がいる一方、損をしたと感じる人がいるのも事実です。

なぜ得をした人と損をした人が分かれるのか、その違いはどこにあるのでしょうか。
以下、具体的に見ていくことにしましょう。

https://www.tainavi.com/library/3977/

太陽光発電の知識はちょっとでもある方がいい

太陽光発電を比較検討するリサーチ

太陽光発電の設備は、メーカーも機器の種類も豊富です。

したがって、
これから購入するなら、

  • 自分のライフスタイルにはどのメーカーの製品が合っているのか
  • 自分の住んでいる地域にはどんなパネルが適しているのか

……など、事前に知識を仕入れておくことをおすすめします。

太陽光発電は価格が安ければ得というわけではありません。
発電量も合わせて見ることが重要です。

発電量チェック
  • 海外のソーラーパネルメーカー
    比較的に安い、空き地を広く使う太陽光発電所に適した大きさが一般的
  • 国内のソーラーパネルメーカー
    狭い屋根にパネルを敷き詰めることに向いている。高額ですが発電量が多く、多彩なサイズ展開をしているケースもある

一見、価格が安いように見える見積もりもありますが、初期費用が高くても結果的に発電量の高いほうがお得になることもあります。

見積り費用を比較するときは、費用のみを比較するのではなく、発電量や月々の電気代の節約効果、売電で得られる収入を絡めてシミュレーションが必須です!

ローンと設置費用のバランス、投資した費用はどれくらいの期間で回収できるのかについても検討しておくと、安心して運用できます。

購入前に知識をもっておけば、業者の説明を聞いたときに疑問点があっても質問できますし、設備に関する希望も伝えられます。

「こんなはずではなかった」といった事態を避けるためにも、わからないことはすべて事前に解決しておきましょう。

太陽光発電発電量をチェックする

また、太陽光発電は1ヶ月に1回、発電量をチェックすることが大事です。

発電量に無頓着でチェックしていない場合は、パネルの一部に故障があって発電量が低下していても、ずっと気づかないまま放置されることになってしまいます。

本来、太陽光発電は長期間の運用に耐えられるよう丈夫に作られている機器です。しかし、万が一故障などのトラブルがあると発電量に悪影響を及ぼしてしまいます。

トラブルをいち早く解決すれば、発電量が減るような事態は避けられるでしょう。

発電量は目に見えないため、太陽光発電の故障を知るには1ヶ月に1回発電量を確認し、前年以前の同月の発電量との比較をすることが大事です。

メーカーによって異なりますが、太陽光発電の無償保証は最低でも10年です。
有償で15年や20年に保証期間を延長できるメーカーもあります。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

購入時に複数の業者を比較するのは必須

太陽光発電業者の比較ならこちら

これから太陽光発電システムを購入するのでしたら、複数の業者を比較検討した上で契約することをおすすめします。

太陽光発電の施工業者はたくさん存在しますが、良心的な優良業者もいれば、売れればよいという考えの悪徳業者もいる、というのが実情です。

1社だけしか見積もりを取らずに決めてしまうと、その金額が適正なのか、その対応が適切なのかがわかりません。
適正な価格と内容で契約するためにも、必ず複数の業者の見積もりを取って比較するようにしましょう。

複数社と比較すると、10万~30万は下がる傾向があります。タイナビを利用して100万円見積もりが安くなったという例まであります。

2023年3月にタイナビを利用したユーザーで2社以上に見積もりを取得した場合の、高い見積もりと安い見積もりの価格差についてアンケートを行いました。

太陽光発電見積もり価格差

アンケート内容:
【電気代削減に効果】電気代の高騰が続く中、太陽光パネルを設置した方の82.2%が「電気代を削減できた」と実感!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000025653.html

このように、1社だけで決定すると大きく損をする可能性があります。

業者選びの際、何を基準にしたらいいですか?
業者を選ぶ際の重要な基準として、施工実績の確認が挙げられます。
施工実績の数だけを見て判断しても問題ないですか?
特定のメーカーだけの工事経験ではなく、複数のメーカーの工事を請け負っているかどうかも考慮すべきポイントです。
「タイナビ」はどのような審査を行っているのですか?
施工企業の信頼性を確認するための書類提出はもちろん、自社での施工の場合は施工IDのチェックや、雨漏り保証のための施工保険証書のコピー提出が必須となっています。

独自審査をクリアした施工企業のみを紹介することで、多忙な消費者が企業調査の手間を省き、見積もりチェックに集中できる環境を整えました。

見積もり後に危惧される「しつこい勧誘」については、タイナビ独自のペナルティー制度を設け、苦情が多い企業を紹介対象から除外することで対策しています。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

売電収入よりも自家消費に期待するべき

電気を使用する時間帯

太陽光発電を取り入れる醍醐味の1つは、余剰電力の売電ができることです。

しかし、売電価格が下がって、電力会社の電気代が値上がりを続けている現在では、売電よりも自家消費(発電して使う)による電気代の節約が大きなメリットになりつつあります。

例えば、夜の電気代が安くなるプランに加入し、昼間は太陽光発電からの電力を使用して夜は安い電力を購入して使うと、昼間の電気代を大幅に節約できます。

昼間に電気を買わずに済んだ分も太陽光発電による利益だと考えるとかなりお得だとわかるはずです。

太陽光発電に蓄電池を併用

さらに、蓄電池を併用すれば、昼は太陽光発電、夜は蓄電池からの電気を使用することで、電気代をほぼ0円にすることも可能です。

これからの太陽光発電は売電よりも自家消費がお得

太陽光発電は売電よりも自家消費がお得

これから太陽光発電を始めるのであれば、売電よりも自家消費をメインの目的にするのがおすすめです。

2024年6月現在、電力会社から購入する電気代は再エネ賦課金・燃料調整費用込みで約30円/kWh程度(36円60銭/kWh+再エネ賦課金2023年(1.40円/kWh)+燃料調整費用(-6.06円/kWh))一方、売電価格は16円/kWhです。

この状況で売電を中心に利用する場合、使用量によっては「高く買って安く売る」という事態にもなりかねません。

4kWの太陽光発電のシミュレーション

では、4kWの太陽光発電を設置し、売電中心に運用した場合の10年間の収支を考えてみましょう。

・設置容量:4KW
・メーカー:トリナソーラー
・システム単価:15万円/KW(※タイナビ等の見積もり比較サイト利用した場合)
・年間発電量:4846KW
・電気料金単価:29円14円銭
・日中電気使用率:30%
・月の電気代:約2万円
・FIT価格:16円
・年間売電収入:約5.4万円
・10年間売電収入:約54万円
・年間電気代削減:約4.2万円
・投資回収期間:約6.25年

約6.25年で設置金額60万円を回収!
20年で約132万円の経済メリットを得られる結果になります。

※本シミュレーションは概算となり、電力プラン・電気使用量・導入費用により異なります。

この場合でも十分収支はプラスですが、自家消費をメインにすれば、節約できる電気代が増える分、さらに利益が増える可能性も考えられます。

電気代の値上がりどうする?これからは売電収入にだけ目を向けるのではなく、
「作って使う」自家消費こそが太陽光発電を導入するメリットになる時代といえるでしょう。

本当に太陽光発電の設置をやめたほうがいいケースとは?

やめたほうがいい?

中には本当に太陽光発電の設置をやめたほうがいいケースも存在します。

初期費用が高すぎて採算が取れないケースや、天候条件などに恵まれず発電量が少なくなってしまうケースが典型です。

設置場所が特殊で費用がかさみ採算が取れない場合

太陽光発電気象条件

初期費用が高くなり、採算が取れない場合は太陽光発電の購入はあきらめたほうがよいかもしれません。

例えば、スペースが狭かったり、設置場所が特殊な形状をしたりしているような場合は、設置できるパネルの枚数も少なくなります。

しかし、パネル枚数が少ないからといって、初期費用も比例して安くなるわけではありません。

パネル代は減るかもしれませんが、パネル以外の設備や工事費用はあまり変わらないからです。

太陽光発電

1kWあたりのシステム費用(1kW発電させるために必要な導入費用)はパネル枚数が少ないほうが高くなります。

実際にかかった費用を何年で回収できるかは設置環境によって変わってきます。

これから太陽光発電を導入する場合は、シミュレーションが可能な施工業者で採算が取れるかを確認しておきましょう。

もっとも、現行の制度では10年間は固定価格で売電し、その後は自家消費で電気代の節約をするといった使い方ができます。

長い目で見るとメリットがデメリットを上回るケースが大半です。

屋根が古すぎて太陽光パネル設置ができない

屋根

太陽光発電を設置する屋根が古い場合は設置ができません。

太陽光発電の施工マニュアルにも設置基準があり、古すぎる屋根には太陽光発電は設置できないことになっております。

例えば、垂木や野地板がない屋根などは設置できません。人が住んでいる家であれば、ほぼ該当はしませんが。

特殊な屋根や設置場所にも対応してもらえる業者は、どうやって探せばいいですか?
イレギュラーな条件、
例えば特殊な屋根の形や難しい設置場所に対応できるかを直接業者に問い合わせるのが一番確実です。

他には、除雪用の急勾配の屋根もあまりにも角度がある場合は設置が出来ない可能性が高いです。

屋根に太陽光発電を設置する

太陽光発電を設置する以前に屋根のリフォームが必要の場合がありますので、必ず設置前には業者の方に相談してみましょう。

太陽光発電の一括見積もりサイトタイナビは、一括見積もりを申し込むタイミングでご要望をお伺いします。

希望するメーカーや条件など、なんでもご自由にご記入ください!

気象条件の影響で発電量が少ない場合

太陽光発電の積雪

地域によっては、雪が多いなどの理由によって年間の発電量が伸びない地域もあります。ただし、発電量が少ないといっても、発電量の多い地域と比べても多少不利になる程度です。

発電量が多い地域のように、初期費用を短期間で回収することは難しいかもしれませんが、10年の売電と自家消費による電気代節約分を考えれば回収は十分に可能です。

日本の詳しい地点別の発電量は、
「NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)のサイトで確認しておきましょう。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

電気をほとんど使用していない場合

電気使用

当たり前ですが、日中は外出しており電気を全く使用していない方や夜も早く寝るような方は太陽光発電を設置する意味がありません。

電気使用量が著しく低い方は、そもそもエコな生活をしている為に自家消費する必要はありません。夜に使用料が多い場合は、蓄電池を入れるメリットはありますが、昼夜問わず電気を使っていない人を設置メリットがありません。

特に、売電単価が低い2024年は売電した経済メリットは低く、自家消費する事が一番の経済メリットとなります。

5年~10年で、家の売却を検討しているような方もやめたほうがいいです。

太陽光発電はとても良いシステムですが、ご自身のライフスタイルや将来設計を考えながら検討しましょう

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

太陽光発電の活用は売電から自家消費へ!購入費用を安く抑えることもポイント

太陽光発電の活用

これからの時代、
太陽光発電は作った電気の「自家消費」がトレンドです。

電気代の値上がりが止まらない昨今では、売電収入のみを考えて太陽光発電を導入するのはやや時代に合っていないといえるかもしれません。

初期費用を早く回収するためには、売電単価を気にするというよりは、むしろ設置時のコストを安くする方法を考えるべきです。

特に電気使用量が多い家庭は、場合によっては3年~5年で元が取れる可能性もあります。

太陽光発電システムはオーダーメイドの為、複数の業者から一度に無料で見積もり依頼ができる当サイトの一括見積もりサービスをご利用ください。

一括見積もりのメリット!

1.無料で5社まで取得可能!複数の見積もりを一括に取得することで、一つ一つの企業に問い合わせる手間が省けます。

2.安心の品質保証!メンテナンスや、アフターフォロー充実の企業のみを紹介するため、長期的に安心してご利用いただけます。

複数の業者を比較する事でメリット・デメリットが解りやすく、施工店、メーカーの特徴も解りやすいからです。

太陽光発電一括見積もり

ポータブル太陽電池よりも家庭用太陽光発電のほうがお得な理由4つ

ポータブル太陽電池

ポータブル太陽電池は、軽量で持ち運びができるコンパクトな太陽光パネルです。発電できる電力量は少ないものの、その分価格も安いので手軽に利用できます。

ポータブル太陽電池と家庭用太陽光発電のどちらを選ぶのかを検討する際には、それぞれの特徴を把握することが大切です。

ここでは、ポータブル太陽電池と家庭用太陽光発電のどちらがお得になるのかを解説します。

結論から言えば、長期的に見たときには家庭用太陽光発電のほうがポータブル太陽電池よりもお得です。

お得な理由を次の4項目にまとめましたので参考にしてください。

理由①節電効果が高い

家庭用太陽光発電の節電効果

ポータブル太陽電池は、短い期間に必要最低限のものを使うための小規模な機器です。

家庭用太陽光発電は、ポータブル太陽電池とは異なり大規模な電力供給を目的としています。そのため、太陽光発電設備からは日常的に家電へ電力供給をすることが可能です。

近年、電気代が高騰していますが、電力会社から購入する電力量を減らすことで電気代を抑えることが可能です。太陽光発電で多くの電力を作ることは効果的な節電につながります。

また、太陽光発電の研究が進んだことで狭いスペースでも多くの発電量が得られるようになりました。これは発電効率が上昇したためで、従来よりも少ないパネル数でより大きな節電効果が期待できるようになっています。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

理由②設置価格が下がり6年以内に元が取れる

家庭用太陽光発電の導入の設置価格下がり

家庭用太陽光発電の導入を検討する際には、初期費用が気になるところです。しかし、各メーカーの努力により、太陽光発電の初期費用は年々安くなっています。

太陽光発電の価格が安くなったことで、初期費用の回収期間は従来よりも短縮できるようになりました。

ポータブル太陽電池は電力会社の送電線にはつながっていないため、売電することもできません。一方、家庭用太陽光発電は、ポータブル太陽電池とは違い売電することも可能です。

太陽光で作った電気を電力会社に売る

太陽光で作った電気を電力会社に売ることができるので、その分の投資回収期間を短縮できます。

また、近年では太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めて自家消費する方法が注目されています。ポータブル太陽電池とは異なり、発電量が多い太陽光発電は蓄電池に余った電気を貯めることも可能です。

家庭ごとのニーズに合わせて売電や自家消費を組み合わせて活用すれば、設置費用を6年以内などの短期間で回収できるでしょう。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

理由③非常用電源として長時間活用できる

停電時

発電量の多い家庭用太陽光発電は、災害などによる停電時の非常用電源としても活用できます。

ポータブル太陽電池も、非常時に携帯電話やタブレット、パソコンなどへの電力供給ができますが、得られる電力量が少ないため、家庭で必要な家電への十分な電力供給はできません。

一方で、太陽光発電の場合は、自然災害や事故などによる停電時に自立運転に切り替えて非常用コンセントを使うことが可能です。

自然災害や事故などに活用できる家庭用太陽光発電

非常時の情報収集に必要なテレビやパソコンなどのほか、照明や冷蔵庫などへの電力供給もできます。

太陽光パネルの枚数や事前の設定などにもよりますが、容量によってはエアコンや電子レンジなどを使うこともでき、便利です。

非常時にも蓄電池と太陽光発電を組み合わせて活用

非常時にも蓄電池と太陽光発電を組み合わせて活用すれば、停電が長期間になっても安心です。

太陽光で作った電気を使い切っても、蓄電池があれば再度貯めておくことができます。発電量の違いからも、ポータブル太陽電池よりも家庭用太陽光発電のほうが非常用電源としておすすめです。

電気代節約、太陽光で始めよう

カンタン30秒!タイナビで5社同時比較

スピード見積もりはこちら

理由④補助金や助成金の制度がある

太陽光発電補助金や助成金の制度

太陽光発電には、多くの自治体が補助金制度を設けています。

申請するための条件や補助金の額は、自治体によって異なるため事前に確認することが必要です。補助金や助成金の制度を活用すれば、初期費用を抑えられるので導入しやすくなります。

太陽光発電単体の場合は、国の補助金制度は廃止されています。ただし、太陽光発電を蓄電池などの関連設備とセットで設置する場合には、複数の補助金が設けられています。

例えば、ZEH補助金は1年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指す「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」に対して交付されるものです。ほかにも「次世代HEMS支援事業」「DR補助金」などがあります。

太陽光発電の補助金を申請するには、補助金ごとに異なる条件などを確認しましょう。
補助金は締め切りの期日までに予定の金額に達した場合は受付を終了する点にも注意が必要です。

補助金の申請は難しい部分が多くありますが、複雑な手続きは業者が決まれば販売店が代理申請してくれるので安心です。

信頼できる業者に依頼するためには、複数の業者の見積りを比べることが大切です。

太陽光発電の信頼できる業者

タイナビの見積りは完全無料なのでお気軽にご利用できます。太陽光発電の設置を検討しているなら、まずは業者ごとの価格を比較するのがおすすめです。

審査済みの優良業者に依頼するなら、豊富な実績の業者が多数登録されているタイナビにご相談ください。

https://www.tainavi.com/library/4558/