電卓

一般的に見ると、毎月の収入から光熱費の割合を減らすことは決して容易ではありません。しかし、電気やガスを使わないようにするのではなく、自家発電で得たエネルギーを利用すれば、光熱費はゼロにできるのです。

光熱費ゼロを実現できれば、自由に使えるお金が増え、貯蓄もできるというメリットがあります。

今回は、光熱費をゼロにする方法について解説していきます。

光熱費をゼロにするにはオール電化への移行が大前提

光熱費をゼロにするには、エネルギーを自ら作り出すことが必須です。しかし、一般的に家庭で作ることができるエネルギーは電気しかありません。

家事にガスを使用すると、光熱費ゼロには決してなりえないのです。そのため、発電による光熱費ゼロを達成している世帯の大部分は、ガスによる給湯や加熱を行っていません。

もちろん、ガスを継続的に使用しているご家庭でも発電をされていた方は過去にも多くいらっしゃったのですが、あくまで光熱費の支出の足しにするという認識のもとに行われていました。

しかし、現在は自宅の光熱はすべて自分で賄う時代に移行してきており、エネルギーの調達方法を考えると、ガスの使用は大きな障害となる訳です。

日常的に使用するエネルギーを電気に限定する【オール電化】を導入することで、自ら発電したエネルギーを家庭内の光熱需要に対して使用できるようになります。

特に、プロパンガスは相対的に電気代よりも高いことも多いので、使用するエネルギーを電気に統一するメリットはかなり大きいです。

光熱費を自家発電によってゼロにする仕組みは?

太陽光発電の一戸建て

また、現在は電気の使用目的も家庭内の家電だけでなく、マイカーやアウトドア機器など活用できる幅が大きく広がっているのです。ここでは、総合的に光熱費をゼロにできるベストな方法をご紹介しましょう。

太陽光パネルは省エネに特化した住宅で効果をあげる!

自家発電方法で最もメジャーなものと言えば、【太陽光パネル】による発電方法です。

昔は導入機器が非常に高額だったので、全体的に見れば一部のご家庭だけが使えるものでした。しかし、近年は太陽光パネルなどの発電機器や、工事費用の低価格化が進んでおり、多くの人が始められる発電方法になりました。

さらに、国が太陽光発電の普及拡大を目的に導入した「固定価格買取制度(FIT制度)」も、多くの家庭が太陽光発電を手にするきっかけをもたらしています。

住宅用の太陽光発電が固定価格買取制度を利用すると、太陽光発電で発電した電気から、使わずに余った分を電力会社に売る(売電)ことができます。売電する時の価格は予め国が定めており、売電価格が維持される期間は10年間と約束されます。

つまり、固定価格買取制度は、太陽光発電を取り付ける費用を回収できる仕組みによって、太陽光発電をたくさんの家につけてもらおうとしているのです。住宅に太陽光発電をつけるときは、この制度を積極的に利用するご家庭がほとんどです。

日陰が多い・屋根が心配な家は風力発電で自家発電

屋根に太陽光が当たりにくい家庭なら、風力発電という方法もあります。風力発電は風がある限り夜も発電できるので、太陽光発電よりも高い効率で発電できるというメリットがあります。

光熱費ゼロのための自家発電で注意すべきポイントは?

電太陽光発電の家

これまで、光熱費ゼロでの生活は自家発電を導入することでスムーズに達成できることをお話してきました。

家庭の中で自家発電を進めていくには、いくつかの注意点があります。そのポイントを大きく2つに分けて説明していきます。

省エネ・断熱の工夫は欠かせない

自家発電による光熱費ゼロを進めるためには、前提があります。それは、【エコ住宅】としての機能を住まいが備えていることです。自家発電できるエネルギー量には限りがあります。家庭内で消費するエネルギー量も、減らしていく工夫が必要なのです。

そこで参考になるのは、エコ住宅の機能性です。できるかぎり、エコ住宅の特徴に近づけるように工夫をしましょう。

エコ住宅の特徴は、次の3つです。

  • 断熱性が高い
  • 室内に光を取り入れやすい
  • 省エネ

エネルギーの多くは空調と照明のために使われますので、外気温の影響をうけない断熱性と、照明がなくても室内を明るくする工夫が求められます。

省エネは、消費電力が少ない家電を選ぶことも大切です。その上で、電気の無駄遣いをなくしていく行動が必要なのです。

蓄電のためのバッテリーは良質なものを選ぶべき!

自然エネルギーを用いた自家発電で生活するには、蓄電池が欠かせません。

蓄電池を使わない自家発電は、電気を作りながら消費するような「流動性」がかなり高いものです。電気が必要な時に使えないリスクが高く、コスト管理も難しいので、ストレスが溜まるものでした。

しかし、近年の蓄電池は機能性が飛躍的に向上したこともあって、発電した電気を【財産】として扱える時代になりつつあります。

発電機器とあわせて使う蓄電池は、良質なものを選ぶことが必要です。自家発電の成否は蓄電池の質にかかっていると言っても過言ではありません。質の悪いバッテリーを使用してしまったために、想像していた発電量が得られなかったと感じる方も多いのです。近年は海外製の蓄電池が低価格化を進めており、安さを最重視される方は特に質の悪い蓄電池に出会いやすくなります。蓄電池を選ぶときは、質とコストをバランスよく見て検討してください。

発電設備の「元」は取りづらいかも…! 設置費用はなるべく安く

太陽光発電の設置費用は高額ですが、電気を売る収入と、電力会社へ支払う電気料金を節約できるので、実質的に「元が取れる」仕組みになっています。

ただし、電力会社に売れるのは、家で使わずに余ってしまった電気だけです。光熱費ゼロを目標にすると、日中に発電した電気を蓄電して夜も使うことになります。電力会社に売れる、余りの電力は出なくなります。そのため、太陽光発電の「元を取る」方法は、電力会社から電気を買わなくなった分の、電気料金の実質的な節約額しか無いのです。

一般的に言われている「太陽光発電で元を取る方法」は、自家発電の電気を売り、夜の電気を電力会社から買うことを想定しています。そのため、自家消費用に太陽光発電を使う場合は、元を取ることが少し難しくなります。そのため、設置費用を可能な限り安くすることで、家計の負担を減らしましょう。