近年、石油・石炭などの化石燃料の代わりとして太陽光発電が注目を集めています。太陽光発電システムのメーカーはいくつかありますが、その一つに長州産業という会社があります。

この記事では、長州産業が提供する太陽光パネルなどの製品の特徴や実績、メリットやデメリットなどを、他のメーカーと比較することも含めて紹介します。

山口県で創業した長州産業

長州産業は、昭和55年に山口県で創業した機器メーカーです。太陽熱温水器の製造・販売から始まり、現在はエコ製品や半導体などの開発まで手掛け、住宅関連機器とハイテク分野の二つが事業の柱としています。

また、製品の製造・販売だけでなくトータルサポートやアフターサービスにも力を入れています。長州産業の太陽光発電機器の製造は、2011年に始まりました。

他の大手メーカーとは違って、太陽光パネルなどの生産を海外メーカーのOEMに頼らず、日本国内で自社生産していることが特徴です。同社の製品は日本国内のみにとどまらず、アセアン諸国や中国、韓国などにも進出しています。

太陽光パネルに関する長州産業の実績

長州産業は、山口県にある本社工場でセルの研究、開発、製造、組み立てといった太陽光パネルの生産に関わる全ての業務を行っています。製造部門と開発部門を同じ場所に置くことで、緊密な連携と高度な品質管理体制を維持しています。

また、太陽光パネルを屋根に設置したことによる雨漏りに対しての保証など、各種の長期保証も提供しています。加えて、同社は太陽光発電パネルの設置とともに、太陽熱温水器を設置することも推奨しています。

長州産業太陽光パネルの代表的な機種・シリーズ

長州産業が製造及び販売を行う太陽光パネルのうち、代表的な機種及びシリーズを紹介します。

現在のところはGシリーズ、単結晶Bシリーズ、HITモジュールの3種類が提供されています。Gシリーズは発電・送電ロスが低い、単結晶Bシリーズはコンパクトである、HITモジュールは発電量が大きいといった特徴があります。

それぞれに長州産業が開発した最先端の技術が取り入れられており、太陽光発電がより効率よく行えるよう設計されています。

長州産業製の太陽光パネルの特徴

長州産業製の太陽光パネルの詳しい特徴をシリーズごとに紹介します。

・Gシリーズ
リアエミッタヘテロ接合構造セルを採用し、セルの種類を複数組み合わせて広域に及ぶ光を電気に変換しています。発電時と送電時の電力ロスを既存の製品に比べ抑えられることが特徴です。

・単結晶Bシリーズ
今までカットされていた波長の太陽光も透過するパネルを使用しており、軽量かつコンパクトでありながら大出力の発電を実現します。発電効率が良いのでコストパフォーマンスも高いです。

・HITモジュール
HIT太陽電池自体はパナソニックからのOEM製品となっています。結晶系基板とp型及びn型アモルファスシリコン層の間にi型アモルファスシリコンを形成しています。三田ハイブリット構造により電荷消滅を低減します。

長州産業製太陽光パネルのメリット・デメリット

ここまで、長州産業が取り扱う代表的な太陽光パネルの機種やシリーズ、及び特徴を紹介してきました。次は、それらの特徴を踏まえた上で、長州産業製の太陽光パネルを利用することのメリットとデメリットを紹介します。

長州産業製太陽光パネルのメリット

長州産業製太陽光パネルを利用するメリットはいくつかあります。まずは、長州産業では太陽光パネルを全て日本国内で製造しているので安心感がもてることです。

具体的には、本社工場敷地内で太陽光パネルの開発から組み立てまでを行なっており、高い品質の製品を生産しています。高度な自動生産ラインを用いて製造をしているため、高品質と低コストを両立させています。

長州産業製太陽光パネルのデメリット

長州産業製太陽光パネルにはメリットがある一方、デメリットも存在します。一つ目のデメリットは、太陽光パネルのモジュールが比較的大きいため、屋根の面積が小さい場合は設置するのが難しいことです。ただし、単結晶Bシリーズのようにコンパクトな製品もあります。

二つ目のデメリットは、長州産業星の太陽光パネルを取り扱う施工業者には価格を提示していない業者も多く、相場を掴みにくいことです。施工現場には長州産業の認定を受けた責任者が立ち会うなど、施工の品質自体は高いものであるようですが、料金に関しては分かりにくいこともあるようです。

長州産業製太陽光パネルの価格相場

長州産業製太陽光パネルのおおよその価格帯を紹介します。それぞれの太陽光パネルの価格はサイズや出力数、出力効率などによって異なってきます。まずはGシリーズです。長州産業の中では新しい製品であるためか、価格は比較的高めのようです。相場は17万~20万円台となっています。

次に単結晶Bシリーズです。基本の大きさのモジュールは、相場が14万円代です。それよりも出力が小さい台形モジュールやハーフモジュールは、価格も低くなっています。

最後に、HITモジュールです。この製品はパナソニックからOEM提供を受けているためか、同じ出力数の単結晶Bシリーズよりも1万円ほど安い13万円代が相場のようです。

長州産業製太陽光パネルの保証内容

先にも少し触れましたが、長州産業太陽光パネルは保証内容も充実しています。保証の種類はいくつかあります。

・モジュール出力25年保証
モジュールの出力が25年間にわたって保証されます。電力会社との電力需給開始日から10年間は出力が81%未満となった場合、11年目からの15年間は出力が72%未満になった場合に保証が適用されます。

・構成機器15年保証
パワーコンディショナーや延長ケーブルなどの構成機器に不具合に対しての保証です。

・雨漏り保証を含む施工保証
施工上の問題が起きた時の保証です。少なくとも10年間の保証となっています。

上記の保証制度を利用する場合には、同社が認定した施工認定店による施工が必須となっています。

長州産業製太陽光パネルの評判や口コミ

長州産業の太陽光パネルに対する評判や口コミを紹介します。

・自宅に太陽光パネルをする際、長州産業を選んだのはパネルが軽かったからです。パネルが軽くコンパクトであると、設置の幅が広がって良いです。

・他の大手メーカーほどは知名度や実績がなく多少不安でしたが、保証内容が充実しているので今は安心して使用できています。

・3年ほど前に長州産業の太陽光パネルを設置しました。大手メーカーより価格が安いのに、太陽光パネルの品質や保証の点では遜色がないところが良いです。

・実際に自分の家の太陽光パネルはよく発電できていて、年間の電気代も以前の半額以下になりました。売電でも利益が上がっています。

品質に自信のある長州産業製太陽光パネル!タイナビで一括見積りしよう

ここまで記してきたように、エコ製品の製造から始まった長州産業は、自社生産と高品質な製品にこだわっています。そのような長州産業の太陽光パネルの特徴などを主にこの記事では紹介してきました。しかし、この記事を読んだだけでは最初から長州産業一社のみに決めることはできず、複数のメーカーを比較したいという方もいるでしょう。

そのような場合は一括見積もりがおすすめです。住宅用太陽光発電ならタイナビへ、産業用太陽光発電ならタイナビNEXTへ一括見積りを依頼してはいかがでしょうか。

10kW未満の住宅用太陽光発電の一括見積りは「タイナビ」
10kW以上の産業用太陽光発電の一括見積りは「タイナビNEXT」

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

海外主要メーカー