ページトップ

太陽光発電の仕組み・基礎知識

太陽光発電に関するよくあるご質問〜FAQ〜

公開日:2015年6月2日

太陽光発電を導入するメリットはなんですか?

太陽光発電やオール電化を導入することで、現在お使いの電気代・ガス代を安く抑えられることから、7~13年の長期的な期間で見ると導入するメリットをご納得いただけるはずです。(ご家庭の電気使用状況などにより、初期費用を回収できる期間が異なります。ご依頼なされた導入会社にシミュレーションを依頼されることを推奨いたします。)

太陽光発電システムとオール電化の2つを導入するメリットは何ですか?

オール電化を導入することでガス代(基本料金+使用量料金)がかかりません。当然、その分の電気代が増えますが、太陽光発電システムを導入することで電気代を削減することが可能となります。結果、光熱費の削減へとつながります。

オール電化、エコキュートを導入するメリットは何ですか?

全部で八つのメリットがございます。

a)地球に優しい
オゾン層の破壊に繋がるフロン系冷房を使用せずに、地球環境に優しいCO2冷房を使います。さらに、高効率なので温暖化の原因となるCO2の排出量を大幅削減につながります。

b)省エネ効果
エコキュートは従来の燃焼式給湯器と比べ、約30%のエネルギーを削減出来ます。

c)火災リスクの軽減
炊事・給湯・冷暖房に火を使わないため、火災のリスクがかなり軽減されます。
また、IHクッキングヒーターの多くには、きり忘れ防止や空炊き自動オフなどの安全機能が備わっています。

d)災害の時、電気は復旧が早い
過去の震災では、電気は7日で復旧したのに比べ、都市ガスは完全復旧まで約80日もかかっています。

e)光熱費の削減
光熱費を全て電気でまかなうため光熱費を一本化することができ、結果として光熱費を削減することが出来ます。

f)火災保険の特別割引
オール電化住宅は、火災のリスクが低いことから、火災保険の特別割引(3~10%)の対象となる場合があります。

g)全電化住宅割引
オール電化住宅には、電気料金の割引対象となる場合があります。
詳しくはご契約中の各電力会社にお問合せ下さい。

h)導入補助金制度
『太陽光発電システム』を導入するにあたり、経済産業省が補助金制度を設けています。

・地方自治体の太陽光発電システム補助金制度について(http://www.jpea.gr.jp/j-pec/

停電した場合も、電気は使えますか?

停電時には、パワーコンディショナーの設定を自立運転に切り替える事で電気を使う事が出来ますが、自立運転で使用する場合、一定の制限があります。 ※メーカーや機種によって異なります。

○自立運転時は売電はできません。

○自立運転時は非常用コンセントから最大で1.5kW(1,500W)の電力が使用できます。
※1.5kWを超える発電をしても使用できる電力は最大で1.5kWまでとなります。

○停電時は発電していても(自立運転に切り替えても)家庭内のコンセントは使用できません。

購入後に、どのぐらいで使えるのですか?

メーカーの商品によりますが、入荷するまでに約1カ月程度の期間を要し、その後の設置となります。

どのメーカーがお勧めですか?

メーカーにより発電のしくみや発電量そのものが異なります。お住まいのご状況などにより最適なメーカーが異なりますので、当サイトより見積もり依頼する会社に詳しくお伺いください。

住宅用太陽光発電に対する地方自治体の支援はいくらぐらいでしょうか?

お住まいの地域によって補助金・助成金が異なりますので、下記のサイトよりご確認ください。
http://www.jpea.gr.jp/j-pec/

太陽電池はモジュールの寿命は?

太陽電池モジュールの寿命は20年~30年ですが、壊れた場合にはモジュールを交換することで元通りに発電することができます。その他にも、太陽光発電システムの部品であるパワーコンディショナーの寿命は約15年、その他の機器も20年ほどの耐久年数です。また、IHクッキングヒーターが約7~10年程度、エコキュートの設計寿命は約10年とされています。

太陽光発電システムは地震対策されていますか?

取り付ける住居が、建築基準法に基づいてたてられている建物であれば問題はありません。更に、太陽光発電システムは振動試験やねじれ試験などの信頼性試験に基づいて開発されており、十分な地震対策がなされています。

発電量は何よって変わるのでしょうか?

a)日々の天候によって発電量が異なります。

<晴れ>太陽光パネルにあたる日射の強度に比例して発電します。
朝からお昼過ぎにかけて発電量が増加し、夕方、夜となると減少します。
<曇り>曇りの状況にもよりますが、日中でも発電量の変化が大きくなります。
<雨>雨天の場合でも、明るさによっては発電します。
しかし、一日を通じて電気会社からの購入量が最も多くなります。

b)地域・季節により“最適傾斜角”が異なり、発電量が異なります。

太陽光発電システムの工事期間はどのぐらいでしょうか?

平均約1~2日で取付工事は終了します。その後電力会社との手続きが終了すれば、発電開始をできます。

一括見積もりの重要性は?

太陽光発電導入の費用は見積もりを依頼する会社により大きく異なり、中には悪質な訪問販売業者も存在します。太陽光発電の正しい知識と導入実績を持った会社を見極めるためにも、複数の会社に対して一括見積もりをとることは重要です。

太陽光発電システムはどのような方が導入しているのですか?

過去は環境保全などに興味ある方の購入が大半でしたが、現在は経済的メリットから太陽光発電を導入する方が圧倒的に多いのが事実です。経済的メリットとは、
・地方自治体から支援金を得ることができる。
・オール電化との組み合わせ等により、ガス料金を払わなくてよい。
・発電した電気を電力会社に売ることができる。

メンテナンスの必要性に関して

お使いのメーカーにより保証制度が異なります。導入依頼をした会社とのご相談の上、定期的なメンテナンスを推奨いたします。

雨天でも発電しますか?

天候が雨・曇りの場合は著しく発電量が下がります。ただ、不足分は電力会社より提供され、電気が使用できなくなるということはありませんのでご安心ください。

太陽光発電システムで発電した電気は売ることができますか?

家庭で使用する量以上に発電された場合は、その過剰分を電力会社に売ることができます。

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択