太陽光発電で損しないために 失敗しない対策と後悔パターンとは

太陽光発電で家庭内の電気をまかなって、さらに余った分は売って儲けて…。夢が広がる話ですよね。もちろん本当にその通りになることも多いのですが、設置状況や契約のしかたによっては後悔してしまうような事態になるリスクもあります。

住宅用太陽光発電を選ぶときにどんな失敗が起こってしまうのか、それを回避するにはどうすればよいかを解説します。

発電量についての後悔

太陽光パネル北向き

太陽光発電を契約する前には、販売会社の人に見積もりをとってもらいます。このとき、あなたの家ではどれくらい発電量があって、どれほど電気代を節約できるか、売電収入はどれくらいかというシミュレーションも行います。

発電量のシミュレーションシステムはこの10年間でとても進化しており、確度の高い数値をだせるようになっています。しかし、最適でない設置方法をしてしまえば、理想的な発電量を得ることはできなくなってしまいます。

太陽光発電の発電量が足りなければ電力会社から買う電気の量が増えますので、「電気代を節約できると思ったのに」と感じてしまう方もいるようです。

たとえば太陽光パネルの向きが北向きであると、日光がしっかりと当たる時間が短くなるぶん発電量が下がってしまいます。太陽光発電を前提とした新築でしたら、太陽光パネルに日光が当たりやすい土地を選ぶようにしましょう。

また、設置したパネルの種類によっても発電量は変わります。販売業者によって異なる機種・メーカーのパネルを使用しますので、同じ家を見積もりしても発電量には差が出ます。

太陽光発電を設置するときは、3社以上の見積もりを取って見比べてください。営業の姿勢やシステムの組み合わせで発電量に差が出ることが実感できるはずです。

価格に関する後悔

太陽光発電価格

太陽光発電は、相場とかけ離れた価格で買うと後悔することが多いので注意が必要です。高過ぎるのも後悔の原因になりますが、実は安過ぎる場合にも思わぬリスクが潜んでいます。どのような商品の価格にも相場があり、価格と品質は比例しているからです。太陽光発電も同じように、相場から大きく外れた価格には十分注意しなければなりません。

太陽光発電の費用相場、あなたにとって最適な価格を知るには相見積もりがおすすめです。発電シミュレーションの根拠が適切であるかを確認し、1kWあたりの価格を比較して、メンテナンス費用も含まれているかなども比較検討すると良いでしょう。さらに、実績のある信頼できる施工業者なのか、アフターフォローは万全かなどもチェックすることをおすすめします。

元を取るまでのコスト

太陽光発電の設置コストを回収するまでの期間は10年が目安です。当初の予想発電量よりも多く発電すれば、10年より早く初期投資金額を回収することもできるでしょう。太陽光パネルには保証期間がありますので、10年間は自然故障などのトラブルに耐えられます。

ところが、その後に修理が必要になってしまうと計画が崩れてしまいます。

そうなってくると「こんなにコストがかかるなら辞めておけばよかった」と思ってしまうのも仕方ないかも知れません。この辺りの問題は、リスクや追加費用の可能性について業者に説明を求めておくと、不測の事態による後悔を避けられます。

気づいたら高額になっている工事費

悪い業者

お得であることをアピールされて工事に踏み切ったのに屋根の状態が良くない、あの機器もつけたほうが良いなどとあれこれ理由を付けて追加の工事費を取ろうとする業者がいます。

そんな業者に限って工事の技術もよくなかったり、手抜き工事をしたりというパターンが多いのもやっかいなところです。

話の雰囲気に流されてしまい、気づいたら他社よりも高い料金になってしまって「勢いで工事するんじゃなかった」と後悔したという声も上がっています。設備追加の提案にはすぐにOKをださず、本当に必要かを考える時間をとるようにしてください。

屋根の葺き替え時に必要な作業とコスト

太陽光パネルを設置

屋根も時間が経てばメンテナンスが必要になります。太陽光パネルを屋根に設置するのでしたら、屋根のメンテナンスについても確認しておいてください。

太陽光パネルを設置したあとに屋根をメンテナンスするとなれば、全て外して再び設置するという作業が発生します。料金もそれだけ高くなります。

10年に1度くらいの作業とはいえ、付けて外してを繰り返さなければいけないこと、また都度料金が発生することに「こんなはずでは」と後悔をする方もいらっしゃいます。

しかし、屋根を設置するときなら屋根材と一体型のパネルを設置するなどの対策もあります。将来のメンテナンスも一緒に考えてくれるしっかりした業者に依頼すれば、こうした不慮の事態は防げます。

新築の間取りで後悔

太陽光パネルを設置して、より多くの電力が得られる屋根の形や方角はある程度決まってきます。

一般的に新築住宅で多い屋根の形は切妻屋根や寄棟屋根、片流れ屋根です。この中でもっとも多くパネルが載り、より多くの発電量が期待できるのは南向きの片流れの屋根です。

太陽光発電を優先して屋根を決めると、間取りに影響する可能性もあります。こだわりをもって家を建てるときは、間取りの理想と太陽光発電に折り合いをつけることになるかもしれません。

メンテナンス費用を確認せずに後悔

太陽光発電システムには定期的なメンテナンスが必要なので、設置するときは手入れの費用も計画に入れてください。

メンテナンス費用は、設置する太陽光発電の規模や年数などから予算を算出できます。また、4年に1回程度の定期点検の費用や、パワーコンディショナーの交換費用などの予算も用意しておくと良いでしょう。

メンテナンス費用に詳しい専門業者に依頼して、費用を把握しておくと安心です。メンテナンス費用を加えたシミュレーション収支してから、新築住宅に太陽光発電を設置すれば後悔することもないでしょう。

新築時に太陽光発電を設置して後悔した

太陽光発電を設置

住宅を新築する際に太陽光発電を導入する場合、重要ポイントを知らないと後悔することもあります。既に建築してある住宅と新築で大きく異なるのが、住宅ローンや屋根の形状についてです。住宅によって気をつけるべき、太陽光発電の注意点をご紹介します。

ここでは、新築時に太陽光発電を設置するときに後悔しやすいケースと回避する方法を説明します。

お金に関する問題を回避する方法

回避法①上手にローンを利用する

住宅ローン

既存住宅とは違い新築で太陽光発電を設置するときには、導入費用を住宅ローンに組み込むこともできます。住宅ローンの返済額に少し上乗せすれば太陽光発電を設置できるのがメリットです。

ただし、太陽光発電の分を住宅ローンに加えると借入限度額を超えてしまうケースでは、太陽光発電をあきらめざるを得ないこともあるでしょう。発電設備を小さくするなど、借入限度内で住宅ローンに組み込むのが安全な回避法です。

住宅ローンに組み込めなかった場合、ソーラーローンを利用すれば新築住宅でも太陽光発電が設置できます。住宅ローンよりも負担は増えますが、まとまった資金がない場合は利用を検討するのも一つの方法です。

回避法②初期費用を0円にする

太陽光発電PPA仕組み

住宅の新築時に住宅ローン以外には負債を抱えたくない場合は、太陽光発電の設置をあきらめてしまうこともあるでしょう。しかし、時が経つごとに「あのとき導入していればよかった」と後悔することにもなりかねません。住宅ローンの借入限度を超えてしまった場合にも共通する回避法として、初期費用0円で太陽光発電を設置する方法もあります。

屋根貸し、0円ソーラーなどとも言われる、無料で太陽光発電を設置できるサービス「PPA」です。実費で導入した太陽光発電に比べれば経済的なメリットは落ちますが、ローンを使わないうえに初期費用がかからないので検討する余地はあります。

PPAについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

https://www.tainavi.com/library/4236/

回避法③屋根の形に配慮する

屋根に太陽光発電

住宅を新築して後から太陽光発電を設置する場合は、屋根の形状に配慮しておかないと後悔することもあります。設計する人が太陽光発電についての知識が少ないと、住宅が完成してから屋根に太陽光パネルが載らないという事態になりかねません。

太陽光パネルの形は長方形が基本なので、おしゃれな三角形などのデザイン屋根には効率的に載せられません。設計の段階で太陽光発電のプロに相談してアドバイスを得ておけば、新築住宅に太陽光発電を効率的に設置できないリスクを回避できるでしょう。

回避法④電力使用量を可視化する 

HEMS(ヘムス)は「ホーム・エネルギー・マネジメントシステム」の略で、住宅の電気の使用状況を可視化するものです。電気を使っている場所や使用量などがリアルタイムでチェックでき、一般的に15~25万円程度で購入可能です。太陽光発電や蓄電池の補助金を受けるためにHEMSが必須というパターンが多いので、必ず確認してください。

電力使用量を見える化することで、無駄な電気を使っていないかをすぐにチェックできるため、電力への関心が高まり節約意識が生まれるメリットもあります。結果的に電力使用量を抑えられて、電気料金が安くなるでしょう。

新築時に太陽光発電と蓄電池を一緒につけて後悔した

結論から言えば、新築住宅に太陽光発電を設置するなら、蓄電池も併せて設置することをおすすめします。ただし、蓄電池で後悔するケースと成功するケースがあることを前もって確認しておきましょう。

太陽光発電と蓄電池

本来は蓄電池と太陽光発電を一緒につける方がお得

新築住宅に太陽光発電を設置するなら、蓄電池も一緒につけるとよりお得になります。太陽光発電がなくて蓄電池だけを購入する場合は、停電時に貯めていた電気を使うことができて便利です。

しかし、蓄電池の電気を使いきってしまうと、その後は電気が使えなくなる点はデメリットでしょう。太陽光発電があれば、蓄電池に貯めた分を消費した後も太陽光発電で電気を作ることができます。何度でも繰り返し充電と放電が可能になるのが、蓄電池と太陽光発電の組み合わせの特徴でありメリットです。

蓄電池で後悔するケースと対策は?

後悔するケースと対策1:メリットのない料金プランに入っている

オール電化の住宅に多い深夜電力が安いプランの場合、蓄電池に深夜の安い電力を貯めておき、日中に使うと電気代がお得になります。最も基本的な従量電灯プランでは、このようなメリットは得られません。

新築住宅に太陽光発電と蓄電池を導入するなら、電気料金プランも確認しておくことをおすすめします。

後悔するケースと対策2:蓄電池の活用シーンを十分に把握していない

蓄電池は太陽光発電との相性が良く、太陽光発電で作った電気を貯めて非常時に使うことができます。また、蓄電池は電気を自家消費する取り組みには欠かせません。しかし、費用ばかりを考えてしまう場合は、初期費用がかかったことをデメリットに感じて後悔することもあるでしょう。

昨今の災害の教訓や自家消費の流れなどをもとに、蓄電池のメリットを十分に把握してから導入するのがおすすめです。

https://www.tainavi-battery.com/library/734/
https://www.tainavi-battery.com/library/839/

後悔するケースと対策3:専門知識や実績の少ない業者から購入する

専門業者

蓄電池に注目度が高まっている昨今では、新たに蓄電池産業へ参入する企業も増えています。蓄電池は太陽光発電と連携する必要があるため、太陽光発電の専門知識が必要です。

蓄電池は従来の単機能タイプに加えて、太陽光発電とのセット使いに最適なハイブリッドタイプが展開されています。知識や実績が少ない業者に依頼すると発電量が減るリスクもあるため、太陽光発電と蓄電池どちらも詳しい専門業者に依頼するのがおすすめです。

業者選びに失敗すると起こるトラブル

業者選び

業者選びを間違えて悪徳業者に依頼すると、あとから雨漏りが発生するなどのずさんな工事をされて後悔する羽目になります。

専門知識を有する施工業者であれば、屋根の状態や種類に応じた適切な放水工事などをしてくれます。しかし、実績が十分でない場合や知識のない業者の場合は、対策がおろそかになって雨漏りなどの不具合につながるので要注意です。

雨漏りがあると、建材が腐食するばかりかシロアリ被害など住宅にとっての大きなトラブルにもつながりかねません。依頼後のトラブルで後悔しないために、実績や工事の方針についても確認して信頼できる業者を選びましょう。

音と光で近隣からクレーム

太陽光発電クレーム

太陽光発電を設置後に近隣からのクレームがあり後悔するケースもあります。太陽光パネルの反射光トラブルは、施工業者の載せ方がずさんである場合や、基本的な知識がない業者が載せる方角を誤ったなどが主な理由です。

たとえば北側にパネルを設置すると、北側にある住宅が南に向けて開けている窓に太陽光が反射してしまいます。本来、太陽光パネルは北側を避けて発電量の多い南側を中心に設置するものです。パネルをたくさん売りたいがために、家庭のリスクを度外視するような提案をするような業者は悪質です。

また、パワーコンディショナーの稼働音にクレームがつく場合もあります。屋外に設置するときには、隣の住宅の間取りなどを調査して寝室のそばを避けるなどの配慮も必要です。こうした反射光や音のトラブルを回避するには、専門知識と実績を持つ施工業者に依頼すると良いでしょう。

設置後のアフターフォローが雑

太陽光発電アフターフォロー

設置後何かトラブルがあれば、ちゃんとした業者であれば10年に渡りしっかりと対応してくれます。

発電量が少ないかも?といった不安を抱いて連絡した場合、優良な業者であればまずは状態を見に来てくれて、それが工事自体の問題であれば直しますし、パネルの補償対象の内容であれば無償でメーカーから材料を仕入れて交換まで行ってくれます。

しかし中には「調子が悪いのに忙しいと言って見に来てくれない!」なんて声もあります。確かに素人目から見たら、何故調子が悪いのか?どんな原因なのか?というのはわかりません。こういったことが重なると、最初に言っていた事と違うと不満と不安に繋がります。

https://www.tainavi.com/library/4460/
https://www.tainavi.com/library/4558/

後悔しない太陽光発電の選び方

新築住宅に太陽光発電を設置する際に、依頼した建設会社と連携している太陽光発電メーカーを指定してくるケースもあります。この場合は言われるままに太陽光発電を設置するのではなく、指定されたメーカーについて調べてから依頼するようにしましょう。

故障率が高いなど気になる点が1つでもあるなら、住宅が完成してから太陽光発電を設置するのがおすすめです。手間のかからない一括見積りで、複数の太陽光発電を比較して選ぶのが成功のポイントです。

必ず3社以上から見積もりを取る事で全ての問題は解消出来ます!

太陽光発電設置一括見積り

これらの「後悔の原因」は、元を辿れば結局は業者の説明不足であったり、知識不足、技術不足であることがほとんどです。

安いって言われたから、沢山発電できるって言われたから、と設置に踏み切る気持ちもおかしなものではありません。

業者がマイナス面やメンテナンスについてしっかりと事前説明していれば、設置をしない選択肢も生まれますが、そこを知らなければそれは仕方のないことです。

上手いことばかり言う業者に頼らず、必ず数社から見積もりを取って下さい。