聞いていたより発電量が少なかった

太陽光発電で家庭内の電気をまかなって、さらに余った分は売って…。

セールスマンの説明を聞くとどうしても夢は膨らんでいきます。
もちろん本当にその通りになる事がほとんどですが、パネルの設置状況によってはそうならないことも当然考えられます。
 
例えば屋根の向きが北向きであると、日が当たる時間が短くなる分発電量が下がってしまいます。設置したパネルの種類によっても発電量は変わりますので、最初に聞いていたより発電量が少なくてがっかりしたという声も少なくありません。
 
もしも太陽光発電による電気の量が足りなければ電力会社から買う必要があるので、「せっかく節約になると思ったのに」と感じる方もいるようです。

償却までのコストの問題

太陽光パネルの設置にかかった全体的なコストを、発電した電力で償却するまでには10年の時間が必要だとされています。当初の予想発電量よりも多く発電する場合も多く、10年より早く初期投資金額を回収することもできるでしょう。
 
ただやはり10年というのは長い時間です。
さらに太陽光パネルには保証期間があり、万が一その後に修理が必要になってしまったらさらに投資額金額は大きくなります。
そうなってくるとコストの面を考え「こんなに時間がかかるなら辞めておけばよかった」と思ってしまうのも仕方ないのかも知れませんね。
 
この辺りの問題は業者が事前にしっかり説明していなかったことから、後々の後悔に繋がることもあります。

屋根の葺き替え時に必要な作業

太陽光パネルは基本的に屋根に設置するものです。ですが屋根も外壁の1つに変わりないので、時間が経てばメンテナンスが必要になります。
パネルを設置した場合、屋根のメンテナンス度に全て外してまた設置してという作業が発生し、当然その料金も必要です。
 
10年に1度の作業とはいえ、付けて外してを繰り返さなければいけないこと、また都度料金が発生することに「こんなはずでは」と後悔をする方もいらっしゃいます。しかし最初に屋根と一体型のパネルを設置したりと対策もありますので、しっかりした業者に相談、施工してもらえば随分解消できる問題だとも言えるでしょう。

気づいたら高額になっている工事費

お得であることをアピールされ工事に踏み切ったのに、屋根の状態が良くない、この機器もあの機器もと、あれこれ理由を付けて追加の工事費を取ろうとする業者がいます。そんな業者に限って工事の技術もよくなかったり、手抜き工事をしたりというパターンが多いのもやっかいなところです。
 
言われたことを信じてしまい、気づいたら他社にお願いするよりも高い料金になってしまい、「勢いで工事するんじゃなかった」と後悔したという意見も上がっています。

設置後のアフターフォローが雑

設置後何かトラブルがあれば、ちゃんとした業者であれば10年に渡りしっかりと対応してくれます。発電量が少ないな?などの不安で連絡した場合、優良な業者であればまずは状態を見に来てくれて、それが工事自体の問題であれば直しますし、パネルの補償対象の内容であれば無償でメーカーから材料を仕入れて交換まで行ってくれます。
 
しかし中には「調子が悪いのに忙しいと言って見に来てくれない!」なんていう声もあります。確かに素人目から見たら、何故調子が悪いのか?どんな原因なのか?というのはわかりません。こういったことが重なると、最初に言っていた事と違うと不満と不安に繋がります。

必ず3社以上から見積もりを取る事で全ての問題は解消出来ます!

これらの「後悔の原因」は、元を辿れば結局は業者の説明不足であったり、知識不足、技術不足であることがほとんどです。
 
安いって言われたから、沢山発電できるって言われたから、と設置に踏み切る気持ちもおかしなものではありません。業者がマイナス面やメンテナンスについてしっかりと事前説明していれば、設置をしない選択肢も生まれますが、そこを知らなければそれは仕方のないことです。
 
上手いことばかり言う業者に頼らず、必ず数社から見積もりを取って下さい。