太陽光発電の初期費用の内訳をわかりやすく!

太陽光発電を初めて導入するときに不安なことは、やはり初期費用がいくら掛かるのかということでしょう。そこで太陽光発電導入時の初期費用について、詳しく説明させていただきます。まずは内訳を詳しく調べる前に、総額でいくらぐらいが平均的な価格であるのかを知っておく必要があります。平均金額よりも著しく高い場合、逆に著しく安い場合には注意しましょう。一般住宅3.5kWの平均的な価格は、大体120万円〜170万円前後です。
 
設置業者やメーカーなどによっても多少金額は変わりますが、平均金額を目安にしておくと、ある程度業者を絞り込むことができます。ある程度業者を絞り込んだら、今度は内訳について調べてみましょう。

太陽光発電システム

太陽光発電のシステム導入にかかる費用は、太陽光パネルが大体1枚あたり4万円から5万円前後です。枚数が多くなればその分料金も高くなります。

パワーコンディショナー

そしてパワコンと呼ばれるパワーコンディショナーが、大体10万円から13万円ぐらいです。

接続ユニット、昇圧ユニット、その他

接続ユニットが2万円から3万円前後、昇圧ユニットも同じような価格です。ただし、昇圧ユニットの場合には、取り付ける場所によって不要の場合あるので、不要なときには当然料金はかかりません。これらの装置を接続するために必要なのが、接続ケーブルや工事金具になるのですが、接続ケーブルは8千円から1万円前後かかり、ケーブルの数によって料金は変わります。工事金具は15万円前後かかりますが、メーカーによって料金は疎らです。

モニター

モニターが5万円から7万円ぐらいになっているのですが、あくまでこれらの内訳は平均的な価格なので、設置する場所やメーカー、業者によってある程度変わってしまうことを覚えておきましょう。設置が完了すれば、後は売電によって収入を得ることもできますのでどれだけ節約出来るかが楽しみな部分ですね。

工事にかかる初期費用

太陽光発電を導入するのにかかる初期費用には、工事の費用も含まれています。太陽光発電システムの機器を購入する費用以外に、工事の費用が別に掛かります。工事の費用は大きく分けて2つありますが、それは設置工事と電気工事です。設置工事は太陽光発電に必要な機器を取り付ける工事で、電機工事は取り付けた機器をつなぐための工事になります。いずれも10万円前後かかるので、工事に必要な費用は合計20万円前後かかると思ってよいでしょう。
 
ここで注意しておいて頂きたいのは、太陽光発電に必要な機器を購入する料金と、工事の料金を一緒に提示している場合と、別々に提示している場合があるという点です。別々に提示している場合には、別途工事費用が必要で、工事費用はこれだけになるという内訳を提示している見積もりが必須となります。一緒に提示している場合にも、工事費用を含むなどと書かれている場合であればよいのですが、中には曖昧な提示をしていることもあるので、必ず見積書をチェックして、工事費用についてもきちんと説明してくれる業者を選びましょう。

ローンでの支払いも可能

初期費用が100万円を超えるのが一般的な太陽光発電ですが、補助金が出る地域にいてもかなりの金額が必要になります。そのため、ローンで支払いされる方が大半となります。ローンで支払う場合は、金利や毎月の支払額についてもきちんと計算しておきましょう。ただし売電によって得た収入については別々に計算しておくべきです。このようにシミュレーションをしておくことで、ソーラーローンを返済しながらご自分のソーラーシステムがメリットがいくらあるのかがわかりやすくなります。
 
ローンで支払う場合の金利は販売店の信用によって違いますが、一般的に2%〜4%の間です。
 
ローンを利用するにせよ、一括で購入するにせよ、重要な事は太陽光発電システムを導入する費用と、その内訳をしっかりチェックすること、そしてそのシステムを導入する事でどれだけのメリットを受ける事が出来そうか(シュミレーション)、これを総合的に判断する事が必要になってきます。必ず複数の販売店のアドバイスを受ける様にしましょう。