住宅用太陽光発電の見積もり

太陽光発電を考えるときに気になるのは、価格でしょう。ソーラーパネルなどの機材に、設置工事にかかる費用など、販売会社によって差があるのです。

しかし、太陽光発電の費用を左右する要素は多岐にわたるため、見積もりが適正かを判断するのは難しいことです。それでも見積り額を見抜かなければ、売電収入と節約額で設置費用の元を取ることが困難になってしまいます。

ここでは、太陽光発電の見積りをチェックするために必要な知識を解説していきます。注意すべきポイントや、業者の選び方も学べるでしょう。

本当にお得?太陽光発電の見積もりの見方

太陽光発電で元を取るには設置費用を抑えなければなりませんが、見積りが安ければ良いというものではありません。見積りで提示された金額には何が含まれているのか、発電量はどれくらいかなど、確認すべき点は多くあります。

はじめに、太陽光発電の見積りが適正かを判断するための見方を説明していきましょう。

トータルの費用に注目する

太陽光発電は、設置場所の状況や環境により設計から変えなければなりません。屋根ごとにオーダーメイドで設計されるため、太陽光発電の設置費用は一般化が難しく、判断が難しくなる要因といえるでしょう。

見積り額が適正なのかを判断するポイントの1つは、機器代金や工事費、諸費用を合計した金額を見ることです。ソーラーパネルの安さをアピールした広告も多いのですが、工事費や諸費用を含めると得とはいえないケースが見られるためです。

見積り費用の比較では、パネルの価格だけでなく補償やアフターフォローなどのサービスも確認することをおすすめします。

発電量と価格のバランスをみる

太陽光発電は価格が安ければ得というわけではありません。発電量も合わせて見ることが重要です。

例えばソーラーパネルは海外メーカーの方が安く、空き地を広く使う太陽光発電所に適した大きさが一般的です。国内メーカーは基本的に狭い屋根にパネルを敷き詰めることに向いています。高額ですが発電量が多く、多彩なサイズ展開をしているケースもあります。

一見、価格が安いように見える見積もりもありますが、初期費用が高くても結果的に発電量の高いほうがお得になることもあります。

太陽光発電に求められるのは、希望の用途に届く発電量に見合う価格です。見積り費用を比較するときは、費用のみを比較するのではなく、発電量や月々の電気代の節約効果、売電で得られる収入を絡めてシミュレーションしてもらうといいでしょう。

ローンと設置費用のバランス、投資した費用はどれくらいの期間で回収できるのかについても検討しておくと、安心して運用できます。

太陽光発電の見積もりでよくあるトラブルと解決策

太陽光発電の見積もりトラブル

太陽光発電の契約にはトラブルもあるので注意しなければなりません。トラブルを予防するためにはどうすればよいのか、確認する方法も併せて説明していきます。

訪問販売のトラブルが多い

消費者生活センターによれば、太陽光発電の訪問販売に関する相談が依然として多いです。実際とは異なる説明や、一部を強調してお得感をあおるケースも報告されているので注意しなければなりません。

訪問販売で提示される見積りでは、以下のようなトラブルが多くなっています。

  • 提示された見積りが相場より高いことを知らずに契約した
  • 高額な見積り額であるにもかかわらず、相場より安いと説明された
  • 見積りがセット価格になっていて内訳がわからないまま契約した
  • 見積書の金額が適正なのか判断できないまま契約を急かされた

こういったトラブルは、1社の見積もりしか見ずに決断してしまうことが大きな問題です。一方的な訪問販売や電話営業を警戒して、自分のペースで見積もりについて検討できる状況を作りましょう。ここからは、そのための方法をご紹介します。

太陽光発電の契約トラブルは見積もり段階で避けられる

太陽光発電の設置でトラブルに遭わないためには、まず、複数の業者から見積りをとることです。複数の業者から得た見積りで、太陽光発電の価格や採用する製品の性能、サービス内容などを比較するといいでしょう。

特に、施工時のサービス・稼働後のサービス内容については、販売業者に詳しく確認しておきたいところです。

また、発電量については各メーカーの公式ホームページでシミュレーションできるケースがあります。売電価格は経済産業省資源エネルギー庁のホームページで分かるので、確認しておきましょう。

さらに、依頼する太陽光発電業者の経営状況や実績などを比較して、信頼できる業者を選ぶことをおすすめします。

太陽光発電で失敗しないために!信頼できる業者を選ぶポイント

信頼できる太陽光発電の業者選び

太陽光発電は、信頼できる業者を選ぶことが大切です。しかし、複数の業者を比較する場合はどこに着目するべきか、迷いがちです。

次に太陽光発電業者を選ぶ際のポイントを挙げていきますので、業者を比較検討する際の参考にしてください。

太陽光発電に関する知識があるか

まず、依頼を検討している業者に太陽光発電に関する知識があるのかを確認しましょう。

それには、担当者へパネルや施工内容について質問した際に、きちんと答えられるのかが一つの判断材料になります。担当者に太陽光発電に関する知識が乏しい場合は、説明に不備があるリスクも考えられます。

不正確な情報に惑わされてしまうと、正しい比較検討ができなくなるため注意が必要でしょう。そもそも、間違った情報を伝えてくる担当者とは信頼関係を築くことはできません。

見積書の内容に不備はないか

太陽光発電の設置で信頼できる業者を選ぶためには、見積書の内容に不備がないかを確認することを忘れないようにしましょう。契約してからでは遅いので、検討する段階でじっくり見極めなければなりません。

見積書を確認する際には、太陽光発電設置に関わる費用の総額だけでなく、明細がきちんと書かれているかを確認します。設置費用に含まれるものに不備がないかを調べた上で、工事費や諸費用、アフターフォローなどの内容もそれぞれに分けて確認することが大切です。

施工実績も確認しよう

業者を比較する場合で重要なのは、どのような施工実績があるのかを確認することです。施工実績が多い会社ほど技術が高いため、安心して工事を依頼できるでしょう。

施工実績は数だけでなく内容を確認することも必要です。特定のメーカーだけでなく、複数のメーカーの工事を請け負っているかを確認するのがポイントになります。

どのような設置場所でも設置できるよう、屋根の形や設置場所などイレギュラーな条件にも対応できるのかについても確認しておきましょう。

悪質業者を避ける最も簡単な方法は「タイナビ」

信頼できる業者を探すために複数の業者から見積りを取るには、多くの労力が必要です。簡単に信頼できる業者を選ぶには、太陽光発電専用の一括見積もりサービスを使うのが有効です。

過去には、一括見積もりサイト「タイナビ」で、訪問販売よりも100万円安く設置できた事例があります。この驚くべき事実は、無料で一括見積もりできることが大変な価値を持つことを確認させてくれました。

加えて、タイナビでは、優良企業とユーザーがマッチングするための施策を行っています。

タイナビは企業の質をチェックするため、事前審査した上での登録制を採用しています。会社の信頼性を確認するための書類提出、自社施工の場合は施工IDチェック、雨漏り保証の施工保険証書のコピー提出を必須としています。

つまり、タイナビで一括見積もりすると、安全性が認められる企業にのみ出会えるということです。

独自審査をクリアした施工企業のみを紹介することで、多忙な消費者が企業調査の手間を省き、見積もりチェックに集中できる環境を整えました。

見積もり後に危惧される「しつこい勧誘」については、タイナビ独自のペナルティー制度を設け、苦情が多い企業を紹介対象から除外することで対策しています。

太陽光発電の設置費用を知りたいときは、タイナビの無料一括見積もりをご利用ください。