太陽光/蓄電池(家庭用・事業用)北海道の補助金最新情報

輸入燃料を使わない無料の太陽光エネルギーで電気料金を節約! 個人が使える家庭用の太陽光発電・蓄電池や事業者向けの産業用太陽光発電・蓄電池に補助金が出ている可能性があります。2022年の北海道で使える補助金情報をこの記事でご紹介します。

※タイナビは各都道府県の補助金について正確性を保つよう努力しておりますが、内容を保証するものではありません。補助金申請に関するご質問を受け付けておりませんので、該当する各都道府県にお問い合わせください。

道の2022年度補助金

北海道エリアでは、市区町村からもらえる住宅用太陽光・蓄電池の補助金があります。道に直接申請しても補助金はもらえません。また、市区町村によっては補助金がない場合もありますのでご注意ください。

【先行紹介】北見市の補助金情報

北見市の住宅用太陽光/蓄電池補助金 公式ページ

申請受付期間

2022年4月1日(金)~2022年6月24日(金)17:30まで

補助対象機器・金額

補助対象 補足 補助金額 公式URL
住宅用太陽光発電 - 6万円(定額) 北見市住宅用太陽光発電システム導入費補助金 要項
住宅用太陽光+蓄電池
※同時設置
太陽光発電と蓄電池を同時に設置するケースに適用 太陽光6万円(定額)
蓄電池15万円(定額)
北見市住宅用太陽光発電システム導入費補助金 要項
家庭用蓄電池
※後付け限定
住宅用太陽光発電がすでに設置されている家屋に設置するケースに適用 10万円(定額) 新エネルギー高効率利用促進補助事業 要項

補助金がもらえる条件

補助金が交付される前に審査が行われます。補助金を受けられる条件は自治体により異なりますので、太陽光発電・蓄電池の本契約や設置工事をするまえに必ず公式ページをご確認ください。

公式ページの内容が難しいときは、見積もりを依頼している販売店・施工店と一緒にご確認いただくことをおすすめいたします。

これ以外の市区町村の補助金情報

タイナビでは情報収集を進めてますが、今すぐ新しい補助金情報を確認する3つの方法をご紹介します。

  • 太陽光・蓄電池を設置する家屋がある市区町村のWebページで確認する
  • 同一エリア内の太陽光・蓄電池の販売店に見積り依頼をする

補助金の交付条件や対象機種に金額など、補助金をもらうために確認するべき情報がたくさんあります。こうした補助金ルールの確認と申請は太陽光発電や蓄電池のプロである販売店にご相談ください。補助金を使う前提だと伝えれば、補助金の対象機種を使った最適な設計と設置費用が確認できます。

タイナビ蓄電池ではあなたのエリアに対応できる優良な施工店にのみ、最大5社まで無料で一括見積り依頼ができます。日本全国を対象に施工店をお探しいたしますので、まずは郵便番号の入力からスタートしてください。

北海道エリアで太陽光発電にプラスに働く3要素

北海道は全国でトップクラスの日照時間と、梅雨や台風の影響を受けにくい立地、気温が全体的に低いという事が太陽光発電を行うには効果的な要素となります。

梅雨や台風が毎年来るエリアですと、発電量がガクッと減ってしまう雨天の日、強い風で太陽光パネルが吹き飛んでしまうリスクが悩みどころです。一方で北海道でしたら、こうした心配が軽くなり、契約前の発電シミュレーション通りになる可能性がとても高いといえます。

太陽光発電に利用するソーラーパネルは半導体の集積物ですから熱に弱く、気温の影響を強く受けることがあります。ソーラーパネルで発電した電気を整えるために欠かせないパワーコンディショナなども動作するなかで発熱し、冷却しながら稼働させるのが基本です。

北海道の低い気温は太陽光発電の特性にとって良い要素です。熱による効率低下や故障といったリスクが避けやすいというメリットがあります。

積雪でパネルが埋まってしまうデメリットには対抗策

積雪が気になる北海道ですが、大手企業がこの地でメガソーラー発電所をいくつも開発したことからも、投資回収のメドが立つ方法がすでに確立されていることがわかるでしょう。太陽光パネルの角度を通常よりも鋭くし、太陽光パネルに積もった雪を滑り落とす施工方法が代表的です。

https://www.tainavi-pp.com/investment/solar/76/

2018年の地震で北海道全体が停電するブラックアウトが発生しましたが、これは本州と繋がっていないエリアが立地上の理由で抱えてしまう大きなリスクです。電力が行き届かないような緊急事態にも、太陽光発電を間近で発電できる手段として所有しておければ当座をしのぐことができます。

自治体の支援を受ければ発電・蓄電システムを安く導入することができますので、太陽光発電・蓄電池の販売店に設置と補助金の申請手続きを依頼してください。あなたの地域に対応している優良販売店を最大5社ピックアップし、見積り依頼まで一気にできるタイナビの無料一括見積りサービスを郵便番号の入力からスタートしてください。

広い土地を持て余している方は「土地貸し」も

広い土地を余らせているなら、そこに太陽光発電を設置すれば固定価格買取制度で投資回収できますし、太陽光発電の事業者に土地貸しすることで収入を得る道もあります。

太陽光発電の用地を募集しています!農地の土地貸し・売却は『タイナビ発電所』にご相談ください

太陽光発電用地募集

各都道府県・市区町村ごとの補助金

補助金申請の手続きは各都道府県により事なります。タイナビより見積もりをされますと、各企業様より補助金申請の代行サポートを受ける事ができ、太陽光発電導入がスムーズに進みます。

北海道・東北地方の都道府県別補助金情報

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

関東地方の都道府県別補助金情報

東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 栃木県 群馬県

中部地方の都道府県別補助金情報

愛知県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県

近畿地方の都道府県別補助金情報

大阪府 和歌山県 兵庫県 三重県 滋賀県 京都府 奈良県

中国地方の都道府県別補助金情報

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

四国地方の都道府県別補助金情報

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄地方の都道府県別補助金情報

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県