台風で太陽光発電が被害に!?

太陽光発電を検討する上で、今の時期特に心配になるのが台風などによる自然災害です。日本だけの事ではありませんが、年に数回、台風は必ず上陸します。接近数も数えると年に10件以上も!
 
そこで今回は台風による太陽光発電システムの被害の実態や対策について紹介したいと思います。実際にあった事例なので、決して他人事ではありません。

大雨による雨漏り被害!

大型の台風などが上陸した際に、最も多い被害が大雨による雨漏りです。
 
屋根にパネルを施工する際に釘を打つ必要がありますが、間違った場所に釘を打ち込んでしまうことによって雨漏りを起こす事があります。普通の雨ではなく、台風の様な災害が来て初めて気付くと言った事も多々あります。施工時に気付くのが難しいため、あとになってトラブルになる事も多いのです。

台風によってパネルが飛んでしまった!

実際に大型の台風による被害で、
 
「太陽光パネルが飛んでしまった!」
「架台が崩れた!」
 
と言う話は存在します。
 
しかし施工がきちんと行われている太陽光発電システムならば、風速50mに耐えられる基準を満たしています。(過去どれだけ大きな台風でも風速50mを越えた事はありません。)
 
こういった場合、施工が基準を満たしていない、基礎が手抜きで行われている可能性があります。また、実際に工事中に壊れた場合は、施工会社側の責任という事も、契約書で確認しておく事が必要です。

台風被害を補償してくれる自然災害保険とは?


 
そんな太陽光発電システムを購入する際、現在では多くの場合で「動産保険」が付帯されています。
 
動産保険には、自然災害保険のほか、盗難保険、イタズラなどによる損害をカバーする保険が含まれていますが、

①保険がメーカーに組み込まれている場合

②商社や販売店が保険を付ける場合

③何もつけていない場合

の3つパターンがあり、太陽光発電システムを導入される際には必ずこの「動産保険」が付帯されているかを確認してください。
 
ご購入されたパネルメーカーの方でこの動産保険が組み込まれていない場合もございます。ご契約前に、販売店様に動産保険が付帯しているか必ず確認しましょう。付帯していない場合は、自然災害保険はご自身で加入していただく必要があります。
 
自然災害保険の種類は、大手銀行が融資するほど充実していますが、実際の自然災害による被害にあう確率は低く、比較的安価で加入する事が出来ます。
 
また、予測していたよりも売電量が下回った場合の「売電保障」という保険もありますので、投資として「リスクの低い商品」である事がわかります。

台風被害を未然に防ぐ方法がある!?

保険でカバー出来ると言っても、台風でソーラーパネルが飛ばされたり、雨漏りを起こさないようにしなければいけません。一番肝心なのは施工店がしっかりとした知識のある会社なのかを見極める事です。
 
急激に太陽光発電が普及する中、知識不足な業者や悪徳な会社も数多く存在しています。そこで、本当に優良な施工販売店に工事してもらうために、業者選びは慎重に、そして徹底的に行わなければなりません。

優良販売店「複数社」で比較する事が安全で低価格な太陽光発電導入のカギ!


 
当サイトは、全国の優良販売店のみが登録しているサイトです。
 
もちろん台風が来ても、大雨が降っても被害に合わない施工をしてくれる会社ばかり。自信を持ってご紹介します。万が一台風被害にあった時「保険」や「備え」のアドバイスも一流です。
 
また、そんな優良販売店、数社から見積もりをとって比較する事で、更に安全で低価格な太陽光発電を導入する事が出来ます。優良販売店複数社からお見積りが全て無料のタイナビへ、一度お気軽にお問い合わせ下さい。