PV施工技術者とは?

昔は誰でも太陽光発電システムを設置する事ができ、施工トラブルや機器トラブルに繋がる事例が多数発生していました。
 
これらの問題を解決する為に資格を設けたのがPV施工技術者制度です。
 
一般家庭の太陽光発電システム設置の際、必要とされる施工者の基礎知識や技術、その習得レベルを分かりやすく、JPEA(太陽光発電協会、以下JPEA)が認定することで、施工レベルを保ち、設置する方々が安心して工事を任せられる技術者の確保と増員を目指し、一層の太陽光発電産業の健全な普及と発展を図るものです。

PV施工技術者の認定試験前に習得すべき研修

実際の試験では、JPEAから認定を受けた研修機関が行なう、JPEA認定のカリキュラムに基づく研修を受ける必要があります。
 

  • 座学講習「太陽光発電システムPV施工技術者研修テキスト」に基づき、基礎知識から施工時の注意点までを 総合的に学ぶ。
  • 実技実習模擬屋根を用いて、実際にPVを設置することで、施工の基本技術を習得する。
  • 終了試験研修の最後、筆記試験を行い、習得レベルの確認を行なう。

これにより一定水準の習得が確認できた者には、認定研修修了証が交付されます。

PV施工技術者認定試験の受験資格とは?

認定試験は年2回、全国5~10都道府県で実施されています。
 
受験該当者には条件があり、以下の通りです。
 

  • JPEA認証研修機関で認証研修を習得していること。
  • 各システムメーカー別の施工ID(屋根への設置に関する実技実習の受講を経ていな場合は対象外)を取得され ていること。
  • J-COT平成23年度「住宅用太陽光発電システムに係る施工研修」を終了された方。

試験内容はPV設置に必要な基礎知識全般です。これに合格して初めて、PV施工技術者と認定されます。

PV施工技術者に認定されるメリットとは?

PV施工技術者の認定書の確認により、設置者は施工に関する基礎知識や技術レベルを持つ施工者だと識別することが出来て安心です。
 
施工業者から見れば、太陽光発電システムの施工に携わる者の基礎知識や技術のレベルを、今まで以上の水準で確保することが出来ますし、お客様の信頼を得る事も出来ます。設置をお願いする際には、お客様にも販売店にとっても両社にメリットがあります。
 
太陽光発電メーカーからしても、自社個別の内容に合わせた施工方法の研修に注力できる為、施工技術研修全体の効率化と技術水準の確保と向上が図られ、業界全体の施工技術が良質なものになります。

安心して太陽光発電システムを設置してもらう為に

PV施工技術者の資格は国家試験ではありません。しかし、悪徳業者などの施工でトラブルがある中、こういったPV施工技術者の資格を持っていることは、分かりやすい評価のひとつである事は間違いありません。
 
実際に設置を行なう業者は、全員が完璧に太陽光発電のシステムを理解している訳ではありません。そこでPV施工技術者の認定証は、不透明なこういった部分をクリアにしてくれるのです。
 
太陽光発電システムの、より一層の発展と普及、技術の安定なども分かりやすくなったPV施工技術者制度はこれからの太陽光発電に大きく影響していく制度でしょう。

PV施工技術者がいる施工販売店を探せます。

当サイトタイナビでは、PV施工技術者がいる施工販売店複数社から見積もりを取る事ができます。
 
全国には無数の太陽光発電設置業者が存在していますが、こういった資格を所持していたり、お客様からの評判が良い業者に依頼する事が出来るのがタイナビです。
 
全て無料で利用出来ますので、一度利用してみてください。