太陽光発電には不安もある!

太陽光発電システムを導入した方の多くは、毎日の発電量や消費電力、電気代などが導入前よりも関心が高まるという現象が起こります。
 
しかし、関心が高まっているからこそ、不安に感じる部分もあるのではないでしょうか。
 
「正常に発電しているのかしら?本当はもっと発電するんじゃないの?」
「以前より発電量が減った気がする・・・天候の影響かがわからない」
 
そんな時に便利なのが太陽光発電の住宅用遠隔監視システムです。太陽光発電を設置してからの「モヤモヤ」が一気にクリアになるので、安心して、エコな発電生活を送る事が出来ます。
 
ここではそんな住宅用遠隔監視システムについて詳しくご紹介したいと思います。

住宅用遠隔監視システムの仕組みとは?

太陽光発電システムを導入しているお客様がインターネットを通じて、遠隔でモニタリングが可能になるというサービスです。お客様の目的としては、「異常がすぐに知りたい!」「誰かに監視しててほしい。」「他の家との発電量の違いなどが知りたい」など様々です。
また効果としては、電気代の節約や売電金額の向上に直結するシステムだといえます。
 
住宅用遠隔監視システムを取り扱う会社ではサポート体制も充実しており、万が一のトラブルなどを未然に発見出来るサポートなども充実しています。太陽光発電システムを利用する上での損失(発電量ロスなど)を出来るだけ減らそうというシステムです。

遠隔監視のメリットとは?

遠隔監視システムは、月額数百円のものから、10年分のランニングコストや初期費用も一括支払いのものまで幅広く選択出来ます。
 
ご自宅の太陽光発電システムの異常をアラームとしてメールで受け取ったり、または販売店による代行監視や、メンテナンス会社による監視を行っている商品もあります。
 
お手持ちのスマホやパソコン、備え付けのモニターで、発電の実績や節電の効果がグラフなどで表示されます。日や時間などの推移が分かりやすくなることで、「電気を使いすぎていた理由」や「なぜ電気代が安かったのか」なども一目瞭然です。
 
奥様にとってのメリットは、家計への影響が大きい「発電量」だけではなく、電気代まで表示してくれる事です。
 
電気料金が変更されても自動更新される商品であれば、面倒な登録の変更もないので手間が掛かりません。インターネットを通じてクラウドサービスなどがある会社を利用していれば、今までのデータが無くなることもなく、しっかり保管されているので、数年前のデータを見る事も可能です。
 
また、これらはパソコン、タブレット、スマートフォンなどでも利用できる為、どこでも今の発電状況やお家の電気使用状況を確認することが可能になります。お忙しい奥様や、会社や外出先からでもチェックが可能で価格以上の仕事をしてくれます。

遠隔監視システムの必要性とは?

太陽光発電システムはメンテナンスフリーと言われていますが、全く何もしないのは正解とは言えません。実際の発電状況を、御自身にせよ、第三者にせよ、常に監視しておくことで、異常の際の対応が最短で行え、発電ロスを最小限に抑える事が出来ます。
 
太陽光発電は周りの状況、環境、中でも天候に左右されるものです。曇った日や雨の日の日射量が下がれば、発電量も落ちます。普通だったら「天候による影響」と思い過ごしてしまいそうな発電量低下でも、遠隔監視システムを導入している事で「異常」と気付けるのです。
 
いかがでしたか?実際に太陽光発電を導入されている方の中でも、住宅用遠隔監視システムを取り入れている方が多いのもうなずけるのではないでしょうか。
何よりも「円滑に安心な発電を行なう」「楽しんで節電をしたい」という方にもオススメなシステムと言えます。
 
これからの時代、お子様も楽しく、よりエコな太陽光発電に近い環境で生活を送る事になるので、こういった身近な監視システムは未来への投資といえるでしょう。
 
是非、太陽光発電システムを検討されている方も、既に導入済みの方も、更に安心な太陽光生活を送ってみてはいかがでしょうか。