太陽光発電は初期費用を10年前後で回収出来て、その後は壊れるまで節電及び売電し続けてくれる経済的にメリットのある商品です。
蓄電池は経済的メリットは太陽光発電に比べると小さいですが、非常時の備えとして頼もしい存在で、更に今後電力自由化に向けて将来的に活用手段に期待されている商品です。
 
では両方がご自宅にある事でどんなメリットがあるのでしょうか。
 
今、エコ住宅、ヘムスという言葉を良く聞きますね。そういったエコを考えた住宅で使用されているのが太陽光発電と蓄電池です。最近では、太陽光発電と蓄電池の両方を使用して、より効率的に電気を使おうと言う家庭も増えています。そこで太陽光発電と蓄電池を組み合わせる事で、どんなメリットが生まれるのかを紹介したいと思います。

電気を自給自足出来る!

太陽光発電と蓄電池を使うことで、自給自足に近い電気の使い方が可能になります。原発問題などで、電気や発電に関して関心の高い方や、できるだけ自家発電を行いたいと思う方には、太陽光発電と蓄電池をダブルで使うというのはこれ以上ないエコな暮らしになるでしょう。
 
また、蓄電池の大きな導入目的である「災害時の備え」として、昼間太陽光発電で発電した電気を蓄電池に貯めて夜間使用する事も出来ますし、夜間に安い電力を購入して蓄えておく事も出来て、設定次第で使い方を分ける事も出来ます。

節電意識が高まる!

太陽光発電や蓄電池を導入すると、1日の電気の使用量や、
 
「今どのくらい電気を使っているのか。」
「発電量はどのくらいなのか。」
 
などが目で見て分かるシステムになります。
 
普段、何気なく使っている電気が非常に貴重なものに感じられ、発電している電気を少しでも無駄に使いたくないという意識が芽生えます。

発電システムの違いを効率よく利用する。

太陽光発電は日中発電を行い、蓄電池は夜間安い電気を貯めると言うのが一般的です。同じ自家発電ではありますが、その電気の溜め方は対照的なものになります。両方のシステムを効率よく利用することで、より電気代も安く使うことや売電が可能になるのも大きなメリットです。
 
また、停電などの際にも予備の電力として利用することが可能です。
もしもの時の備えとしてもは強い味方になってくれます。

導入時の補助金制度でより安く導入が出来る。

自家発電を希望する住宅には様々な補助金制度があります。太陽光発電の場合は、普及と低価格化が進んでいる為、国からの補助金はありません。しかし、都道府県や地方自治体からの補助金で低価格化の進む導入費用をコストダウンすることが可能です。
 
また、蓄電池の導入費用に関しては国、都道府県、地方自治体と補助金が受け取れる所もあります。国はリチウム電池に限られた補助金ですが、上限100万円の補助金が出ます。都道府県、地方自治体では取り組みがまた違いますが、場合によっては、ダブルやトリプルの補助金を受けることも可能です。
 
導入費用を安く出来るということは、早く初期投資を回収出来ると言うことです。こういった補助金制度はしっかりと把握して、賢く早く設備投資費用を回収する事が出来ます。

まとめ

太陽光発電と蓄電池をうまく利用することによって、経済的にも環境にも優しい暮らしが出来ます。太陽光発電を検討されている方は、併せて蓄電池の導入もご検討してみてはいかがでしょうか。
 
現在、太陽光発電を施工販売する会社の多くが蓄電池も取り扱っています。太陽光発電を導入される方も、蓄電池をご検討中の方も、販売店選びは慎重に行うことをおすすめします。
 
複数社から見積もりを取り、良い会社を選ぶ事は、当サイトを利用する事で簡単に行えます。
利用は全て無料ですので、お気軽にお試し頂ければと思います。