再生可能エネルギー特別措置法と言われても、あまり耳馴染みのない言葉で、何のことかあまり良くわからない方も多いと思います。
 
再生可能エネルギー特別措置法とは、電気事業者による、再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の通称になります。つまり、再生可能エネルギーで作られた電気を国が定めた単価で、一定期間電力会社が買い取る事を義務付ける法律の事です。
 
では、この再生可能エネルギー特別措置法には、どんな意味があるのかを解説していきましょう。

再生可能エネルギー特別措置法の目的とは?

太陽光発電などの再生可能エネルギーの電力を、一定期間買い取るという法律が定められている事は、売り手側に大きなメリットがある事を意味します。これによって、再生可能エネルギーによる発電ビジネスの推進、拡大が大きなものです。
 
買い取りに掛かる費用は、国民が電気使用量に応じて負担をする、固定価格買取制度が2012年に施行されていますので、太陽光発電を設置されている方の収入は国民という事になります。

再生可能エネルギー特別措置法のメリット

産業用太陽光発電事業者に多くのメリットがあると思われがちな制度ですが、住宅等の余剰売電に対してもこの措置は適応されます。一般の家庭でも必要なコストの回収の見込みを立てやすくなることで、積極的な再生可能エネルギーの導入を考える事ができます。
 
売電価格は下がりだしているとは言え、太陽光発電の導入費用は低価格化が進んでいて、まだまだ大きなメリットがある事に変わりありません。

固定価格買取制度の買い取り対象

再生可能エネルギー特別措置法での買取が義務付けられているもの、固定価格買取制度での買取対象となる電気は以下のものです。
 

  • 太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスを用いて、発電された電気
  • 住宅用太陽光発電では余剰電力の買取
  • 風力では、小型の風力発電も含む
  • 水力では、3万kw未満の中小水力発電を対象
  • バイオマスでは、紙パルプなどの既存の用途に影響のない、バイオマスを使った発電を対象

発電の設備や方法は安定、かつ効率的に再生可能エネルギー源を用いて発電を行なう設備である事などを経済産業大臣が認定します。
これらの「認定を受けた設備」を用いて供給される電気が買取対象とされます。

再生可能エネルギー特別措置法でのビジネスチャンス!

省エネ設備などで発電された電力を固定価格で電力会社に売電でき、長期に渡って安定した利益が見込めます。
 
一般家庭でも、発電した再生可能エネルギーを自宅で使用したり、余剰電力の買取が義務付けられている事から、大きなお金をかけるだけの大きな安心とメリットがあります。
 
企業などでは、環境への取り組み、企業姿勢を会社でも明示でき、社内での環境への意識が向上することで、エネルギーコストの軽減なども見込めます。

太陽光発電導入を検討されている方必見!

太陽光発電がメリットの大きなものという事は、周りの知人友人の方からお聞きしたりしてご存知の方も多いかと思います。
 
2014年のデータですが、一般住宅では20戸に1戸の屋根にソーラーパネルが設置されており、2015年現在ではもっと多くの方がソーラーシステムを導入されています。この数字は今後も伸びていきます。
 
そんな中、「適切な販売店から購入する事」が、太陽光発電を購入する上での、最重要課題となります。
 
当サイトタイナビは、地域の優良施工販売店複数社から無料で見積もりを取り寄せる事が出来ます。複数社の優良施工販売店を比較して太陽光発電を検討される事をおすすめします。