現在は一般家庭向けのサービス提供は終了していますが、コストダウンを考えている販売業者や施工店、法人などの顧客をもつDMMソーラー。DMMの幅広いネットワークで部材費のコストダウン、屋根や土地の空きスペースを使ったソーラーパネルの有効活用などを提案しています。ただし、法人であってもサービス提供外とされている県や、DMM社が定める条件をパスしないと申し込みはできません。

DMMソーラーの設置費用が安い理由

利用していないスペースにソーラーパネルを設置することで、効率的な収入アップを提案。ビルや工場の屋根なども立派な設置場所になり、売電収入を得つつ環境へも貢献することが可能です。
 
発電事業用設備における全量買取は2012年7月からスタートしており、太陽光発電を設置してから20年間は一定の価格で電力会社に売電できます。
 
DMMソーラーにおける初期費用は、3.5坪で/kwあたり25万円からとなっています。一般的に、太陽光発電の導入には100万円以上のお金がかかるのことからも、かなり低い金額設定といえます。業界内でも安い金額設定が可能となっているのは、売電利益から費用を支払うようになっているからです。太陽光発電システムから得た売電利益から、一定のマージンを導入費用にあてているのです。

DMMソーラーのメリット・デメリット

DMMソーラーの太陽光発電システムの導入費用はとても安いので、設置する場所があれば手軽に始めることができます。
 
ただ、10年間は売電利益の8割を導入費用に充てなくてはいけなくなるので、支払いが終わるまで利益を期待することはできません。11年前からやっと100%の利益を手にすることができますが、非常に有益な投資といえるのではないでしょうか。

全量買取と余剰買取ではどちらが得か?

発電モジュール数は自由なので、全量買取か余剰買取かどちらかを選ぶことが可能です。ただ、余剰買取の場合は、電力会社による売電価格保証は10年となり、この期間はあまり大きな利益を得ることは難しいでしょう。さらに、11年目の売電状態がどのようになっているかでも、売電利益がどの程度確保できるかが変わってきます。
 
全量買取も10年間はその8割分が支払いに充てられてしまうので、利益が出るのは11年目からとなります。ちなみに、DMMソーラーは10年間の契約となり、途中で解約してしまうと違約金が発生します。

必要なものがすべて含まれるパッケージ料金

DMMソーラーでは、法人に対して1MW以上のメガソーラーの設置・運営・トータルサポート、ミドルソーラーなどの施工・販売をおこなっています。設置するにあたって必要なものすべてをパッケージ化。別料金として発生しやすい足場代や多面設置工事なども含まれているお得な内容です。
 
ただ、パッケージ価格以下には値下げされませんので、他の施工店などでも見積もりを取るのは必須。メーカーへの信頼度はもちろん相性も含めて、複数のメーカーから見積もりを取るのが良いです。

DMMソーラーを設置するには条件がある

DMMソーラーによる太陽光発電を導入する事は、企業にとっては土地の有効活用と大きなコストダウンといった2つのメリットがあります。設置費用も他の施工会社と比べても格段に安く設定されています。
 
ただ、安くできるのは国や都道府県・市区町村からでる補助金を活用しているからです。さらに、DMM社が設定する発電量を超えている、10年間の契約を結べる、家や建物の所有者もしくは同意を得ている、インターネットが使える環境にある、補助金制度の利用に同意するなどの条件があり、これらをパスしないと申し込みができない事に注意が必要です。