V2Hと太陽光発電

「V2H」という言葉を知っていますか。聞き慣れない言葉かもしれませんが、このV2Hのシステムを利用すれば、電気自動車のバッテリーに貯まっている電気を、家庭用として使うことができます。

災害時の備えとしても利用できるシステムなので、ぜひチェックしておきましょう。この記事では、V2Hの特徴やメリットなどを詳しく紹介していきます。

そもそもV2Hはどのようなシステムなのか?

はじめに、V2Hがどのようなシステムなのかを紹介していきます。また、V2Hのシステムには電気自動車が欠かせませんが、すべての車種がV2Hに対応しているわけではありません。

V2Hと、対応車種について詳しく紹介していきます。

V2Hとは

V2Hとは

V2Hは「Vehicle to Home」の略で、電気自動車(EV)に蓄えた電力を家庭で利用するシステムのことをいいます。一般的な電気自動車は、家のコンセントから電気をもらって充電しますが、その逆は不可能です。

V2Hがある場合は、電気自動車の大型バッテリーを自宅の蓄電池のように扱うことができます。さらに、停電が起きた場合にも、電気自動車のバッテリーに貯めている電気で生活できるのです。

家庭用の定置型蓄電池との併用もできますが、EVのバッテリーがより大容量で、走行にも使えるというのがポイントでしょう。V2Hを利用すれば、自動車の走行と家庭用電力の両方をまかなえます。

V2Hに必要なもの

V2Hを利用する上で欠かせないものがあるので確認していきましょう。

  • 電気自動車(V2H対応車種)
  • EV用のパワーコンディショナー

パワーコンディショナーとは、EVが蓄積している直流電流を交流電流へ変換する装置です。家庭でEVの電力を使えるようにするものです。

V2Hを実現するには、EVと住宅の間にEV用パワーコンディショナーを設置します。すれば、EV車のバッテリーに貯めた走行用の電力を、家庭で利用できるようになるのです。

また、V2Hを太陽光発電と組み合わせることで、家庭内で電力を自給自足できるようになると考えられています。今後の動向に注目が集まっているシステムといえるでしょう。

太陽光発電でさらに省エネ!V2Hを利用する3つのメリット

V2Hのメリットは、大きく分けると3つあります。

  • 停電時にも活用できること
  • 電気代の節約
  • 環境にもやさしい

住む人にも環境にも優しいV2Hの特性について、詳しくご紹介します。

停電時も安心できる

災害で停電した場合でも、EVに蓄積している電気を家庭に送ることで生活に必要な電力をまかなえることが挙げられます。しかし、EVだけの場合、蓄電量には限界があります。

そこで、太陽光発電と組み合わせるなら、昼間にEVへ電力を貯めておくことが可能です。そうすれば貯めた電力を夜間に使うことができます。

V2Hを利用することで、災害時でも普段と変わらない生活ができるのは大きなメリットです。

電気代を節約できる

V2Hをうまく使うと、電気代が節約できます。V2Hシステムを利用した1年間の光熱費を試算した場合、50万円以上の節約になるともいわれているのです。

電気代が安い夜間にEVに電気を貯めて、電気が高い日中に使うと、電気代がお得になります。さらに、太陽光発電の電気を貯めておけば、電気代がかかりません。

太陽光発電の電気は、使いあました余剰電力を売電すると副収入になります。これを電気自動車に充電して走行すれば燃料費の節約になり、V2Hで家電に使えば電気代が節約できます。

環境にやさしい

3つ目のメリットとして、V2Hのシステムは環境にやさしいことが挙げられます。たとえば、夏の昼間はエアコンなどによる電力需要が増えるため、電力会社は火力発電所の稼働を増やして対応しているのが現状です。

電力量がピークになる時間帯に、V2Hシステムで電気自動車に蓄えた電気を使うテクニックがあります。これは、「ピークシフト」といわれている手法です。

たくさん電気を使う事業所や一般家庭の一部では、ピーク時の電力量によって翌月以降の基本料金が変わる電気料金プランを契約しています。ピークシフトを行うことで、基本料金の上昇を抑える効果が得られるのです。

太陽光発電を導入することで、ピークシフトの効果がさらに高まるといわれています。

V2Hが使える電気自動車 対応車種は?

V2Hと電気自動車(EV)

V2Hを利用するには電気自動車が必要で、さらにV2Hに対応している車種であることが条件です。以下の表に対応車種をまとめました。車種選びの参考にしてください。

メーカー 車種 種別
日産自動車 リーフ EV
日産自動車 e-NV200 EV
三菱自動車 i-MiEV(アイ・ミーブ) EV
三菱自動車 MINICAB-MiEV EV
三菱自動車 MINICAB-MiEV Truck EV
三菱自動車 アウトランダーPHEV PHEV

日産自動車リーフ、e-NV200はどの年式の車種でもV2Hへ対応しています。三菱自動車MINICAB-MiEV、MINICAB-MiEV Truckに関しても、どの年式の車種でも対応可能です。i-MiEVの10年式に関しては「HA3W-00」で始まる車種がV2H対応で、アウトランダーPHEVの13年式は「GG2W-00」で始まる車種がV2H対応となっています。

ニチコンのV2H対応車種
三菱のV2H対応車種一覧

V2Hの価格や設置費用は? 補助金も利用しよう!

V2Hの価格はどれくらいなのでしょうか。

2018年時点で最も安いと目されるのは、ニチコンのV2H「VCG-663CN3」で、希望小売価格は39万8000円(税抜・工事費用別)です。太陽光発電との連携も可能でありつつ、価格が従来よりも大幅に抑えられています。

系統連系型 V2Hシステム「VCG-663CN3」ニチコン

三菱の「SMART V2H」の小売価格は95万円前後です。

V2Hの設置費用は、自宅の状態や配線などによって異なるため、一概には算出できません。

また、機器代や設置工事費には国と自治体からの補助金が支給されます。集合住宅のオーナーを対象とする場合や、市内の戸建・共同住宅の専有部分に設置予定の個人を対象とする場合があります。補助率や対象の最新情報は、V2H購入前に確認しておきましょう。

V2Hを利用すれば電気自動車が家庭用蓄電池になる

電気自動車を家庭用蓄電池として利用するために、V2Hがどのような役割を果たすのか紹介していきます。V2Hをどのように利用するのかを知ることで、家庭用蓄電池よりも容量が大きいV2Hの性能がわかるでしょう。

家庭用蓄電池としての利用

電気自動車は、家庭用蓄電池として使うことができます。EVパワーステーションの利用で、蓄積した電気をモニターで確認しながら使えるだけでなく、充電もコンセントから行った場合に比べて半分の時間で可能です。

電気自動車自体の普及については発展途上といえるでしょう。しかし、クリーンなエネルギーであること、コストパフォーマンスの良さやバッテリー性能の向上、充電設備が増えていることなどから普及が進んでいくと見られています。

家庭用蓄電池として使うメリットとデメリット

電気自動車を家庭用蓄電池として使うメリットは、従来の蓄電池に比べて蓄電量が多いので、多くの電気を使えることでしょう。

また、電気自動車の電気代は、ガソリン車よりも安価であることも大きなメリットです。ガソリン車は5円程度、電気自動車は1.3円程度の燃費なので、大きな節約になることがわかります。さらに、電気自動車は家庭用蓄電池として、災害時にも多くの電気を利用することが可能なので安心です。

デメリットは駐車スペースが必要になることで、そもそも駐車場がない場合は利用できません。さらに、EVパワーステーションを設置する場所も必要でしょう。また、車を運転している間は、蓄電池としての同時利用ができないというデメリットもあります。

V2Hと太陽光発電で電力を自給自足!家計と環境にやさしい住まい

V2Hと太陽光発電を上手に利用すれば、電力を自給自足することも可能になるでしょう。電気自動車は、家庭用蓄電池としても優れた機能を発揮してくれます。

住宅用太陽光発電は固定価格買取制度(FIT制度)で売電できますが、売電価格が維持できるのは10年間だけです。その後は自家消費で経済的メリットを追求することになりますが、V2Hの活用で電気と自動車の燃料を太陽光発電で賄うことができます。

太陽光発電の自家消費を視野に入れて、V2Hの導入を検討してみることをおすすめします。