損しない太陽光発電見積書></figure><div></div></div><p class= 太陽光発電システムの導入で後悔したくないなら、購入前の見積りは大変重要です。ただし、見積り書の見方を知らなければ、請求額に隠された不自然さに気づくのは、まず不可能でしょう。

大切な買い物を成功させるのは、見積書を見て「本当に適正金額なのか?」「相場より高すぎないか?」を判断する力です。ここでは、見積書チェックの時に重点的に見るべき場所、見積書の見方について説明します。

見積書ってどんななの?

太陽光発電の見積書を見たことはありますか? 例えば、こういったものです。

太陽光発電見積書></figure><div></div></div><p class= 事業者によって書き方やレイアウトが異なるのですが、見なければならないポイントは共通です。まずは、消費者としてチェックするべきポイントを解説します。

見積書の見方のポイント1・費用総額

1つ目のポイントは「総額」です。

見積書は、部材の内訳や工事代金について細かく書かれています。まずは、それぞれの内訳よりも費用の総額に注目するのが良いでしょう。業者によっては、各項目の数字に手を加えることで、見積り内容を調整している可能性があるからです。

ありがちな例がこちら。

  • パネルの安さを売りにしているが、工事代に上乗せされていただけだった
  • 格段に安い見積もりが、工事の手抜きや安全対策の省略によるものだった

前者は、太陽光パネルが安く提供できると魅力的に見せつつ、工事費などを高くして帳尻を合わせるパターンです。後者は、格安で粗悪なシステムを販売する悪質なパターンです。

総額が高すぎても、安すぎても警戒するべき対象です。そのため、まずは総額に注目するのが効率よく進めるコツなのです。

なお、オール電化や蓄電池などをセット購入する場合は、総額の妥当性が分かりづらくなります。内訳を見ながらそれぞれの商品について費用総額を算出し、比較すると良いでしょう。

補助金差し引き前の総額を確認

総額を見る時は、補助金を差し引く前か後かを確認してください。

例えば「A社の方がB社よりも総額が安い」と思ったものの、実はA社の見積もりは補助金が差し引きされており、B社は差し引き前だったということも起こりえます。

また、補助金を差し引かれた金額は、一般相場との正しい比較はできません。自治体によって補助額が異なるからです。

きちんと比較するコツは、条件を揃えること。正しく比較できなければ、一括見積もりのメリットは得られません。本当にお得な業者を見つけるためにも、補助金を差し引く前か、差し引き後の条件を揃えた総額で判断しましょう。

世間の一般相場と見比べるには、差し引き前の見積もりがあると良いですね。

見積書の見方のポイント2・kW単価

2つ目のポイントは「kW単価」です。

kW単価とは「太陽光発電の容量1kWあたりの導入費用」を表すもので、太陽光の見積りを比較するのに使われる指標です。ここではkW単価の計算方法や、見積書内のkW単価の正しい見方について解説します。

kW単価の算出方法

kW単価とは、「1kW発電するのに必要な導入費用」を表すものです。kW単価は見積書に記載されていることも多いですが、記載がない場合でも以下の計算式で計算できます。

「太陽光発電の総額」(税抜き)÷「発電システムの出力(kW)」=「kW単価」

それでは、税抜き総額170万円、発電出力5kWの例で実際に計算してみましょう。kW単価は、170万円÷5.0kWの34万円であることが分かります。

kW単価が安いほど良いってことではない

太陽光発電の見積りをkW単価で比較するのは、よくある方法です。業者間で付随サービスや設計方針に違いがありまるが、これを最もカンタンに比較できるのがkW単価だからです。

注意するべきは、kW単価が安い業者が優良であるとは言えないことでしょう。kW単価を下げるだけなら簡単なのです。型落ちで性能が悪く、誰も買いたがらないような格安パネルを載せたり、工事を手抜きするなど、いくらでも方法があります。

ちなみに、太陽光発電の出力を増やすほど、1kWあたりの導入費用が安くなります。日本の太陽光発電で最もお金がかかるのは「工事費用」だからです。パネルの設置枚数を増やしても、工賃に大きな差が出ません。そのため、パネル枚数が増えるとkW単価は安くなる傾向があります。

見積書の見方のポイント3・発電量とのバランス

発電量のバランス

3つ目のポイントは「発電量と価格のバランス」です。

太陽光発電をローンで買うなら、後々の返済額も考えなければいけません。

ローン返済は主に売電収入か、自家消費で浮いた電気料金をあてていくことになります。安価で発電性能が良くないパネルを使ってしまうと、初期費用の回収に時間がかかってしまうかもしれません。

逆に、初期費用が高くても高性能のパネルなら効率よく売電でき、結果的に初期費用を差し引いても収益を大きくプラスにできる可能性も出てきます。

つまり、初期費用が安いからといって必ずしもお得とは限らないのです。

導入しようとしている太陽光発電システムが本当にお得かを見極めるには、事前のシミュレーションが重要です。

どれくらい発電して、どれくらいの売電収入が見込めるのか。電気料金の節約効果はどのくらいかといった点について、見積りの時点できちんとシミュレーションをしてもらいましょう。初期費用の回収にかかる期間など、長期的な視点で費用について考えることが大切です。

アフターサービス・保証内容の確認も忘れずに

見積りの時点では、アフターサービスや保証内容についても確認しておきましょう。

見積書には、アフターサービスや保証内容について書かれていることがあります。太陽光発電システムは少なくとも10年以上は使うことを前提とした商品です。それだけに、メンテナンスや保証期間といったアフターサービスは重要です。

トータルのランニングコストを考えるためにも、アフターサービスやメンテナンスの費用についても
考慮しておきましょう。

メーカー保証の他、見積書の中に施工業者独自の保証、設置後の無料点検や不具合が起きた時の連絡先などについての記載があれば安心です。もし見積書に記載がない場合は業者に確認して書面をもらい、あとで見積り内容とともに他社と比較できるようにしておくとよいでしょう。

特殊工事があるとネット上の相場よりも高くなる

太陽光発電システムの相場については、ネットで検索すれば大体の金額を知ることができます。

しかし、太陽光発電システムは、屋根や家の作りによって異なるオーダーメイドのようなものです。特殊工事や安全施策といった追加の工事を行った場合には、ネットで調べた相場よりも高くなる可能性があります。

特殊工事とは?

特殊工事は、足場などを組む工事などのことを指します。家の形状によっては、太陽光発電システムの設置にこうした工事が別途必要です。

例えば、3階建ての家や屋根の傾斜が強い場合、工事の時に足場を組む必要があります。このようなケースにおいて、特殊工事費用として相場よりも高くなるのは仕方がないことです。むしろ本当に必要な工事であれば、見積りに入っているのは当然といえます。

複数の業者で比較した際、もし1社だけ足場を組まない見積りを出しているようなことがあれば、「本当に必要ないのか?」あるいは「安全に工事できるのか」を担当者に確認しましょう。

安全施策とは?

太陽光発電システムの導入にあたっては、降雪対策や火災対策といった安全施策にかかる費用についても考慮する必要があります。

・降雪対策
積雪が多い地域では、太陽光パネルの上に積もった雪が落ちないように「雪止め」を取り付ける必要があります。
まとまった量の雪が落下すると、人や建物などに損害を与える危険があるからです。雪止めをつけておくと雪が解けるまで落ちないようにしておけるので、こうした事故を防止できます。

・火災対策
太陽光発電システムは、構造上どうしても火災のリスクがあり、火災の対策も不可欠です。具体的には、パネルやケーブルから出火した時に、屋根まで延焼しないように周辺には不燃性の素材を使用する、などの対策をとります。

訪問販売やショッピングモールへ出店している業者の見積りには注意!

太陽光発電を販売している業者はたくさんありますし、販売方法もさまざまです。お店を構えている業者もあれば、訪問販売をしている業者もあります。

特に、ショッピングモールに出店している業者や、自宅にやってくる訪問販売の業者は、身近な存在かもしれません。しかし、こうした業者を利用する時には注意点もあります。

一つの業者の見積もりだけを見ていても、適正価格であるかは分からないからです。

さらに強引で悪質なケースなら、何度も自宅に来て相場よりも高い価格で契約を迫る、といった報告があります。

もちろん、これらの業者がすべて悪い業者というわけではありません。しかし、適正な見積りかを判断するためにも、1社だけで検討するのは危険です。信頼できそうな複数の業者を使い、相見積りを取りましょう。

安い見積りでも丁寧な工事をしてくれる業者をタイナビで見つけよう

太陽光発電システムを適正価格で購入するためには、見積書を正しく読み解くことが重要です。

太陽光発電は家と同じように、一生のうちに何度も購入する商品でありません。最初のうちは見積書の見方が分からない、という人も多いかもしれませんが、押さえるべきポイントは大体決まっています。ある程度信頼できる業者を見極めるためにも、見積書にはきちんと目を通しましょう。

さらに、1社だけでなく、複数の業者で見積りを取り、それぞれの中身を比べることも大切です。タイナビの一括見積りは、複数の見積りを一度に取れる便利なサービスで無料で利用できます。優良業者のみが参加しているので、安心してお得な業者を探してみてください。

一戸建て住宅に太陽光パネルの設置を
ご検討の方

太陽光発電
蓄電池のみ

お住まいの郵便番号を入力

蓄電池とセットで見積りを依頼する
※見積依頼者の3割が蓄電池の導入も検討しています。
蓄電池の相場は、約100万~約200万となります。
写真
太陽光発電導入済みの方は蓄電池導入で
売電効率アップ 非常時の予備電源にも!
タイナビ蓄電池で見積りを依頼する

産業用太陽光システムをご検討の方はこちら

マンション・アパート・店舗・オフィス・工場・倉庫・農地・野立て・遊休地 など

10kW以上 産業用太陽光発電向け 一括見積りサイト