建て得バリュー

太陽光発電を導入する場合、初期費用が気になるという人も多いのではないでしょうか。そんな人にとって魅力的なのが、住宅設備メーカーのLIXILが発表した「建て得バリュー」です。「実質0円で太陽光発電が設置できる」というサービス内容から、気になっている人もいるかもしれません。

このコラムでは、この「建て得バリュー」による実質0円の太陽光発電の仕組み、さらに「建て得バリュー」を利用するメリット・デメリットなどについて詳しく解説していきます。

実質0円で設置できる太陽光発電とは?

LIXILの「建て得バリュー」は、同サービスを取扱うビルダーで、新築ZEH住宅を建てる際に契約できるサービスです。LIXIL TEPCOスマートパートナーズから太陽光発電システムを10年ローンで購入し、毎月のローンの返済費用を売電収入で相殺するという仕組みです。

つまり、通常の太陽光発電であれば初期費用に数百万円かかりますが、建て得バリューではその支出がかからないということです。

住宅用の太陽光発電は、発電した電気を自家消費して、余った電気を売って収入を得られます。自分で太陽光発電を設置する場合、それらの収入は発電システムのオーナーである自分の物です。しかし、建て得バリューはローン返済費用を免除してもらう代わりに、発電した電気をLIXIL側に譲渡します。

つまり、ローン返済中の10年間は電気を自由に売ることはできず、屋根を貸しているような状態になるわけです。10年が経てば太陽光発電システムのローンも終わり、売電収入も自分の収入にできるようになります。

ZEH化で新築費用がかかっても太陽光発電を諦めずに済む、画期的なサービスと言えるでしょう。

実質0円の太陽光発電「建て得バリュー」の利用条件

先ほど少し紹介したように、「建て得バリュー」はすべての住宅で利用できるわけではありません。太陽光発電の利用状況や蓄電池の設置については制限もあります。

建て得バリューを利用するためには、以下の条件6つをすべて満たす必要があります。

1.国が定めるZEH基準を満たす住宅であること
2.「建て得」の利用規約にあるビルダーと建築本体の契約をすること
3.ZEH性能以下になるリフォームや改造をしないこと
4.太陽光発電システムの改造・変更をしないこと
5.他の発電機器の設置をしないこと
6.1kW以上の蓄電池を設置しないこと

なお、ここでいうビルダーとは、「ZEHロードマップ」の意義に基づいて、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)の割合を2020年までに50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等のことを指します。

つまり、簡単にまとめると、指定したビルダーでZEH住宅を建てること、太陽光発電システム本体や売電収入に影響を与えるような設備の変更・改造などは禁止ということです。

さらに、LIXIL製品関連のサービスということもあって、契約内容には以下のような条件も含まれています。

  • サッシ、ドア、太陽光発電システムにLIXIL製品を採用する
  • 行政の指定する垂直積雪量が50cm以下であること
  • 契約期間10年(途中解約には清算金がかかる)
  • LIXIL TEPCOスマートパートナーズと電気の需給契約を締結すること

ZEH認定に必要な設備にLIXIL製品を採用し、なおかつ一定期間(10年間)LIXIL側が、確実に売電収入を確保できる状況にしておくことが必要です。

実質0円の太陽光発電「建て得バリュー」のメリット

実質0円の太陽光発電「建て得バリュー」には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ZEH住宅を建てる費用が安くなる

1つ目のメリットは、住宅建設コストの節約につながることです。

ZEH基準を満たすための建材は、性能も価格も高くつきます。ZEH住宅は一般の住宅よりも高額で、さらに太陽光発電システムを設置しようとすると、建築費用が相当な負担になってしまいます。

建て得バリューは、ZEHと太陽光発電を備えた住宅が、太陽光発電のないZEHと同額で建てられるのです。

売電量が少ない月でも追加料金はかからない

2つ目のメリットは、もし思うような売電収入が発生しなかった場合でも追加の負担が発生しないことです。

通常、太陽光発電システムをローンで購入した場合は、月々の売電収入を返済に充てることになるため、売電量が少ないと返済の負担が多くなります。しかし、「建て得」では天候不良などで売電量が少ない月でも、追加料金は一切かかりません。

そして、11年目以降は太陽光発電システムが譲渡されて自分の物になるため、その後の売電収入が自分の物になります。固定価格買取制度で売電できる期間が終わった後でも、余剰電力を買い取る電力会社は多数あるため、10年目以降も売電を考えている人も安心です。

ZEHの補助金が受けられる

3つ目のメリットは、ZEH補助金を受けられる可能性が高ことです。

「建て得」で建てるZEH住宅は、国の補助金制度の対象になります。補助金額は2018年度が70万円。2019年度も同額で環境省が予算を要求しているため、おそらくは同程度の補助金が受けられる見込みです。太陽光発電の初期費用がかからず、しかも補助金がもらえるとなると建築費用がかなり節約できます。

ZEH補助金は先着順となっており、また環境省への請求はビルダー側で行います。詳しい条件や申請方法についてはビルダーに確認しましょう。

実質0円の太陽光発電「建て得バリュー」のデメリット

建て得バリューデメリット

一見良いことばかりにも思える「建て得バリュー」ですが、デメリットもあります。これから導入を検討するなら、デメリットについても理解しておきましょう。

一旦は電気料金プランを変えなければならない

1つ目のデメリットは、既存の電気料金プランを解約し、新たに契約し直す必要があることです。

「建て得」の場合、最低1年間はLIXIL TEPCO スマートパートナーズと電気の契約を結ばなくてはいけません。新しい電気料金プランは途中解約の違約金がありませんが、それまで契約していた電気料金プランに途中解約の違約金がある場合は、支払いが発生する可能性があります。

解約・名義変更をすると清算金がかかる

2つ目のデメリットは、ローンの途中解約や名義変更が難しいことです。

「建て得」は10年契約のローンを組むことで、太陽光発電システムの実質0円が成立している仕組みです。途中で解約すると清算金が必要になり、さらに残りのローンの支払いも発生します。

清算金は、販売価格と太陽光発電システムの基準価格との差額を契約月数(120ヶ月)で割った金額に、残りの契約月数をかけた金額です。

注意するべきは、引っ越し、名義変更、契約者が亡くなった場合なども解約扱いとなることです。よけいな費用負担を避けるためにも、10年間の契約を続けられるか、よく考えてから導入を決めましょう。

たくさん発電したときのメリットがなくなる

3つ目のデメリットは、発電量によってはかえって損してしまう可能性があることです。

通常、太陽光発電で得られる収入は発電した電気の売電量に応じて代わります。つまり、たくさん売電した月は売電収入が多くなるのです。しかし、「建て得」では、多く売電してもすべてLIXIL TEPCO スマートパートナーズへの無償譲渡となるため、たくさん発電したからといってオーナー側にメリットはありません。

日当たりが良く、たくさん発電できる場所に家を建てた場合など、条件によっては普通に太陽光発電システムを購入した方が得になるケースもあります。

特に、節電効果の高いZEH住宅は電気使用量が少なく、通常の住宅よりも売電できる電力も多くなります。ところが、建て得では余剰電力をすべて無償譲渡するため、余剰電力が増えてもオーナーの収入はまったく増えません。

むしろ本来得られるはずの売電収入を考えると、余剰電力が増えるほど損をする可能性も出てきます。

既築住宅には非対応・建売住宅はタイミング次第で非対応

4つ目のデメリットは、新築住宅を建てる場合でないと適用できない可能性が高いことです。

「建て得」を利用できるのは、条件を満たした新築住宅を新たに建てる場合のみとなっています。したがって、既存の住宅に太陽光発電システムを導入する場合は、実質0円は利用できません。

また、新築の建売住宅で利用したい場合には建築確認申請時に施主が確定している必要があります。出来上がった建売住宅を購入する場合は、たとえ新築住宅であっても「建て得」の利用はできません。

太陽光発電を導入するなら「実質0円」よりも安い業者を探した方がお得かも

10年契約に縛られず、太陽光発電を利用したいなら安い業者で探した方がかえってお得かもしれません。

確かに太陽光発電システムを実質0円で導入できると聞くと、お得と感じる人もいるかもしれません
しかし、せっかく発電した電気を10年間無償譲渡してしまうのは、発電状況によってはもったいないことになりがちです。

さらに、「建て得」は利用条件が厳しく、10年契約ローンが必須などのデメリットもあります。こうした事情を考えると、実質0円だからといって、必ずしもお得とは限らないでしょう。

既存の住宅はもちろん、新築住宅の場合でも、きちんと業者を選べばローンを支払っても十分な売電収入が得られます。

例えばタイナビの一括見積もりでは、厳選した優良業者の中から一番安いプランを効率よく探すことができます。契約期間などの制約に縛られず、自由なスタイルで太陽光発電を利用したい人にはおすすめです。