雪国の太陽光発電

太陽光発電を導入する上で、雪国の積雪は心配になる要因のひとつです。日本海側や東北地方など積雪の多い地域では、1メートル単位の雪が屋根に積もるケースも珍しくありません。また降雪によって、日照時間が短くなることで発電量が低下するという不安もありますよね。

実は、積雪や降雪がある地域でも注意点を理解して、しっかりと対策しておけば、決して不利にはなりません。

そうとはいっても、実際に積雪や降雪が、太陽光発電にどれくらいの影響があるのか判断に迷うという人も少なくないことでしょう。この記事では、積雪や降雪が家庭の太陽光発電に与える影響と、設置前からできる対策について詳しく説明します。

降雪や積雪の太陽光発電への影響

降雪や積雪が太陽光発電に与える影響としては、主に発電量の低下や太陽光発電設備の損傷、落雷の危険などが不安視されます。この項では、想定される影響についてそれぞれ詳しく解説しましょう。

発電量の低下

まず、太陽光発電は短時間の降雪であれば、降雪時も発電することが可能です。例えば、年間200cm以上の降雪がある地域でも、12月~2月の冬季に、それ以外の期間と比べても平均で5割程度の発電が記録されています。

積雪については、短期間の積雪であれば問題ありません。しかし、太陽光パネル全体に雪が積もった状態が続くと、発電量に影響が出てしまいます。屋根に上がっての雪かきはパネルを破損する恐れがありますので、自然に雪が落ちるように設置するのが効果的です。

長時間にわたって雪が降り続く場合、雪かきをしてもすぐに積もってしまうため、融雪機能などの積雪対策が必要になります。

太陽光発電設備の損傷

積雪の重みによる太陽光発電設備の損傷の可能性もあります。

太陽光発電のソーラーパネルは、一枚あたり、軽いもので1㎡あたり11kgの重量があり、平均的なもので約15~20kgの重さです。その上に積雪することによって、さらに重さが増大することになります。

その重さの影響で、屋根のゆがみやソーラーパネルの損壊、架台の倒壊などの恐れがあり、建物や太陽光発電設備に悪影響を及ぼす可能性があるため、積雪耐性のある太陽光発電設備を選びましょう。

またパワーコンディショナーなどの周辺機器も、雪による故障の心配があるため、パワーコンディショナーや集電箱、配線部分は、雪が直接当たらないように、特に注意を払いましょう。

落雪によるトラブル

太陽光パネルの表面はガラスでできているため、太陽光パネルに積もった雪が滑り落ちやすくなっており、落雪の危険があります。

屋根に積もった大量の雪がソーラーパネルから勢いよく落ちると、通常よりも速いスピードで、遠くまで雪が飛散することが多いので、思わぬトラブルを引き起こすかもしれません。

落雪で想定されるトラブルとして、車のボンネットがへこんだり、雨どいが落雪の力に耐えられず壊れたり、隣の家の敷地に雪が落ちて物を倒してしまうことなどが挙げられます。トラブルを未然に防ぐために、雪国の屋根には必ず落雪防止設備を取り付けておきましょう。

雪国で太陽光発電を設置する際のポイント

雪の太陽光発電

この項では雪国で太陽光発電を設置する際のポイントと、トラブルの防止策やその他の影響に対する注意点について解説します。未然に積雪や降雪、落雪などによる事故を防ぐ意識づくりや具体的な対策について理解しておきましょう。

落雪防止の意識を持つ

住宅用の太陽光ソーラーパネルは、屋根の上に設置することが多いため、落雪防止の対策が必要になります。

雪国では、落雪を防止するための雪止めが設置されるケースが多いのですが、屋根の上に目一杯にソーラーパネルを敷き詰めて設置してしまうと、雪止めの効果が出なくなる可能性があります。

そのため、雪止めが機能するように、メーカーの設置基準を守ったうえで、金剛のように強固な雪止めを設置するというのもポイントです。

信頼できる施工店を選ぶ

太陽光発電メーカーを選ぶ上で、信頼できる施工店に任せるということは非常に重要なポイントです。

特に雪国では、太陽光発電設備の発電量を最大限に活かすための設置方法や、落雪によるトラブルの防止など、他の地域にはない点に気をつけなければいけません。

そのため、その地域で太陽光発電の施工実績の多い施工店に依頼することが安心につながります。信頼できる施工店をリサーチする場合には、一括見積りなどで比較検討するのが手軽で便利です。

雪国ならではのメリットも

家計簿

雪国の太陽光発電は、積雪や降雪などデメリットだけでなく、雪国ならではのメリットもあります。

例えば、台風による影響が他の地域と比較すると少ない傾向にあり、突風によって飛んできた木の枝などでパネルが傷つく危険性が少なくなります。

夏場に気温が高くなり過ぎないため、気温上昇によるソーラーパネルの発電量の損失を防ぐことができるというメリットもあります。雪国でも場所によっては夏の日射量が多いので、たくさん発電できるでしょう。

実際に、長野県は降雪量が日本10位の雪国ですが、発電量は全国トップクラスに入っています。

雪国に強い太陽光発電の設備とは?

雪国では降雪対策がしっかりしているソーラーパネルを選ぶましょう。メーカーによっては、雪国に強い太陽光発電のソーラーパネルが発売されています。

雪が多いカナダにある「カナディアンソーラー」は、降雪対策がしっかりと施されており、積雪耐性が5400Pa(パスカル)となっています。国内メーカーの三菱電機のソーラーパネルの4800Paが、国内最高レベルの積雪耐性なので、いかにカナディアンソーラーの積雪耐性が高いかがわかりますね。

その他に、融雪機能付き太陽光発電システムという、電流を逆流させることによって太陽光パネルを加熱し、雪を融かす機能を搭載した製品もあります。

人力による除雪作業を省略できますので、雪国の太陽光発電に適しています。

雪国の太陽光発電!設置方法やパネル選びで問題なく設置できる

雪国の太陽光発電の設置は、降雪や落雪などのデメリットもあります。しかしリスクが大きい台風の影響を受けにくいことや、夏場の気温が上がりすぎないので、発電量の損失を防げることなどメリットも存在します。また地域によっては夏の間に日射量が多く、たくさんの発電量が期待できます。

デメリットである降雪の問題点についても、ソーラーパネル選びや、信頼できる施工店を選ぶことで十分に対策することが可能です。

タイナビの一括見積りを利用することで、初期費用を抑えながら、雪国を拠点として地域に根差した、実績ある施工店を見つけることができるでしょう。