エネファームのデメリット

エネファームは停電中も活用できることをご存知ですか?

いつものガスから、お湯と電気を一緒に生み出せるエネファーム。家庭で設置する前に、そのメリットとデメリットについて理解しておきましょう。

とくにプロパンガスのご家庭は、エネファームの検討時に注意するポイントがあります。

この記事では、エネファームの詳細や、エネファーム以外に光熱費を抑える方法などについて解説します。

エネファームとは

エネファームとは、ガスを使って発電するシステムで、その正式名称は「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」です。電力と熱を作り、供給するシステムということです。

都市ガスやプロパンガスでお湯を作るのと同時に、発電することができます。

仕組みをかんたんにまとめると、ガスから水素を取り出して、空気中の酸素と反応させることで発電するというものです。ガスがあれば電気をお湯が手に入るので、停電時など緊急時の予備電源として注目されています。

エネファームは停電中に使える?

一部の機種を除いて、ほとんどのエネファームは停電時に動かすことができません。そもそもエネファーム自体を運転するには電気が必要だからです。

停電の中でエネファームを発電させるためには、事前に気をつけるべき2つのポイントがあります。

  • 停電時発電機能付きのエネファームを選ぶ
  • エネファームに対応できる蓄電システムをセットにする

停電時発電機能とは、エネファームで発電中に停電が起きても継続運転できるという機能です。発電していない時に停電が起きれば、起動できません。

停電の最中にエネファームを起動するには、蓄電池や発電機などの外部電源が用いられます。

災害時の発電システムをご希望なら、蓄電池とセットで購入することも検討してください。

家庭で必要な量を発電できる?エネファームの発電量

一般的な4人家族の、1日当たりの平均的な電気使用量は約18.5kWh程度です。エネファームの発電量は50〜700W程度ですが、家庭で必要な量を発電できるのでしょうか?

最大値の700WをkWhに直すと16.8kWh(700W÷1000×24h)となるため、エネファームが最大限発電したとしても、1日に必要な電気量には足りません。

パナソニック製のエネファームでも、「一般的な家庭の年間電気使用量の5割程度をまかなう」とされています。

同じ自家発電の太陽光発電と比較した場合、太陽光発電の発電量はパネルとパワコンの量に応じて決まり、太陽光がパネルに当たっている限り発電し続けます。

対してエネファームは、給湯の際に発電する仕組みのため、お湯の使用量が少ないと発電量も少なくなるのです。

エネファームのガス代はいくら?

基本的に、エネファームはガスの使用量が増えるため、ガス代が高くなると考えられます。

西武ガスの試算によると、4人家族でエネファーム導入前の年間ガス代が14万5695円だったのに対して、エネファーム導入後は15万2130円程度になると試算されています。

また、プロパンガスは都市ガスよりも料金が高いため、ガスの使用量が増えると差額も大きくなります。

東京23区に住む3~4人家族の1カ月の都市ガスとプロパンガスの料金比較

1㎡あたり料金15㎡使用の料金
(夏場)
28㎡使用の料金(冬場)
都市ガス
(東京ガス・一般契約料金)
0〜20㎡:145.31円
20〜80㎡:130.46円
約2178円約3653円
プロパンガス
(標準的なLPガス料金)
640円9600円1万7920円

エネファームのメリット

エネファーム

ガスでお湯を沸かす際の熱を利用して発電できるエネファームですが、この項ではエネファームのメリットについて、その詳細を解説します。

環境にやさしい

エネファームは、発電する際に発生するエネルギーを余すことなく活用できる、環境にやさしい発電設備です。

火力発電や原子力発電の電力を使用するのと比較すると、石油や天然ガスなどの化石燃料の使用量を約23%程度削減することができます。二酸化炭素の排出を抑えることができるので、環境汚染や地球温暖化の防止につながります。

災害時に自宅で発電できる

プロパンガスは一般的に、家屋の横にガス容器2本を設置しています。ガス管でつながらず、ガス缶が独立している分散型のエネルギーは、万が一の災害時にも強いと言われています。

プロパンガスは1本で1カ月以上使い続けることができます。つねにガスを備蓄しているのと同じことから、プロパンは災害に強いと言われるのです。

そして、エネファームはガスを使って発電できるため、災害で電力の供給がストップしても発電が可能です。ただし、停電中の起動には外部電源(蓄電池など)が要ること、断水では発電できないことに注意が必要です。

エネファームのデメリット

光熱費

環境にやさしく、災害にも強いとされるエネファームですが、設置を検討するにあたって、デメリットについても知っておくことが大切です。この項ではエネファームのデメリットについて、その詳細を解説します。

貯水タンク設置のためのスペースがいる

エネファームは、お湯を沸かす熱を利用して発電するため、本体以外に貯水タンクが必要になります。具体的には、本体の燃料電池ユニットのほかに、お湯を貯める貯湯ユニット、湯ギレをおこさないバックアップ熱源機などを設置します。

燃料電池ユニットとバックアップ熱源機を設置する場合、標準設置で幅1710mm・奥行き800mmのスペースがいるため、設置場所の確保が必要です。

購入/設置費用が高い

エネファームの設置には、購入費用と設置工事費用で約150〜170万円の初期費用がかかります。

国が行っている補助金は、商品や設置条件によって異なりますが、数万円から多くて約20万円程度が一般的です。

高額な補助金も一部にありますが、それらを適用するための条件が多い傾向にあります。

  • 基準価格(96万円)以下であること
  • 既築
  • LPガス対応
  • 寒冷地仕様
  • 固体高分子形(PEFC)

お湯や電気をあまり使わない家庭では、エネファームを設置しても光熱費の差額が小さくなるため、差額で設備費をまかなうのが難しい場合もあります。

費用も補助金の条件に含まれることから、不当に高額な請求をする悪質業者に引っかからないことも重要になります。

売電できない

地球環境に配慮した再生可能エネルギーによる発電が注目されるなかで、一般家庭でも太陽光発電の自家消費で余った電力を自由に売電できる時代になりました。

エネファームによる発電も、消費電力よりも発電量が多ければ余剰電力が生まれます。しかしエネファームで発電した余剰電力は、現在、太陽光発電などのように売電することができません。

ガス代がかかる

エネファームは、給湯時の発電によって家庭で使用する電力のうち4〜6割をまかなえるため、電気料金は安くなります。しかし、その分ガスの使用量が増えるため、ガス代が高くなります。

特にプロパンガスは単価が高いため、ガス料金が高額になる恐れがありますので注意しましょう。

お湯が満タンのときは発電できない

エネファームは、お湯を沸かすと同時に発電する仕組みになっています。

発電のみを目的とした設備ではないため、お湯がすでにあると発電できません。貯湯タンクが満タンになると発電しなくなるのです。

夏場などお湯の消費が少ない時期は、貯湯タンクが満タンであることが多く、発電しないケースがあります。非常時など、どうしても発電させる必要がある場合は、意図的に湯量を減らさなければいけません。

いざという時にエネファーム発電は使える?

タンクからお湯を取り出すのは可能ですが、さらに発電するには水道とガスの供給が続いていることが条件になります。

電気・ガス・水道のライフラインが途切れたとき、復旧が早いのは「電気→水道→ガス」の順です。水道管やガス管にダメージがあると、復旧までが長引いてしまう傾向にあります。

ただし、ガスの中でもプロパンガスは復旧までが早いです。自宅のストック分を活用できるので、業者が来るのを待たずにライフラインを回復できるケースもあります。

プロパンならガス発電より「エコキュート」がおすすめ

災害時に復旧しやすいプロパンガスなら、エネファームが非常用発電に使えそうなイメージがあるでしょう。

しかし、プロパンガスでエネファームを導入するとガス代が高額になり、初期費用との相殺が難しくなってしまいます。

より安く、電気とお湯を同時に作るなら「エコキュート」がオススメです。電気と空気の熱を使い、お湯を沸かす電気給湯器です。

夜間電力や太陽光発電など、プロパンガスよりも安い電力を使えば家計にメリットが感じられるでしょう。

特に太陽光発電は電気を売ることができますが、やがて単価が安くなるとエコキュートと合わせるケースが続出したのです。

プロパンのエネルギーを見直して光熱費を抑えよう

プロパンガスのエリアでは、エネファームで発電してもガス代が高くなってしまうため、電気給湯器のエコキュートと太陽光発電の併用がおすすめです。

太陽光発電の導入は、複数業者を無料で一括見積もりできるタイナビで、より安く、サービスの良い販売会社を見つけましょう。