0円太陽光発電

太陽光発電の設置を検討するときに、もっとも気になるのは初期費用ではないでしょうか。関西電力では、実質的に初期費用0円で太陽光発電を設置できるサービスを提供しています。

これだけを聞くと、すぐにでも導入したくなる人もいることでしょう。

初期費用が高いといわれる太陽光発電が0円で手に入るのは、普通なら疑いの目で見てしまうかもしれません。そして、本当にお得なのか、サービス利用前にしっかり検討することが大切です。

この記事では、関西電力の太陽光発電0円サービスについて、詳しい内容を解説していきます。サービスのメリットや注意点のほかにも、本当にお得な方法は何かを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

関西電力の0円太陽光発電「ちゃんとGood!」とは?

「ちゃんとGood!」は、関西電力と京セラが設立した新会社「京セラ関電エナジー合同会社」によるサービスです。住宅用の太陽光発電システムを、実質初期費用0円で設置できます。

サービスの対象となる住宅は?

  • 東京電力、中部電力の管轄エリア(離島を除く)
  • 一戸建て(新築/既存)

サービス対象となる住宅は一戸建てです。新築/既存住宅いずれも申し込みできますが、既存住宅は足場代などの施工費用がかかります。

京セラのソーラーパネルが0円で使える!

0円で設置できる設備は、京セラ製太陽光パネル(10kW未満)と、パワーコンディショナーとしています。

京セラ製のパネルは世界的に高い評価を受けています。品質においては安心できるメーカーです。

https://www.tainavi.com/library/4141/

契約期間は10年、その後は無償譲渡

「ちゃんとGood!」の契約期間は10年で、契約が満了になった11年目には太陽光発電システムを無償でもらえる仕組みになっています。

10年の契約期間中は、設置した太陽光発電から発電した電力をサービス料金で購入し、足りない電力分は、「ちゃんとGood!」の系統電力を購入して電気料金を支払うことになります。ガス併用やオール電化、エリアで、基本料金や時間帯などで料金プランが異なるため、使用状況に合ったものを選びましょう。

関西電力の太陽光発電0円サービスを利用するメリット

設置するときの費用が0円

設置する際にまとまったお金がかからないため、資金がない場合でも太陽光発電が設置できます。

発電した電気を電力会社に売って収入を得ることはできません。10年の契約期間中は専用のサービス料金で電気が使えますので、初期費用をかけずに太陽光発電を設置してみたい方におすすめです。

11年目以降は太陽光発電の電気で自家消費・売電収入

11年目には太陽光発電システムを無償でもらえます。それ以降は、太陽光発電で発電した分については、自家消費や売電で家計にメリットが得られます。

停電時に太陽光発電の電気が使える

太陽光発電設備を設置すると、停電時でも電気が使えるようになります。近年増えている災害による停電などを考えると、自家発電できればいざというときにも安心です。

サービス契約期間中は太陽光発電は企業の所有物ですが、停電中には電気を自宅で使うことができます。

メンテナンス費用も10年間無料

サービス契約中の10年間は無償でメンテナンスをしてもらえるので、自分で費用を負担する必要はありません。

住宅用太陽光発電のメンテナンスは、数年に一度はパネル清掃、配線チェックが推奨されます。自分で太陽光発電を設置した場合、故障や不具合のときにはメーカー保証を使って無料修理・交換を行うのが一般的です。

なぜ初期費用0円にできるの?無料のからくり

関西電力の太陽光発電0円サービスは、確かに初期費用0円で設置できます。とはいうものの、太陽光発電システムの発電により得られる経済的メリットは、京セラ関電エナジーが受け取るという仕組みになっているのです。

仮に、太陽光発電の初期費用を自分で支払って購入した場合には、電気代の削減や売電による経済的メリットがあります。しかし、「ちゃんとGood!」サービスの場合、契約期間の10年間は太陽光発電を設置したことによる経済的メリットがあまりありません。

つまり、本来であれば受けられた経済的メリットで初期費用が相殺される仕組みになっているのです。太陽光発電システムをタダで設置して売電収入が得られる仕組みにはなっていない、という点を忘れてはいけません。

関西電力の太陽光発電0円サービスの注意点

サービス対象エリアが限られているため、地域によっては利用できないケースもあります。前述のとおり、対象エリア東京電力(離島を除く)と中部電力の管轄エリアです。

10年が経過して機器の無償提供を受けるまでは、ずっと電気代がかかる点にも注意しましょう。サービス開始から10年間は、余剰電力の売電による経済的メリットを受けられません。

10年以内に解約するときは別途料金がかかる

また、このサービスは契約期間中に解約すると、2万5000円~27万円(契約経過期間により異なる)の違約金が発生します。

太陽光発電の初期費用を安くできない

設置できる太陽光発電システムは京セラ製に限定されるので、ほかの製品と交換することもできません。

京セラは国内メーカーで品質に定評がありますが、価格も比較的高い傾向にあります。太陽光発電の機器を、ニーズに合わせて比較検討できない点にも注意が必要です。

https://www.tainavi.com/library/4141/

電気代はどのくらいお得?初期費用を払った場合と比較しよう

太陽光発電を設置するなら、本当にお得な方法で設置することがおすすめです。そこで、関西電力の太陽光発電0円サービスで設置した場合と、初期費用を払った場合でどちらがお得なのかを、この段落で比較してみましょう。

関西電力の太陽光発電0円サービスで設置した場合

「ちゃんとGood!でんき」で、太陽光発電システムを設置する場合の仮条件は次のとおりです。

【条件】

太陽光発電の容量:5kW
年間発電量:5000kWh(このうち2000kWhを家庭で使用するとします)
年間電気使用量:5000kWh

【関東エリアでオール電化の場合】※「ちゃんとGood!でんき」利用

太陽光発電の使用分:4万8760円(24.83円/kWhで計算)
系統電気の使用分:7万5990円(25.33円/kWhで計算)

系統電気とは、電力会社から買った電気のことです。

初期費用を払って太陽光発電を設置した場合との比較

同じ条件のもとで、関西電力の太陽光発電0円サービスを使わずに、太陽光発電を設置した場合の電気料金は以下のようになります。

【初期費用を払った場合】

太陽光発電使用分:0円
系統電気使用分:7万6320円(※東京電力従量電灯Bの場合)

関西電力の太陽光発電0円サービスを利用した場合と、どちらがお得なのかを以下の表で比較してみましょう。

太陽光発電0円サービスの場合自己所有の場合
太陽光発電使用分4万8760円0円
系統電気使用分7万5990円7万6320円
年間電気代12万4750円7万6320円

関西電力の太陽光発電0円サービスを利用するよりも、初期費用を払って自己所有にしたほうが、年間の電気料金は4万8430円もお得であることが分かりました。

太陽光発電を本当にお得につける方法

関西電力の太陽光発電0円サービスは、初期費用がかからないのが最大のメリットです。しかし、10年間の契約期間中は自家消費や売電による経済的メリットが受けられません。

電気代を最大限節約したいなら、初期費用を払って自己所有したほうがお得になるのです。

タイナビでは無料の一括見積りを利用できるので、太陽光発電の初期費用を安くできます。一括見積りで複数の販売会社を比較して、より良いサービスをより安く受けましょう。

設置してからすぐに電気代を節約できる太陽光発電を導入するために、ぜひ利用してください。