ソーラーカーポートのメリット・デメリット、太陽光パネルとの違いや価格相場を解説

太陽光発電システムは、土地がある、屋根が利用できる方のみの物ではありません。

実はカーポートやガレージなどへも
設置することが可能なんです!

屋根に設置するリスクを懸念される方や、外観などを気にされる方にもカーポートやガレージへの設置はおすすめです!

また、屋根よりも太陽光発電に適した向きにある場合は特に検討をオススメします!

ソーラーカーポートには、非常時の電源確保や電力コストの削減など多くの利点が期待されていますが、実際はいくつかデメリットもあります。

 この記事を読んでわかること
・ソーラーカーポートとは?
・価格や設置費用は?
・太陽光発電の想定発電量
・必要な面積はどのくらいなのか?
・メリット&デメリットと注意点
・利用可能な補助金について

この記事では、ソーラーカーポートのメリット・デメリットや相場価格について詳しく説明します!

ドンドン上がり続ける
電気代に悩んでいませんか?

「冷暖房シーズンは電気代が不安!」

「細かい節電テクより
 もっと大きく節約したい!」

「節約効果がずっと続く方法は?」

太陽光発電なら
0円の電気で何十年も節約できます!
お得に買うなら一括見積り!

  • 一括見積もり10年以上の
    プロが審査した優良企業を紹介!
  • 良い見積もり額がなければ
    契約しなくてOK!
  • 困ったときは
    いつでも電話相談できる!

ソーラーカーポートとは?

ソーラーカーポート

ソーラーカーポートとは、太陽光パネルを屋根の上に設置したカーポートのことです。

通常のカーポートが車を雨や直射日光から守る機能のみを持つのに対し、ソーラーカーポートは加えて太陽光パネルを利用して電力を生成することができます。

ソーラーカーポート

太陽光パネルから作られた電力は、家庭での使用や電気自動車の充電などに活用可能です。

ソーラーカーポートは駐車場と太陽光発電の機能を併せ持つ、再生可能エネルギーを活用できる設備として注目されています。

ソーラーカーポート3つの種類

ソーラーカーポートは、おおまかに以下の3種類に分けられます。

    ソーラーカーポートの種類

  • オーダーメイド型
  • 太陽光発電搭載型
  • 太陽光発電一体型

オーダーメイド型

オーダーメイド型は、設置する場所に合うようにすべてを設計するものです。

適切なカーポートを設計し設置できますが、費用は他の2つの方法に比べると高くなります。

太陽光発電搭載型

太陽光発電搭載型は、カーポートの屋根に太陽光パネルを載せるタイプで、取り外しができるのが特徴です。

既存のカーポートのなかにはパネルの後付けが難しい場合もあります。

太陽光発電一体型

太陽光発電一体型は、カーポートの屋根が太陽光発電設備になっています。

スペースを有効活用できますが、取り外しはできません。

以上が大まかな種類になります。

続いてソーラーカーポートの価格や費用について説明していきます!

ソーラーカーポートの
価格や設置費用は?

ソーラーカーポート

カーポートやガレージを活用した太陽光発電システムは既製品の太陽光パネルがあります。

これらを使う事でコストダウンに。

少し変わった形状のものになると、その分特注する必要があるので、費用は別途かかります。

2台分のカースペースの場合、安価なもので150万円前後、国産有名メーカーのものだと200万円前後になります。

3台分になるとプラス50万円程度の費用になるでしょう!

また、5台6台のスペースが確保出来る場合、2台3台用の既製品を組み合わせるだけなので、設備費用としては安く設置できます。

カーポートでの
太陽光発電の想定発電量

住宅用太陽光発電は、
平均4kwの発電量があります。

それに対して、カーポートやガレージの場合は、以下のようになります。

2台分のカースペースの場合:約4.5kw
3台分のカースペースの場合:約6kw

形状や日射量などでも変わりますが、屋根に設置した場合とほぼ同量か、少し多めの想定発電量が見込めます。

実際に必要な面積は
どのくらいなのか?

カーポートやガレージに太陽光パネルを設置したいとお考えの方は、一体どのくらいのスペースが必要になるのでしょうか?

1台のスペースでは元を取ることが難しかったりするので、2台分以上のカースペースがあるのが理想です!

2台分のカースペースの場合
横幅5.5m縦幅5.2m程度
3台分のカースペースの場合
横幅8.5m縦幅5.2m程度

このくらいの面積は2台や3台の場合でも必要になると想定しておくといいでしょう!

また、4台以上のスペースがあれば、より有効的に太陽光発電システムで発電する事が可能です!

ソーラーカーポートを活用する
5つのメリット

ソーラーカーポートを導入したいと考える場合は、メリットとデメリットの両方を知っておきましょう!

立地条件や電力使用状況、予算などは住宅によって変わるため、さまざまな角度から検討することが重要です!

ここからは、ソーラーカーポートのメリットを紹介します!

ソーラーカーポートのメリット5選
①電気代を削減できる
②住宅用より初期費用が安い
③自宅のスペースを有効活用できる
④車を守り長持ちさせることができる
⑤蓄電池との併用で災害時にも安心

それではチェックしていきましょう!

①電気代を削減できる

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートは太陽光を利用して電気を生成できるので、活用すれば電気代の削減になります。

自家発電した電気を家庭で使えば、電力会社から購入する分が減るので電気代が安くなります。

電気使用量が多いご家庭や、電気自動車を持っている方なら、このメリットはさらに大きくなるでしょう。

また、ソーラーカーポートで作った電気が余る場合は、余剰電力を電力会社に売電することもできます。

太陽光で作った電力を自家消費しきれない場合でも、売電収入を得ることで経済的な利益をさらに増やすことが可能です!

初期投資のコストは必要ですが、電気代を節約した分で費用を回収できるため、むしろそれを超える節約が期待できます!

ソーラーカーポートは、環境に優しいエネルギー源を求めている方に最適です。

②住宅用太陽光発電より初期費用が安い

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートは比較的小規模でシンプルな設計のものが多いため、住宅用太陽光発電より初期費用が安くなります!

ただし、ソーラーカーポートは、設置場所や構造によって追加の費用がかかることもあります。

コストが変動する主な要素は、選ぶ太陽光パネルの種類や品質、設置する地域の日照条件、利用可能な補助金や税制優遇措置などです。

住宅用太陽光発電システムの場合は、住宅の屋根に設置するのが一般的です。

屋根の形状や向き、構造に合わせてカスタマイズするため、ソーラーカーポートよりも設計や設置方法は複雑になります。

また、住宅用太陽光発電システムは、屋根全体にパネルを載せて大規模な発電量を確保できるため、発電効率の最大化が可能です。

パネルの数や設置に必要な工事の規模が大きくなる分、初期費用は高くなります。

ソーラーカーポートは設置面積が限られているので、追加的な土地利用が不要でコストは抑えられます。

どちらの方が経済的に有利かは、求める具体的な条件によって異なります。

正確な比較を行うには、具体的な設置計画に基づいた両方のシステムの見積もりをとって、初期費用だけでなく運用期間中の発電量や電気代の節約効果などを含めて総合的に検討することが重要です!

③自宅のスペースを有効活用できる

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートは、限られた自宅のスペースを最大限に活用することで経済や環境面へのメリットが得られる設備です。

カーポートに車を停めていないときは、日差しを避けながら子どもを遊ばせたり、バーベキューをしたりするスペースとして活用できます!

また、通常のカーポートと見た目はほぼ変わりなく、太陽光パネルの配管は柱の中に隠すこともできるので、外観が損なわれる心配もありません。

④車を守り、長持ちさせることができる

ソーラーカーポートのメリット

カーポートを設置すれば、冬にフロントガラスの霜をとらずに済みます。

夏にはカーポートで日光が遮られるので車体が熱くなることもありません。

鳥の糞や黄砂などの汚れが付着することも無くなるため、愛車をキレイに保てるのもメリットです!

カーポートで車を雨や紫外線から守りながら、太陽光パネルで電力を集められるので効率的です。

⑤蓄電池との併用で災害時などにも安心

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートに蓄電池を組み合わせると、太陽光が出ていない日や夜間でも電力を安定的に供給できます。

余った電力を自家消費すれば、電力会社からの電力購入量を減らせるため、さらに電気代の節約になります!

さらに、蓄電すれば災害時の停電や緊急避難などの際にバックアップ電源としても機能します!

自宅で作った電力を最大限に活用することで、エネルギー自給自足の促進にもつながります。

近年では、さまざまな容量や機能を持つ蓄電池が販売されているので・・・

自宅の電力消費量やニーズに合う製品を選ぶなら、ソーラーカーポートと併用するメリットは大きくなるでしょう!

導入前に知っておきたい
デメリット・注意点

ソーラーカーポートにはメリットだけでなくデメリットや導入前に確認しておきたい注意事項もあります。

ソーラーカーポートの
デメリットと注意点

①日照条件に左右される
②災害時にはメンテナンスが必要
③固定資産税がかかる場合がある
④初期費用がかかる
⑤建築確認申請が必要な場合もある
⑥設置条件を確認する

設置後に後悔しないよう、
あらかじめチェックしておきましょう!

①日照条件に左右される

ソーラーカーポートは太陽光を電力に変換するので、日照条件が悪いと作られる電力量は減ります。

設置する場所や季節によっては、期待したほどの効果が得られないこともあります。

ただし、年間を通した日射量には大きな変化はないため、蓄電池と併用し蓄電しておけば心配する必要はないでしょう。

②台風や積雪などの災害時には
メンテナンスが必要

ソーラーカーポートのデメリット

ソーラーパネルやカーポートには定期的なメンテナンスが必要です。

特に、雪国や強風地域では大雪や強風の影響を踏まえたメンテナンスが求められます。

年1回の定期的なメンテナンスが推奨されてますが、環境条件が厳しい場所では、さらにメンテナンスが必要になることもあります。

モニタリングは期待される発電量に達しているかを確認するもので、性能が低下している場合は原因を特定して必要な修理や調整を行います。

インバーターなど長期間の使用により劣化する部品は、性能を維持するために定期的な交換が必要です。

③固定資産税がかかる場合がある

ソーラーカーポートのデメリット

固定資産税は、土地や建物のほかに、土地や建物に設置された構造物(固定資産)に対して課税される税金です。

ソーラーカーポートが固定資産として評価されるかどうかは、その設置方法や構造、さらには地方自治体ごとの評価基準によって異なります。

ソーラーカーポートが一定の条件で地面に固定されていると、固定資産とみなされる可能性が高くなります。

ただし、一般的な住宅のソーラーカーポートなら固定資産税の心配をする必要はほとんどありません!

ソーラーカーポートを設置するときには、税制上の優遇措置や補助金の有無についても併せて調査すると良いでしょう!

これらの情報を事前に把握しておくことで、想定外のコストに対するリスクを減らすことができます。

タイナビの見積もりサイトには、専門知識が豊富な優良業者が登録されていますのでぜひご相談ください。

④初期費用がかかる

ソーラーカーポートのデメリット

一般的なカーポートよりも、ソーラーカーポートのほうが初期費用がかかります。

カーポートに載せる太陽光発電システムの機器や設置工事の費用が追加されるためです。

電気を効率的に作る品質の高い太陽光パネルを導入すると、その分コストは高くなります。

太陽光で作った電気を家庭で使えるように変換するインバーターや電気設備、設置工事などの費用も必要です。

また、ソーラーパネルを支えるカーポートは、太陽光パネルの重さ、強風や雪などに耐えられる強度が求められます。

ソーラーカーポートの設置には、太陽光パネルや電気設備の接続など、カーポートの設置よりも工程が増えるため、初期費用は高くなることが多いでしょう。

ただし、確かにソーラーカーポートの初期費用はカーポートよりも高くなりますが、電気代の節約効果や売電などにより長期的には費用を回収することが可能です!

ソーラーカーポートの設置を検討する際には、補助金の利用や電力会社との契約条件などの経済的な側面をしっかりとシミュレーションしましょう!

初期費用を抑えるには、複数の見積もりを比較してより安い業者を選べるタイナビの無料見積もりがおすすめです。

⑤建築確認申請が必要な場合もある

ソーラーカーポートのデメリット

ソーラーカーポートは建築基準法で定められた建築物なので、建築確認申請が必要になることもあります。

建築確認申請は、建築物が建築基準法などに則ったものであるかを確認するためのものです。

ソーラーカーポートの建築確認申請には、建築基準法の適用範囲の確認後、以下の必要書類の提出が必要です!

建築確認申請 必要書類
✓確認申請書
✓建築計画概要書
✓建築工事届 など

申請後に自治体などが事前審査を行い、確認済証が交付されれば工事を開始できます!

審査期間は問題がなければ35日以内、費用は自治体や床面積によって異なります。

東京都の場合、30平方メートル以内であれば建築確認費用が5,600円、完了検査費用は1万1.000円です。

自治体によっては、ソーラーカーポート導入を支援するガイドラインや補助金制度を設けていることもありますので、事前に確認しておきましょう!

⑥設置条件を確認する

ソーラーカーポートの設置条件

ソーラーカーポートを設置するには、スペースや地盤に一定の条件が求められます!

カーポートのスペースに加えて、太陽光パネルなどの機器を設置するための面積も必要です。

2台用、3台用など、車の台数ごとに設置に必要な面積を確認しておかなければなりません。

また、ソーラーカーポートは重量のある太陽光パネルや周辺機器を支える必要があります。そのため、地盤が安定していることも大切な設置条件です。

ソーラーカーポートを設置する前に確認しておくようにしましょう!

2〜3台のカースペース用の太陽光発電システムの場合は既製品があるので、安く導入ができるためオススメです!

しかし特注品の場合は予想より導入費用が高額になる可能性があるので注意です!

また、実際に住宅用太陽光発電と同じくらいの想定発電量が見込めるのですが、カーポートやガレージの場合背が低い事がデメリットとなり、周りの物が影になる可能性があります。

周りが住宅街で、家で囲まれている場合は想定発電量が2/3程度になることもあります。

こういった場合には、屋根も一緒に太陽光発電システムの導入を検討するのも1つの方法だと言えます。

導入費用を早く回収できるメリットにもなります!

せっかく活用できるスペースがあるのなら、上手く活用したいと思いますよね。

カーポートやガレージなどの屋根は、まさしくそれらにピッタリな場所だと言えます!

ソーラーカーポートが建物の影になる心配がない場合は導入をおすすめします!

前もって、想定発電量のシミュレーションをしっかり行なってくれる業者を選ぶといいでしょう!

ソーラーカーポートが
向いている人とは?

ソーラーカーポートにはメリット・デメリットや設置条件があるため、向いている人・向いていない人がいます。

ソーラーカーポートの効果を最大限に得るためには、どのような人や環境に向いているのか?

確認していきましょう!

①屋根に太陽光パネルを
設置できない/したくない人

太陽光パネルを設置するときに住宅の瓦屋根に穴を開けたくない人は、ソーラーカーポートが向いています。

工事の不具合で雨漏りが発生することや、耐震性能が落ちるのではないかなどの心配はありません!

また、住宅の屋根の形や日照量などが太陽光パネルに不向きで設置できない場合でも、ソーラーカーポートなら大丈夫です!

新築の屋根に太陽光パネルを設置したくない人や住宅の外観を維持したい人は、コンパクトな設計で家の景観を邪魔しないソーラーカーポートが向いています。

②すでに屋根に太陽光パネルを
設置している人

住宅の屋根に太陽光パネルを設置済みの場合でも、十分に発電量が得られていないと感じる人にはソーラーカーポートはおすすめです。

ソーラーカーポートで太陽光パネルの数を増やせば、さらに発電量を増やすことができます!

設置容量が10kWを超えると、FITの売電期間は20年に延長されます。

ただし、買取価格はカーポートを設置した年度のFIT価格に下がるので注意が必要です。

また、屋根とカーポートの合算発電容量が10kW以上で両方に新たに設置した場合は、全量買取の対象になります。

ただし、現時点の電気料金の高騰を考慮すれば自家消費するほうがお得です。そのため、これからソーラーカーポートの増設をするなら、10kWを超えない容量での追加を検討するほうが良いでしょう。

③電気自動車利用中の人

電気自動車を利用している場合は、ソーラーカーポートは自宅で車の充電ができる便利な方法になります!

電気自動車の充電スタンドを装備したソーラーカーポートなら、自動車を駐車しておくだけで充電完了です。

ソーラーカーポートの柱にEVコンセントを付けておけば、いつでも簡単に充電ができます。

蓄電池を導入すれば、ソーラーカーポートで作った電気が余ったときに貯めておくことも可能です。

電気自動車との併用で再生可能エネルギーの自給自足が実現するでしょう。

ソーラーカーポートの設置に
利用可能な補助金は?

国の本予算で組まれる補助金制度は、
例年4月頃開始が多いです!

そのため、定期的に補助金情報をチェックしておきましょう!

設置を検討している段階で複数の業者から見積もりを提示してもらい、価格相場を確認するのがおすすめです。

補助金を活用するのであれば、せっかくなので住宅の屋根への太陽光パネル設置も検討してみましょう!

一括見積もりサイトなら、複数の見積もり以外に補助金ごとの要件や金額などの情報なども詳しく知ることができます。

太陽光発電と蓄電池の補助金については、こちらの記事でも詳しく解説しています!

https://www.tainavi.com/library/4387/

後悔しない!
ソーラーカーポートの賢い選び方

ソーラーカーポート

ソーラーカーポートには、車を守りながら駐車スペースを電力発電に有効活用でき、多くのメリットがあります。

一方で、いくつかのデメリットもあるので後悔しないための対処法を知ることが大切です。

まずは自宅敷地の大きさをチェックし、ソーラーカーポートのスペースを決めます。

次に、ソーラーカーポートに求めるニーズを整理すると目的に沿ったものを選びやすくなります。

住宅の屋根に太陽光パネルを設置する方法とカーポートに設置する方法、どちらが向いているのかをしっかり理解してから選ぶようにしましょう。

どちらにしても、発電効率や耐久性、保証期間など、さまざまな観点から最適な太陽光パネルとシステムを選択することが重要です。

販売会社さんとの相性のほか、設計から設置、メンテナンスに関する専門知識を持つ業者に依頼するのがおすすめです。

信頼できる業者を選ぶために、事前調査や口コミ、過去の実績などを確認しましょう!

タイナビでは独自の審査を通過した優良企業のみを紹介していますので、長期的な安心感を得られます。

太陽光発電の無料見積りはこちら
一戸建て住宅に設置をご検討の方

太陽光発電
蓄電池のみ

設置検討地の郵便番号を入力

蓄電池とセットで見積りを依頼する
蓄電池導入に国から補助金がでております。
※9割の方が蓄電池セットで検討中です。
蓄電池の相場は、約80~200万円となります。
写真
太陽光発電導入済みの方は蓄電池導入で
売電効率アップ
補助金開始!
タイナビ蓄電池で見積りを依頼する

産業用太陽光システムをご検討の方はこちら

マンション・アパート・店舗・オフィス・工場・倉庫・農地・野立て・遊休地 など

10kW以上産業用太陽光発電向け
一括見積りサイト

よく読まれている記事

2024年に太陽光発電は損!?売電価格と設置費用は?

【2024年版】太陽光発電と蓄電池はセット価格がおすすめ!ソーラーパネル設置費用は?

【2024年最新】太陽光発電の補助金はもらえる!?蓄電池は?

【2024年最新】太陽光発電パネルメーカーおすすめランキング! コスパ・品質・価格で比較してみよう

【2024年最新】太陽光発電はやめたほうがいい5つの理由!後悔しないための完全ガイド

太陽光発電を自宅に設置するメリット・デメリットとは?