東南アジア最大の再生可能エネルギーの展示会

太陽光発電導入ナビゲーションサイト「タイナビ(URL: http://www.tainavi.com/ )」などをはじめとする太陽発電関連及び省エネ商材などのマッチングサイト「タイナビシリーズ」を運営する株式会社グッドフェローズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:長尾 泰広)と、国内外にて PR・マーケティ ング業務を事業とする株式会社ベイニッチ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:石川 友夫)は、「TAINAVI JAPAN」というブランドネームで2015年6月3日〜6日の4日間、タイ・バンコクのBITEC(Bangkok International Trade and Exhibition Convention Center)で行われる東南アジア最大の再生可能エネルギーの展示会『Renewable Energy Asia 2015』に出展いたします。これを機に、再生可能エネルギーの最先端国である日本でマーケットプレイスを切り開いてきたグッドフェローズ社は、現在再生可能エネルギーの需要が高まる東南アジアにおいてもマーケットを創造していきます。
 
■TAINAVI JAPAN 公式サイト(6/1 オープン): http://www.tainavi.asia/
 
今回開催されるタイにおいても、消費エネルギーの化石燃料依存度が高いため、再生可能エネルギーを全エネルギー消費の、2012年の10%から2021年には25%まで高める「再生可能および代替エネルギー開発計画(Renewable and Alternative Energy Development Plan:AEDP2012-2021)」をタイ政府が発表しています。この計画では目標を2,000MWとしていましたが、さらに推進するため2013年8月に3,000MWに増やされました。これに対応して、ルーフトップ(屋根・屋上設置)太陽光発電は200MWに達するまで、固定価格買取期間を従来の10年から25年とする設置優遇策が公表され、自治体所有の地上設置太陽光発電に対しても800MWに達するまで、優遇策が適用されるようです。このようなタイ政府の積極的な太陽光発電導入策と太陽光発電の適地である利点から、益々タイでの市場獲得を見込んでおります。

【主な見どころ】

  1. 再生可能エネルギー先進国「日本」のマーケティング手法を公開
  2. 日本の最先端の製品紹介(農業用地を活用した太陽光ソラシェア等)
  3. 現地の省エネ商材の施工につよい施工パートナーも共同出展

【共同出展パートナー】

  • 株式会社安川電機
  • 株式会社中央物産
  • 株式会社Looop
  • 株式会社明成商会
  • エルモテック株式会社/環境ソリューションズ株式会社(タイ)

【出展例】農地での太陽光発電キット

今回の展示物の中でタイでの活躍が期待されている、Looop社の商品であるMY発電所キット(R)空中型「ソラシェア」は、農業を営みながら太陽光発電で副収入を得たい方におすすめのキット商品。これまで農地での太陽光発電には、「太陽光パネルが日差しを妨げる」「農業機械が入れない」といった課題がありましたが、ソラシェアはそれらの課題をクリアするため、「パネル傾斜角の調整パネル」「大型トラクターでも作業できる架台下スペース」といった特長を備えています。

【Renewable Energy Asia 2015 概要】

日時 2015年6月3日〜6日
開催時間 10:00〜18:00
会場 Bangkok International Trade and Exhibition Convention Center(BITEC)
取扱項目 再生可能エネルギー/再生可能エネルギー、風力発電&太陽光発電、 熱/廃棄物熱源転換、バイオマス、グリーンテクノロジー
入場資格 ビジネス関係者のみ
公式サイト http://www.renewableenergy-asia.com/
主催者 UBM Asia (Thailand) Co Ltd
過去実績 2014年実績 来場者数:21,115人 出展社数:394社 展示面積:15,000sq.m.

【本件に関するメディアからのお問い合わせ先】

PR担当:石川・福澤
TEL:03-6413-8900 / FAX:03-6413-8949
MAIL:info@baynich.jp