太陽光発電の無料設置メリット・デメリット

太陽光発電には初期費用0円で設置できるサービスがあります。一般的には100万円を超えるほど高額な太陽光発電が無料になるとは、どのようなサービスなのでしょうか。ここでは、太陽光発電無料設置の仕組みについて詳しく解説していきます。

無料設置と太陽光発電を自分で設置した場合の違い、メリット・デメリットを把握しておくといいでしょう。さらに、設置費用や条件を比べて、どちらがお得なのかを検討することをおすすめします。

「屋根貸し」で太陽光発電を無料設置するのはお得なのか

太陽光発電の無料設置には「屋根貸し」というシステムがあります。屋根貸しとは、自分が所有する建物の屋根を太陽光発電の設置業者に貸し出すことです。初期費用は業者が負担するため、負担0円で太陽光発電を設置することができます。

太陽光発電から得られる電気を売電した収入は業者のものになり、売電収入のなかから貸主に対し定期的に利用料が支払われます。屋根貸しをした人には、太陽光発電で発電した電気に対する所有権がないということです。

つまり、初期費用0円で管理費用がかからず、売電収入は入りませんが屋根の使用料が得られるということです。

屋根貸しのメリットとデメリットを知っておこう

屋根貸しにはメリットもありますが、一方でデメリットがあります。それぞれをまとめてみましょう。

屋根貸しのメリット

  • 太陽光発電の初期費用がかからない
  • メンテナンス、修理費用がかからない
  • 定期収入が入る

屋根貸しのデメリット

  • 長期間にわたる契約を結ぶ必要がある
  • 太陽光発電で自家消費できるかは契約次第
  • 電気代の節約効果は契約次第
  • 屋根の利用料は少ない
  • 契約満了後に自分の所有にはならないのが一般的

太陽光発電の使い勝手は、屋根貸しの契約形態で大きく異なります。

太陽光発電の電気を使ったら、電気料金が発生する可能性もあります。屋根の利用料も契約により異なりますが、支払われる利用料は年間100円/平方メートル程度と、建物の所有者が得られる収入は少ないことを知っておくべきでしょう。

また、契約終了後に太陽光パネルを撤去する場合、屋根の材質によっては穴埋め工事が必要になることもあります。事前に、契約内容をしっかりと吟味しておく必要があるでしょう。

「ソーラーPPA」で太陽光発電を無料設置する方法

ソーラーPPAの仕組み

 

太陽光発電を無料設置する方法には、屋根貸しのほかに「ソーラーPPA」で設置する方法があります。

ソーラーPPAとは、「電力購入契約」という意味です。ソーラーPPAは「屋根貸し」に近い仕組みで、業者が銀行や投資家から調達した資金で、太陽光発電を顧客の敷地や屋根に設置します。

契約で定める期間や条件を満たすと、設置されていた太陽光発電システムは建物の所有者に無償譲渡される仕組みなのです。

建物の所有者に設置費用の負担はありませんが、一定の契約期間中は売電収入は業者のものになります。加えて、家庭で使った太陽光発電の電力分について、定められた電気料金を支払うため自家消費による節約効果は設置後しばらくは期待できません。

日本では認知度の低い手法ですが、アメリカではポピュラーな設置方法です。同国において、住宅用太陽光発電設備の普及に貢献したとも言われています。

ソーラーPPAにもメリットとデメリットがある

ソーラーPPAにもメリットとデメリットがあります。

ソーラーPPAは、一定の契約期間、または買電が一定の金額に達すると契約が終了します。この場合の「買電」とは、PPA業者が設置した太陽光発電で発電した電気を自家消費することで、自分で設置した太陽光発電の場合には買電にはなりません。

無償譲渡で太陽光発電を獲得した後は、太陽光発電の自家発電分に電気代を払う必要がありません。契約が終われば、自由に太陽光発電の電力を消費したり売電したりできます。

ソーラーPPAのメリット

  • 将来的に0円で太陽光発電を入手できる
  • 契約期間中はメンテナンスの負担も0円
  • 契約期間中も停電のときは自家発電に使える

ソーラーPPAのデメリット

  • 契約内容によっては満了に10年以上かかる可能性がある
  • 10年間のFIT期間のほとんどが業者のものになる
  • 契約内容によっては期間中の電気料金が割高になる

太陽光発電設備を設置したくても、高額な初期費用で断念する人もいるでしょう。ソーラーPPAは、初期費用の悩みに最適な選択肢になります。

その反面、契約内容をしっかりと吟味する必要があります。電気代を業者が定めることから割高になる可能性があり、買電のペースによっては10年以上利益を得られない可能性があるのです。

住宅用太陽光発電のFIT制度は10年間に限られていますが、その後は自家消費で電気代を節約する・卒FITの余剰売電を買い取る電力会社を探すなどの方法で、経済的メリットを追求できます。

定期的な太陽光発電設備のメンテナンスを自分で行う必要があることも、忘れてはいけません。

自分で設置と屋根貸しどっちが得か? 検証してみた

太陽光発電の無料設置は本当に得?

 

太陽光発電設備は、無料設置と自分で設置する場合ではどちらがお得なのでしょうか。

屋根貸しやソーラーPPAの具体的な年間収入と、自分で設置する場合の年間収入を検証して比較しましょう。

屋根貸しやソーラーPPAの年間収入はいくら?

まず、屋根貸しやソーラーPPAの年間収入はどれくらいなのかを紹介します。初期費用はどちらも無料なので、設置時の条件は同じです。

屋根貸しの場合は、賃料を年間1平方メートルあたり100~300円程度に設定することが多くなっています。たとえば、出力10kW未満の太陽光発電を設置すると最大で約49平方メートルの広さを貸すことになります。すると、年間4900円~1万4700円程度の収入にしかならないことがわかります。

つまり、屋根貸しの年間収入は意外に少ないのです。

ソーラーPPAの場合は、契約内容によりますが、はじめの10年間は売電による収入が無いと考えてよいでしょう。ソーラーPPAは、売電の収入を得ることが1つの目的と考え方には不向きだといえます。

約10年後に自家消費を始めることを前提として、長期的な視野で利益を算出するといいでしょう。

自分で設置した場合の年間収入と比較しよう

それでは、自分で太陽光発電設備を設置した場合の年間収入はどれくらいなのでしょうか。売電収入と、自家消費による電気代節約額を具体的に算出してみましょう。最大出力5kWの太陽光発電設備を設置し、年間合計で5500kWh発電したケースで考えます。

2018年の10kW未満の売電価格は26円なので、年間の収入は14万円3000円となります。毎月30%を自家消費した場合であれば、年間の売電収入は10万円程度となるでしょう。

自家消費した分も電気代の節約額として算出します。

電力会社から電気を買った場合は1kWhあたり平均で27円です。自分で設置した太陽光発電で発電した電気は1kWhあたり0円で使えます。毎月30%自家消費すると、年間10万円程度の電気代が節約できるという試算になります。

1年間で合計20万円、10年間で200万円程度の収入となる見込みです。

そして、設置するための初期費用の相場は、2018年時点で最大出力5kWの太陽光発電の場合で150万円程度です。自力で設置すると、50万円ほどの利益が出る計算になりますね。

数年に一度の定期点検と、10年くらいで寿命を迎える機材を買い換えることを加味しても、無料設置より自力で設置したほうが経済的メリットが得られるという結果になりました。

ただし、初期費用をできるだけ安く抑えることが重要なカギとなります。

太陽光発電の初期費用は「タイナビ」で安くなる

太陽光発電を安く設置して得するにはタイナビ

このように、太陽光発電の無料設置にはメリットとデメリットがあります。それぞれの特徴を踏まえて、自分の求める条件と合わせて検討するのがいいでしょう。

太陽光発電を自分で設置した場合と無料設置した場合、どちらが得なのか慎重に検討しなければなりません。無料設置よりも金銭的メリットが出る可能性があるのは、太陽光発電を一括見積もりして施工店を比べることが必須です。

複数の企業に一括見積りすると手間がかかりますが、タイナビでの一括見積りは手間もお金もかかりません。太陽光発電設備の設置を検討している多忙な人に向いています。ぜひ、施工店ごとの見積もり金額とサービスの違いをお試しください。