ページトップ

太陽光発電メーカーの比較

パナソニックの太陽光発電システムの特徴

公開日:2015年3月31日
パナソニックは言わずと知れた世界屈指の家電メーカーであり、メーカーとしての信頼度は高く、独自の技術力の高さに加え三洋を経営統合したことで、太陽光発電の市場でもその動向が注目されています。また、パナソニックのワイヤレスのエネルギーモニターは、リビングのテーブルや寝室等に自由にポンと置いて、いつでも発電状態をチェックすることができるので、家族で揃って発電量をチェックして節電意識を高めていけるのもいいですね。

パナソニックの太陽光発電システム

パナソニックは三洋電機を経営統合したことにより、国内最高水準の変換効率と温度特性を誇るSANYO製のHITの販売を開始しました。価格はやや高めですが、発電効率が高く、軽量でデザインも美しいことから、人気の高い太陽光発電の一つです。パナソニックで一貫生産しているHITシリーズは、その高い発電量と変換効率が認められ、日本だけでなく世界各国で採用されています。防汚機能をアップさせるため、ウォータードレインコーナーフレームをパネルのコーナーに採用し、モジュールの汚れを雨水が洗い流してくれるよう工夫されているのもHITの特徴です。

パナソニックの太陽光発電の特徴

特徴1:熱さに負けない一番人気のHIT

単結晶シリコンと薄膜アモルファスシリコンを結合したハイブリッドと呼ばれる構造のHIT。結晶シリコン系太陽電池は発電効率が良い反面、高温下では発電効率が落ちるという短所がありますがそれを気温の影響を受けにくいアモルファスシリコン太陽電池の特性で補っているので、モジュールの温度が上がりやすい地域でも、HITは発電効率の低下を招きにくいと言えます。この優れた温度特性がパナソニックHIT最大の特徴です。

特徴2:高い変換効率により少ないパネル枚数でも十分な電気を作れる

パナソニックHIT233シリーズは、太陽の光を電力に変換する割合を表す変換効率が18.2%と世界最高水準を誇ります。パネル1枚あたりの発電量が多いため、同じ発電量を得るとしてもパナソニックHITなら設置枚数を減らすことが出来るので、首都圏の比較的屋根の小さな家でも発電量をかせぐことができます。また、パネルの設置枚数を減らせるので屋根への負担を軽減にもつながります。

特徴3:発電量第1位で早い投資回収

一般の太陽光発電パネルでは、モジュールが高温になることによる発電効率の減少が夏場は約20%、冬場でも約10%と言われていますが、HITは夏場でも12%、冬場で6%ほどに発電効率の減少をとどめることができるので、発電量が多く、本来のパワーを発揮してくれれば、その分投資回収効率も高くなると言えます。

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

シャープ(SHARP)京セラ(KYOCERA)
パナソニック(PANASONIC)東芝(TOSHIBA)
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)ソーラーフロンティア(SOLAR FRONTIER)
フジプレアム(FUJI PREAM)ホンダソルテック(HONDA SOLTEC)
ソラキューブ(SOLA CUBE)ループ(Looop)

海外主要メーカー

サンテックパワー(SUNTECH POWER)カナディアン・ソーラー(CANADIAN SOLAR)
トリナソーラー(TRINA SOLAR)インリーソーラー(YINGLI SOLAR)
Qセルズ(Hanwha Q CELLS)ジンコソーラー(JINKO SOLAR)