ページトップ

太陽光発電メーカーの比較

京セラの太陽光発電システムの特徴

公開日:2015年3月31日
日本で初めて住宅用の太陽光発電システムを販売したメーカーであり、太陽光発電が付いているのか分からないぐらい違和感なく屋根に馴染む美しいデザインは秀逸です。発電効率は低めながら、多結晶によりコストを抑え、比較的安価であることも特徴です。

京セラの太陽光発電システム

京セラでは3種類の太陽光発電で様々な屋根に対応できるようにしています。サイズが異なるパネルを組み合わせることによって屋根のスペースに効率よく並べることができるSAMURAI(サムライ)、陸屋根などの広い屋根に適したECONOROOTS(エコノルーツ)、そして太陽電池そのものが平板瓦として屋根材に使えるHEYBAN(ヘイバーン)の3種類のラインナップを取り揃えています。また、定期点検を受けることを条件に、火事や台風、落雷といった自然災害(地震・津波・噴火除く)に関しても保証が適用されるというのも京セラソーラーの大きな特徴の一つです。

京セラの太陽光発電の特徴

特徴1:パネルの軽量化で屋根に負担をかけない

京セラの太陽光発電は、従来の太陽電池の約3分の1の重さで、厚みも約5分の1と軽量化されコンパクトになっているのが特徴です。太陽光発電のモジュールパネルの重さは、一般的に1KWあたり約75kg~90kgと屋根への負担がかなり大きく、築30年以上の古い住宅などでは補強工事が必要になることもありますが、京セラの太陽光パネルなら屋根への負担を最小限にして太陽光発電を設置することができます。

特徴2:一貫生産による高い品質と長期信頼性

京セラのソーラーパネルが長期間の使用にも耐えうる信頼性の高い製品品質を供給できるのは、材料となるシリコンの鋳造から太陽光発電モジュールが完成するまでの全工程を、一貫して社内で行っていることによります。また、一般的な国際基準よりもさらに厳しい条件下で行われる「長期連続試験」において、京セラの太陽光発電は全ての基準値をクリアし、世界で初めて認証を取得しています。

特徴3:屋根と調和した見た目の美しさ

京セラのソーラーパネルは、落ち着いた色調と屋根と一体感の出る独自のデザイン技術で、住宅の屋根に美しく調和します。日本の美しい屋根の景観を守るという京都の会社ならではの気遣いがうかがえます。トヨタのプリウスに京セラの太陽光発電が採用されているのも、この見た目の美しさが理由の一つと言えます。

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

シャープ(SHARP)京セラ(KYOCERA)
パナソニック(PANASONIC)東芝(TOSHIBA)
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)ソーラーフロンティア(SOLAR FRONTIER)
フジプレアム(FUJI PREAM)ホンダソルテック(HONDA SOLTEC)
ソラキューブ(SOLA CUBE)ループ(Looop)

海外主要メーカー

サンテックパワー(SUNTECH POWER)カナディアン・ソーラー(CANADIAN SOLAR)
トリナソーラー(TRINA SOLAR)インリーソーラー(YINGLI SOLAR)
Qセルズ(Hanwha Q CELLS)ジンコソーラー(JINKO SOLAR)

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択