ページトップ

太陽光発電メーカーの比較

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムの特徴

公開日:2015年3月31日
ソーラーフロンティア株式会社は昭和シェル石油の子会社で、化合物系(CIS)のモジュールで現在注目を浴びている日本の太陽光発電メーカー。年間生産量900MWという世界最大規模の太陽電池工場、宮崎第3工場を2011年に稼働させ、数少ない「MADE IN JAPAN」製品を提供しています。

ソーラーフロンティアの太陽光発電システム

現在最も勢いのある国内太陽光メーカーの一つ、ソーラーフロンティア。数少ない化合物のモジュール(CIS)を提供しており、その全てが国内生産。「実発電量」(実際に発電する量)の多さに定評があり、影の影響を受けにくいなど、結晶シリコン系の他メーカーとは一線を画しています。パネルがブラックでスタイリッシュなデザインも人気の理由の一つです。

ソーラーフロンティアの太陽光発電の特徴

特徴1:熱と影に強い

市場に出回っている主要な太陽光モジュールは結晶シリコン系太陽電池。影がパネルにかかると発電量が低下する特性を持っているが、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池は出力ロスが少なく、部分的な影の影響が少ない特徴があります。また、熱の影響によるロスも小さく、安定した発電能力を期待できますので、これまで影などを理由を設置を諦めていた方にとってはお勧めです。

特徴2:数少ない「MADE IN JAPAN」

ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュールは、すべて「MADE IN JAPAN」。国内3箇所の工場の生産能力は合わせて年産約1ギガワットと、世界最大級の生産能力を有します。CIS(CIGS)系太陽光電池においては世界トップクラスの生産規模であり、日本国内のみならず、世界に向けて商品を供給できる体制を確立。日本から世界へ向けて太陽電池モジュールを 出荷している、数少ない日本メーカーの一つです。

特徴3:高い「実発電量」

CIS太陽電池の最大の特徴は、通常、結晶シリコン系太陽電池は使用とともに出力が低下していくところ、CIS太陽電池は太陽に当たると「初期値に対して上がる」という点。製品のカタログスペック上の数字ではなく、「実際にどれだけ発電するか」という点で、ソーラーフロンティアのモジュールは他社よりも優れた性能を発揮することが実証されています。

その他の太陽光発電主要メーカーを見てみる

国内主要メーカー

シャープ(SHARP)京セラ(KYOCERA)
パナソニック(PANASONIC)東芝(TOSHIBA)
三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC)ソーラーフロンティア(SOLAR FRONTIER)
フジプレアム(FUJI PREAM)ホンダソルテック(HONDA SOLTEC)
ソラキューブ(SOLA CUBE)ループ(Looop)

海外主要メーカー

サンテックパワー(SUNTECH POWER)カナディアン・ソーラー(CANADIAN SOLAR)
トリナソーラー(TRINA SOLAR)インリーソーラー(YINGLI SOLAR)
Qセルズ(Hanwha Q CELLS)ジンコソーラー(JINKO SOLAR)