ページトップ

買取価格と法制度の記事一覧

買取価格と法制度

太陽光発電の固定資産税はいくら?

太陽光発電を設置した場合、住宅用太陽光発電(対象外あり)には固定資産税が掛かりません。しかし、産業用太陽光発電には固定資産税が掛かってきます。 屋根と一体型の場合は、家屋としての固定資産税になり...

買取価格と法制度

太陽光発電の贈与税はいくら?

公開日:2016年5月23日

太陽光発電を設置する時にご両親や親戚などから、金銭的な援助を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。 その際に問題になってくるのが贈与税です。一般的に贈与税は、1年間の間に一人が110万円以...

買取価格と法制度

ダブル発電とシングル発電で違う売電単価

近年における太陽光発電システムでは、余った電気を貯めて好きなときに使える蓄電池が注目されています。ただ単に電気を生産するのではなく、貯めて有効活用することが視野に含まれるようになってきているのですが、...

買取価格と法制度

太陽光発電の買取価格引き下げでも設置メリットはあるのか?

太陽光発電の進歩と普及が進んでいる中、価格競争によって導入費用もますます低価格化しています。 そんな中注目されているのは、太陽光発電の買い取り価格の引き下げです。実際に売電を目的とした太陽光発電...

買取価格と法制度

平成27年度(2015年)の売電価格と今後の売電価格について

平成27年度は売電価格33円/kWh!太陽光発電で得た電気は、電気業者に高額で買取ってもらえる事が大きな魅力のひとつでしたが、最近では買取価格が年々低下しています。太陽光発電が一般住宅に導入されるよう...

買取価格と法制度

太陽光発電は売電単価(買取価格)が高いうちに設置するのが吉!

電力会社が電気を「売る価格」と「買う価格」には大きな開きがあるため、電気の売電単価(買取価格)は年々下がり続けています。2010年度48円、2011年度・2012年度42円、2013年度38円、201...

買取価格と法制度

気になる太陽光発電の出力制御(抑制)機器とは?

みなさんは2014年9月25日に起こった「九電ショック」という出来事をご存じでしょうか?これは太陽光発電による売電量が、九州電力が持つ接続可能量をオーバーしたため、新規の接続申し込みを保留したというも...

買取価格と法制度

太陽光発電の「出力制御(抑制)」とは?

公開日:2015年6月4日

急激に普及が進んだ太陽光発電電力をまかなえるだけでなく、余った電気を売ることで収入が得られる太陽光発電。最近ではすっかり定着してきた感がありますが、この太陽光発電がここまで普及する大きなきっかけとなっ...

買取価格と法制度

平成27年度の住宅用太陽光発電の買取価格が正式決定!

公開日:2015年3月9日

平成27年度の買取価格は33円/kWhまたは35円/kWh3月19日、ついに平成27年度の太陽光発電の正式な売電価格が決定しました。今回の決定では10kW未満の住宅用太陽光の場合、「出力制御対応機器設...

  • 1

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択