ページトップ

産業用の記事一覧

設置費用・価格と収益性

太陽光発電の減価償却について

公開日:2016年11月1日

産業用太陽光発電の導入にかかる費用は最低でも数百万円かかり、設備が大きいところでは数億円単位での投資となります。そのため、安い設備と同じように一括で経費計上するのではなく、法律で定められた耐用年数期間...

買取価格と法制度

太陽光発電の固定資産税はいくら?

太陽光発電を設置した場合、住宅用太陽光発電(対象外あり)には固定資産税が掛かりません。しかし、産業用太陽光発電には固定資産税が掛かってきます。 屋根と一体型の場合は、家屋としての固定資産税になり...

失敗しないポイント

太陽光発電所で活躍する防犯カメラの性能

太陽光発電所やメガソーラーでは、自然災害などでの破損や盗難などの被害も想定しなければなりません。そういった意味でも、これからの大型太陽光発電所では、「防犯セキュリティ」も強化する必要があると言えます。...

太陽光発電の仕組み・基礎知識

太陽光発電のキュービクルって一体何?

キュービクルとは、正式にはキュービクル高圧受電設備の事を指します。 発電所から変電所を通し、送られる6600ボルトの電気を、100ボルト、200ボルトに変圧する受電設備の事です。主に、屋上や駐車...

メリット・デメリット

太陽光発電用地募集!その訳は?

太陽光発電用地とは?大きな空き地、遊休地などを持て余している方や、野立て太陽光発電を行いたい方々に向けて、事業者が用地を活用するために購入や、賃貸としての利用を募集しています。 現在放置している大き...

最新ニュース

太陽光発電の現場で活躍する最新ドローンに迫る!

太陽光発電の現場で、ドローンに期待される役割は以下になります。 ドローンによる太陽光発電パネルの検査の簡便化と、効率化。 この点を従来の検査方法と比較しながら、詳しく解説します。 ド...

産業用・土地付き太陽光発電

太陽光発電システムのボーダーライン「10kW」で何が変わる?

ソーラーパネルを設置するメリットのひとつに、いわゆる電力の買い取り制度が挙げられます。その名のとおり発電した電気を電力会社に買い取ってもらえる制度ですが、買い取り価格は毎年変動し、また今年度(平成27...

産業用・土地付き太陽光発電

太陽光発電(土地付き・分譲)に投資するメリット・デメリット

太陽光発電は家の電力をまかなえるだけでなく、余った電気を売って収入を得ることも可能です。そのため、投資商品としても人気があります。投資というと不動産商品や金融商品などが思い当たりますが、果たしてそれら...

最新ニュース

タイナビの自社発電所が三重(志摩)、熊本(球磨郡)にて稼働

公開日:2015年2月13日

タイナビの自社発電所が三重・志摩、熊本・球磨郡にて稼働太陽光発電導入ナビゲーション「タイナビ」(URL:http://www.tainavi.com/)を運営する当社は、自社が保有する3つの発電所(計...

最新ニュース

太陽光発電所売却査定「タイナビ発電所一括査定」オープン!

公開日:2015年1月30日

太陽光バブルの転換期!日本初となる太陽光発電所の一括売却査定サイトをオープン業界No.1の太陽光発電導入ナビゲーションサイト「タイナビ」が今後需要の増加が期待される太陽光発電所の売却市場に参入しました...