ページトップ

売電単価(買取価格)の記事一覧

買取価格と法制度

2016年までの売電価格の推移と今後の売電価格予想

公開日:2017年2月7日

2012年7月から導入・スタートした固定価格買取制度。太陽光発電システムでは、売電して電気代を安くするといった考えが浸透しています。だからこそ、年によって変わる売電価格はとても重要。高値で設定されてい...

太陽光発電の仕組み・基礎知識

固定価格買取制度の仕組みとは?

公開日:2016年11月21日

固定価格買取制度とは、太陽光発電など再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定価格で買い取る制度のことです。毎年その買取価格が決められており、その価格は年々下がってきているものの、マイナスにはな...

設置費用・価格と収益性

4.5kWの住宅用太陽光発電の年間発電量と売電収入はいくら

太陽光発電システムによる売電収入、さらには補助金の交付などで、導入する一般家庭が一気に増えました。売電価格は年々下がってきており、最近では以前ほど活発ではなくなってきているとはいえ、システム導入費も価...

太陽光発電の仕組み・基礎知識

太陽光発電の雑所得の税率について

太陽光発電を行なう際、売電収入が発生します。 ここで、売電収入に税金が掛かってくるのかと疑問に思いますが、多くの住宅用太陽光発電の場合、雑所得としてみなされます。 ここでは、雑所得とその税率に...

設置費用・価格と収益性

初期費用回収年数

皆さんは太陽光発電を購入する際、一番気になる部分は「初期費用回収年数」ではないでしょうか。 ここからは住宅用太陽光発電の売電価格33円の場合の回収シュミレーションを行ってみます。 一般的な家庭...

買取価格と法制度

ダブル発電とシングル発電で違う売電単価

近年における太陽光発電システムでは、余った電気を貯めて好きなときに使える蓄電池が注目されています。ただ単に電気を生産するのではなく、貯めて有効活用することが視野に含まれるようになってきているのですが、...

失敗しないポイント

売電から自家消費へと変わりつつある太陽光発電の現状

太陽光発電といえば「売電」ですが、今後は自家消費を中心としたシステム構築が進みそうです。そのきっかけとなっているのが、FIT価格(固定買取価格)の低価格化。売電よりも自家消費したほうがお得になってきて...

買取価格と法制度

太陽光発電の買取価格引き下げでも設置メリットはあるのか?

太陽光発電の進歩と普及が進んでいる中、価格競争によって導入費用もますます低価格化しています。 そんな中注目されているのは、太陽光発電の買い取り価格の引き下げです。実際に売電を目的とした太陽光発電...

買取価格と法制度

平成27年度(2015年)の売電価格と今後の売電価格について

平成27年度は売電価格33円/kWh!太陽光発電で得た電気は、電気業者に高額で買取ってもらえる事が大きな魅力のひとつでしたが、最近では買取価格が年々低下しています。太陽光発電が一般住宅に導入されるよう...

買取価格と法制度

太陽光発電は売電単価(買取価格)が高いうちに設置するのが吉!

電力会社が電気を「売る価格」と「買う価格」には大きな開きがあるため、電気の売電単価(買取価格)は年々下がり続けています。2010年度48円、2011年度・2012年度42円、2013年度38円、201...

  :都道府県から選択お住まいの郵便番号を入力 〒   -   郵便番号がわからない方はコチラ
キャンセル
 :物件種別を選択